Yahoo! JAPAN

立川にある自然豊かな癒やしスポット「GREEN SPRINGS」に行ってみた!

レクリム

立川駅北口から徒歩8分、さまざまな商業施設の合間をぬって歩いていくとひらけた場所につきました。

ここに立川の新名所、「GREEN SPRINGS」があります。

2020年の4月にオープンしたこともあり、とてもきれいです。

さて、いざ2階に上がってみると……

!?!?

「ここは地上か……!?」と思うほど、たくさんの木々がのびのびと枝を伸ばし、水辺が広がっています。腰掛けるベンチやくつろげるスペースが随所にあって、皆さん思い思いに過ごされているようです。

そんなGREEN SPRINGSの魅力を、GREEN SPRINGSの運営会社、立飛ストラテジーラボの広報さんにお伺いしました。

景観抜群!GREEN SPRINGSの中央広場

な、なんて気持ちの良い景観なんだ……。

こんにちは。この度はGREEN SPRINGSにお越しいただきありがとうございます。

あ、今日はよろしくお願いいたします。2階に上がってきたのに、こんなに木々や植物が豊かにあるの、素晴らしいですね。

そうなんです、GREEN SPRINGSは人々が心身ともに健康に過ごせるように「ウェルビーイング」をテーマにしていて、こころとからだに優しい空間づくりを意識しています。

心身ともに健康で満たされた状態にあること……。こういう時代だからこそ、非常に大事なことですね。GREEN SPRINGSのような場所を人はずっと求めていたのかもしれません。

ここのリビングルームでは、ビジネスマンがリモートワークをしていたり、学生が談笑していたりと、居心地がとてもいいので、幅広い年齢層の方にご利用いただいています。

Wi-Fiと電源完備でリモートワークもできるスペースがあるなんて……。家の近くにあったら1日中ここで過ごしたい!

コンセプトは「まちの縁側」

GREEN SPRINGSの建物はもともと「まちの縁側」というデザインコンセプトでつくっているので、屋内であっても屋外を感じていただきたいという思いがあります。なのでリラックスしていただけるように植物や水辺を作ったり、近くに腰掛ける場所を多く作ることで、多くの人にとっての癒やし空間になっています。

なるほど。きれいなアジサイに、色とりどりのお花。植えてある植物の種類がとても多いように感じます。

植えている植物も、多摩に生えている植物を植えております。植え替えを含めて、年間でだいたい350種類くらい。

350!

日々職人さんがこまめに手入れをしているので綺麗に保たれていますよ。種類を少なくして一気に植えてしまえば管理も楽なんですけど、そもそも自然界ってそんなに単純じゃないですよね。いろんなものが混在しています。多摩のそういった魅力も発信していけたらと思いまして、こだわっています。

ここは地域の自然をイメージして作られたビオトープです。ここのビオトープにはめだか、どじょう、ギンブナ、ヌマエビなどなど、多摩川に住んでいる川の生物がいるんですよ。土や水草も地元のものを使っています。

駅から近い場所でこういった自然に触れられる機会ってそうそうないですよね。

そうですね、ビオトープは特に小さいお子さん連れにとても人気です。小さいお子さんにとっては魚が泳いでいたり、いろんなお花が咲いているので、ワクワクする空間なんでしょうね。

緑豊かなパークをすすんでいくと、広いスペースを発見。
パラソルとイス・テーブルがあって、マルシェを開催したり、キッチンカーでの出店があったり……。

なんてきれいな芝生なんでしょう。

ここでは、小さいお子様からご年配の方まで、気軽に緑に触れられる憩いのスペースになっています。インフォメーションセンターでは、ゴザを無料で貸し出ししているんですよ。

ゴザ!嬉しいサービスですね。

はい。実は芝生に配慮しておりまして。レジャーシートですと通気性がないので芝生が傷んじゃうんです。その点ゴザですと、通気性があって芝をいい状態に保てるメリットがあります。

芝生への配慮もされているなんて、素晴らしい!なんだか歩いているだけでとても気分がいいです。見晴らしもいいし、マイナスイオンが流れているような……。

マイナスイオンかはわかりませんが、自然な環境音が流れているの、気づきましたか?

はっ、たしかに! これはどこから流れているのでしょう?

ここです。緑に隠れて、所々にスピーカーを置いています。風のそよぐ音だったり、テナントで飲食する音だったり、いろんな要素を考えてプロに作曲していただきました。落ち着いて過ごせる空間を作るために耳から無意識に入ってくる音にも気を配っています。

目に見えないところにも細やかな配慮があるんですね。人が自然と集まるわけだ……。

そして隠れたこだわりがもうひとつ。GREEN SPRINGS内は看板が少ないと思いませんか? 派手に文字を出したり、おおきく「WC」って案内をあえて出していないんです。なんとなく目の端に映ってしまうだけでも、文字情報を追って頭を使ってしまうことがありますよね。お店の位置を伝えるものは最低限残しつつ、ピクトグラムを用いて文字データをできるだけ少なくするようなデザイン設計になっています。

なるほど。歩いていて直感ですごくいい気分! と思っていましたが、余計な情報量に煩わされることなくくつろげる空間設計だったんですね。

また、この軒天井やベンチに使われている木材は、多摩の木材を使っています。地産地消と言うか、地元の応援というのも含めて、多摩で取れた木材だけを使っているんです。また、2階に緑豊かな空間をつくることで、空が広く感じられるように設計されています。

多摩地区最大規模の多機能ホール「TACHIKAWA STAGE GARDEN」

提供写真

こちらが立川ステージガーデンです。現在イベント中で、中には入れないのですが、着席2448人、スタンディング時は約3000人収容できるスペースがあります。

中がとても気になります(笑)

そして裏へ回ると、先ほど紹介した芝生のスペースがあります。じつは立川ステージガーデンの2階の後ろの壁を開放すると、屋内と屋外がつながって一体利用することもできます。

なるほど!風通し抜群ですし、ここからでも観覧ができるんですね。立川ステージガーデンではどんなイベントが行われているんですか?

