Yahoo! JAPAN

猫が前足で『パシパシ』叩くときの心理4つ

ねこちゃんホンポ

1. 攻撃している

猫は『攻撃』をするために、前足で対象をバシバシ叩くことがあります。同居猫や獲物などに猫パンチしているのです。その威力はものすごいものがあります。もちろん猫が本気かどうかで、力の入れ具合は変わってくるでしょう。

もし飼い猫同士が本気で戦っていたら、大きな音を立てるなどして止めてください。流血騒ぎになると良くありません。どうしてもいがみ合ってしまう場合は別の部屋で飼うなど、生活環境を分けると良いでしょう。

2. じゃれている

じゃれているのに前足でバシバシすることも。この場合爪も出ていませんし、力もそれほど入っていません。相手を傷つけるつもりはないのです。

猫同士がじゃれている時は、ただ遊んでいるのか本気なのかが分かりにくい場合があります。普段の様子を見て、よほどお互いを警戒していなければ大丈夫でしょう。もし過剰なまでに威嚇するなどの行動が見られたら、本当に仲が悪い場合がありますので、適切に対応してください。

3. やめてにゃ!

触られたくない時や何か嫌なことをされた時、「やめて!」という気持ちを込めてバシバシすることがあります。完全なる拒否の合図なので即座にストップしてあげてください。しつこくしていると今度は本気で攻撃してこようとするでしょう。

もし猫の爪が尖っていれば、ケガをしてしまう可能性があります。そこから菌などが入り感染症にかかることがあるので、十分ご注意ください。猫が拒否したらすぐに止める、これがうまく付き合うための鉄則です。

4. なんにゃ、コレ?

猫が見たことがないものがあった時。何なのかを確かめるためにとりあえずバシバシと触れてみている場合があります。はじめは恐る恐る、危険がなさそうだと思えばだんだんと強めに触れていくでしょう。

猫は基本ビビリなのですが、好奇心が旺盛でもあります。腰は引けつつも未知のものに近寄っていくことが多いのです。顔を傾げて何者なのかを知ろうとしている場合も。たまらなく可愛い瞬間です。

未知なるものへの猫の態度は、飼い主さんを微笑ましい気持ちにしてくれることは間違いありません。危険がないものなら満足行くまで、探求させてあげると良いでしょう。

まとめ

今日のねこちゃんより:むぎ♀ / ロシアンブルー / 2.2kg

猫が前足でバシバシする時には様々なシーンがあるのです。本気の攻撃となるとその動きの速さは目にも見えないほど。まともに喰らわないように注意しなければいけません。以上、猫が前足でバシバシする時の心理でした!

【関連記事】

おすすめの記事