Yahoo! JAPAN

ウェブサイト以上、展覧会未満。明日ちょっと誰かに語りたくなるアートに出会える「ARTRANDOM」

Harumari

ウェブサイト以上、展覧会未満。明日ちょっと誰かに語りたくなるアートに出会える「ARTRANDOM」

世界中のアートを観たくても出かけるのが難しい時代に、「アートなものならなんでもあり」をコンセプトに作られたウェブサイト「ARTRANDOM」が誕生した。発行人は、雑誌『BRUTUS(ブルータス)』や『POPEYE(ポパイ)』の海外特派員を務め、90年代をニューヨークで過ごした田辺良太。田辺は、2000年以降は東京でアートイベントの企画に関わり、世界のアートコンサルタントとしてアートフェアを巡ってきた。彼の琴線に触れるモノ、コト、人が揃った、”なんでもあり”のウェブサイトを覗いてみよう。

話題のアートに触れて、ちょっと詳しくなれるウェブサイト

新型コロナウイルスにより、展覧会の中止・延期や入場制限など大きな影響を受けているアート業界。大規模展覧会のみならず、芸術祭、アートイベント、ワークショップ…など、私たちが制限された地域を超えた活発な移動や交流は、近年のアートがその原動力としてきたものでもあった。

今回開設された「ARTRANDOM」は、「アートなもの」に囲まれて少しでも楽しく過ごしたい、気になるアートについてちょっと語れるようになりたい、そんな願いを叶えるウェブサイトだ。

サイトは、「アートなもの」を毎週更新する『BROWSE』のほか、海外のアートフェアや国内ギャラリーを紹介するコラム『VISIT』、ゲストを招きインタビューを行う『COLLECTOR』など5つのテーマで構成されている。
今回は『COLLECTOR』初回ゲストとして、藤井フミヤと本木雅弘が登場。田辺とのざっくばらんなトークから、藤井フミヤと本木雅弘それぞれが、アートへの造詣が非常に深いことが読み取れて興味深い。

多方面からの「Guest Exhibitor」を招待

ほかにも、オープニング企画として、フォトグラファーの新田桂一が特別に写真作品を提供。エディションのない1枚プリントのAP(ARTIST PROOF)10種類を額に入れて販売する。

新田桂一 作品イメージ

また『BROWSE』ページでは、多方面から「Guest Exhibitor」を招き、さまざまなアートなものを毎週末更新予定。ゲストの候補には、日本における現代アートギャラリーの第一人者・小山登美夫、アートブックショップのCOW BOOKS、ファッションデザイナーの小林節正の名が挙がっているというから、アートファンにはたまらない人選だ。

アートを見て、知って、買うこともできる「ARTRANDOM」。ただただぼんやり眺めているだけでも、アートに触れた気分を楽しめるが、ちょっとした情報や知識を得られるのが嬉しい。展覧会に出かけてどっぷりアートに触れるまでもなく、明日誰かにちょっと話したくなるようなインプットはこちらで。新しい生活様式の中で、今最も新しいアートを感じられるのはこのサイトかもしれない。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ローソンの「バスチー」に新味登場!抹茶×クリームチーズは期待しかない。

    東京バーゲンマニア
  2. 「機動戦士ガンダム」実写映画シリーズ監督は『キングコング:髑髏島の巨神』のジョーダン・ヴォート=ロバーツ氏

    SPICE
  3. 内田雄馬さんが爽やかに自転車で駆け抜ける!8thシングル「Comin’ Back」のカップリング曲「スタートライン」のリリックビデオが公開!

    声優グランプリ
  4. 歴代「角川アニメ」人気ランキング…涼宮ハルヒの憂鬱、時をかける少女、ケロロ軍曹がTOP3に!

    ランキングー!
  5. 麒麟・川島、ノブに「刺身」と呼ばれる理由

    ナリナリドットコム
  6. 麒麟・川島、ノブに「刺身」と呼ばれる理由

    ナリナリドットコム
  7. 『J-WAVE LIVE 2021』7月に開催決定 今市隆二、KREVA、スカパラ、Nulbarich、秦 基博、レキシの出演も発表に

    SPICE
  8. 櫻坂46、“櫻エイト”の個性を明かす+最新SGより3曲披露! 『SONGS OF TOKYO』出演決定

    Pop’n’Roll
  9. 「ふしぎの国のアリス」グッズが300円!?大創の300円ショップやるなぁ。

    東京バーゲンマニア
  10. 【ダッフィー】バスケット風でカワイイ♪ 「新作トート」はポケット充実の大容量! マチの広さが凄いんです

    ウレぴあ総研