施設内観(提供写真)

開放感のある会場なので、アーティストのライブやお笑いライブ、また、ときには劇場やファッションショー、展示会など、いろんな活用法がありますよ。客席を全部取り外してスタンディングのイベントもできます。今年のお正月は土俵を作って相撲大会も開催しました。

いろんな用途があるんですね。イベントがある際にはぜひお邪魔してみたいです。

世界に18台しかない2000万円のピアノ!?「The Dragonfly Bar」

立川ステージガーデンの4階にいくと、昭和記念公園が一望できる開放的なスペースに到着しました。こちらもとても見晴らしの良い景観です。その向こうになにやらおしゃれな空間が広がっています。

ここからはThe Dragonfly Bar店長の荻原さんにお話を伺いました。

雰囲気がとてもいい場所ですね。昭和記念公園の緑が見れて景色がとてもいい。

そうなんです。窓際に座って景色を楽しみながらランチやドリンクがゆっくりと楽しめます。

こちら、奥の方に行くとピアノがありますね。

はい、このピアノがお店の名前の由来にもなっている「Dragonfly」です。

(なんかすごく高そう……。)

いま、「なんかすごく高そうって思いました?」笑 じつはオーストリアのウィーンの至宝と呼ばれるベーゼンドルファーのピアノを置いています。世界に18台しかない限定モデルなんです、価格は2000万くらいですかね。

に、にせんまん……!!

毎週金土はピアニストを呼んでいますので、生演奏を聞きながらお酒を楽しめるんですよ。(※現在緊急事態宣言中により休止中)

都内でピアノの生演奏が聞けるバーって、テーブルチャージ高かったりしますよね

たしかにそうですね。でもうちは500円だけいただいています。(※2021年6月現在)

安い!! こんな希少なピアノの演奏がリーズナブルに聞けるなんてスゴいです。
ピアノの生演奏があるだけでもすごい魅力ですが、ドリンクやフードメニューも凝っていますね。

僕がミュージシャンということもあって、音楽と絡めたお酒が多いです。バーの空間や音楽の雰囲気に合わせたオリジナルカクテルも多種類あるので、多くのお客様に喜んでいただいています。

一番出るカクテルはなんでしょうか。

そうですね、今はこのご時世でお酒を出せないので、ノンアルコールのモヒートが人気です。エディブルフラワーをふんだんに使っているので写真映えもします。もちろん、他のカクテルも人気ですよ。

デート使いにぴったりの空間ですね。

・店名:The Dragonfly Bar
・TEL:042-512-5501
・HP:https://greensprings.jp/shop/the_dragonfly_bar/

お子様から大人まで楽しめる空間「TAKEOFF-SITE」

ここではこだわったものづくりをされているクリエイティブな企業や作家さんの商品を販売しています。多摩地区で活躍している企業もご紹介しています。

多摩地区にゆかりのある方を推しているんですね。

これは1954年に実際に飛んだ小型飛行機です。

うわー形がかわいい!乗り物ファンにはたまらないですね。

もともとこの地には飛行場があったので、そういった歴史をこのスペースで皆さんに伝えることもしています。そしてこちらは立川で作られているペーパープロダクトなど、様々な作品が展示されています。

細かい!ハロウィンだ!

サイクルロードレース編!

墓前に報告編……!!笑

他にもたくさんのペーパープロダクトや作品がありますよ。絵本やパズルもあって、お子さん連れに人気のスポットです。

・店名:TAKEOFF-SITE
・TEL:042-524-2240
・HP:https://takeoff-site.jp/

他にも魅力的なテナントがたくさん!!

GREEN SPRINGSには今回紹介したThe Dragonfly BarとTAKEOFF-SITE以外にも魅力的なお店が多くありました。

テナント一覧:https://greensprings.jp/shop/

商業施設って大型チェーン店が必ず入っているイメージですけど、GREEN SPRINGSはどこのお店も個性的なテナントが多く入っている印象です。

はい。立川駅はさまざまな商業施設があってすでに充実しているので、あえて定番のお店ではなく、GREEN SPRINGSの環境やコンセプトに共感してくれるお店に出店していただいています。

なるほど。ありきたりな施設ではなく、緑や自然を感じながらくつろげる、しかも駅チカ!多くの人が求めていたように思います。

ありがとうございます。これからも多くの方に楽しんでいただけるような空間づくりをしていきたいと思います。

今日はありがとうございました!

GREEN SPRINGS施設詳細

公式サイト:https://greensprings.jp/

住所:東京都立川市緑町3番1
TEL:042-524-2222

営業時間・定休日

公式サイトをご確認ください。

アクセス

JR中央線・立川駅より徒歩8分
多摩モノレール・立川北駅より徒歩4分

取材・執筆:

吉川大智


編集:レクリム編集部

【関連記事】

おすすめの記事