Yahoo! JAPAN

高速道路のサービスエリアで行方不明になった猫「ミリー」│7か月後同じ場所で無事保護!

ねこちゃんホンポ

高速道路のサービスエリで飼い猫が行方不明に

2021年6月、英国グロスターシャー州グロスターにある高速サービスエリアで、ショーン・オアーさんとポーリン・ディアリングさんの飼い猫「ミリー」が突然逃げ出し、行方不明になってしまいました。

ミリーがいなくなった直後、2人ははサービスエリア周辺を9時間も探し回りましたが、見つからず泣く泣く諦めてその場を去ったそうです。

そして驚いたことに、その7カ月後ミリーが発見されたという連絡が家族の元に届きます。

どうやらミリーは、この7カ月間ずっとサービスエリア周辺で暮らしていたようです。

愛猫がいなくなり寂しさを募らせる家族

ミリーがいなくなった後、オアーさんは非常に落ち込みました。その後もミリーのお気に入りのおやつを持って何回かサービスエリアに探しに行ったそうです。

彼は、いつもそばにいてくれたミリーがいなくなり、何かが変わってしまったように感じていました。

また、ディアリングさんもミリーがいなくなったことにより、受けたダメージは大きかったようです。

ミリーはもともと野良猫であったためおそらく二度と会えないだろう、と彼女は考えていました。

サービスエリアのスタッフと地元動物シェルターの協力で無事にミリーを保護

一方、サービスエリアのスタッフは、ミリーの特徴に似た猫を何度か見かけていましたが、誰もその猫に上手く近づくことができなかったそうです。

最近になって、ようやくサービスエリアのマネージャーが餌でミリーを誘い出すことができるようになり、地元の動物シェルターがトラップでミリーを捕まえることに成功したのでした。

現在、ミリーは無事に家族の元へ戻り、以前からお気に入りだった昼寝場所でのんびり過ごしています。

危険と隣り合わせの高速道路付近で7カ月間も生き延びていたミリー。まさに九つの命を持つ猫ですね。

【関連記事】

おすすめの記事