Yahoo! JAPAN

ブラック・アイド・ピーズ、シャキーラら参加の新アルバム『トランスレーション』リリースを発表

SPICE

ブラック・アイド・ピーズ

ブラック・アイド・ピーズが、通算8作目となる新アルバム『トランスレーション』を6月19日(金)に発売することを発表。同時に、エル・アルファをフィーチャーした新曲「ノー・マニャーナ」をリリースした。

Epic Records移籍後第一弾となる同アルバムでは、ファーギーの脱退以降不在となっていた紅一点ヴォーカルのポジションにJ. レイ・ソウルが新加入。さらにシャキーラ、ニッキー・ジャム、オズナ、J バルヴィン、ベッキーGといったラテンミュージック勢や、フレンチ・モンタナ、タイガといった人気ラッパーたちも参加しているほか、J バルヴィンとの大ヒットコラボ曲「リトモ」も収録される。ヒップホップ、ラテン・ポップ、レゲトン、トラップをクロスオーバーさせた、彼らのどの過去作品とも一線を画した内容となっている。

日本盤CDは7月22日に発売予定となっており、「リトモ」のウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスが参加したリミックスと、人気DJ=スティーヴ・アオキが手掛けたリミックスの2曲のボーナス・トラックを収録。また、現在iTunesでアルバムの予約をすると、新曲「ノー・マニャーナ」に加え、「リトモ」(X J バルヴィン)、「ママシータ」(X オズナ & J. レイ・ソウル)の計3曲を即入手できる。

なお、ブラック・アイド・ピーズは、2020年9月に開催される音楽フェス『SUPERSONIC』への出演も控えている。

【関連記事】

おすすめの記事