Yahoo! JAPAN

ポイントは"神話"でなく人間性!『マーキュリー・セブン』直撃インタビュー【1】

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

1958年から1963年にかけて実施されたアメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」に抜擢された宇宙飛行士7人、"マーキュリー・セブン"の実話を描くナショナル ジオグラフィックのドラマシリーズ『マーキュリー・セブン』が、Disney+(ディズニープラス)にて10月16日(金)より日本初独占配信中だ。原作はトム・ウルフによるベストセラー「ザ・ライト・スタッフ―七人の宇宙飛行士」で、1984年には映画化もされている。そのキャスト&スタッフの直撃インタビューをお届けしよう。

米ソ冷戦の中で「マーキュリー計画」に選ばれた宇宙飛行士たちは、国家の重圧に耐えながらも、仲間との絆を深め、一躍有名になっていく一方で、宇宙飛行士に求められる"ライトスタッフ(己にしかない正しい資質)"とは何かを追い求めながら、挑戦し続ける姿を描き出す。彼らの不安や心の葛藤を抱えながらも夫を懸命に支えた妻や家族、彼らの周囲の人々の心の動きや絆も見どころ。"普通の人間がいかにして非凡なことを成し遂げられるのか"というテーマを、実話を通して語りかける。

キャストは、『SUITS/スーツ』のマイク役で知られるパトリック・J・アダムスをはじめ、ドラマ版『リミットレス』のジェイク・マクドーマン、『ワンス・アポン・ア・タイム』のコリン・オドナヒュー、『MAD MEN マッドメン』のアーロン・スタトン、『One Tree Hill/ワン・トゥリー・ヒル』のジェームズ・ラファティ、『エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~』のマイカ・ストック、『マーベル インヒューマンズ』のマイケル・トロッターなど。製作総指揮には、プロデューサーとしてもアカデミー賞ノミネート経験のあるレオナルド・ディカプリオのほか、『ホワイトカラー』や『キャッスルロック』の脚本を手掛けたマーク・ラファティも名を連ねる。

今回登場するのは"マーキュリー・セブン"の面々、アーロン・スタトン(ウォルター・シラー役)、ジェームズ・ラファティ(スコット・カーペンター役)、マイケル・トロッター(ガス・グリソム役)。役作りや作品のポイントについて語ってもらった。


――有名で尊敬されている実在の人物を演じる上で最も大事にされたことは?

マイケル:僕がガスを演じる上で最も大事にしたのは、"マーキュリー・セブン"を宇宙に連れて行くためのロケットを作っている数千人のエンジニアに向けて話す場面だね。彼は雄弁家ではないけれど、効果的な言葉使いをしたと思う。何千人もの人の前に立ってこう言ったんだ。「いい仕事をしよう」ってね。彼が世界をどのように見ていたかについて洞察するのは面白い経験だったよ。俳優は、演じる役柄に入り込まなければならないものだと思う。そして、あのセリフによって僕は彼の考え方が理解できたんだ。

アーロン:当時の誰もが宇宙計画のことを知っていて、宇宙飛行士たちをレジェンドと見なしていたけれど、この"神話"は作られたものだ。ライフ誌の記事をはじめとした、コントロールされたイメージによってね。でも原作や本作が描きたかったことは、"神話"でなく現実であり、計画に関わっていた人たちの人間性なんだ。「いい仕事をしよう」とか「何かしよう」といった実際に行動することが彼らには意味があるものであり、カーテンの裏側、神話の背後に隠された人間性を映し出すことに繋がるんだよ。だから僕が心がけていたことは、怠惰に聞こえるかもしれないけど、撮影現場に行って存在感を発揮し、彼らの声や鼓動を届けることだった。

――演じたキャラクターからどんなことを学ばれましたか? また、こういうドラマに出演されて得たものとは?

ジェームズ:ドラマからは、宇宙について多くのことを学んだよ。それとフライトについてもね。なんといっても彼らはパイロットなわけだから。そして、僕が演じたスコット・カーペンターの伝記やドラマの原作といった関連書籍から得たことは、みんなで力を合わせれば大きなことが達成できるということだね。あとは、この7人の宇宙飛行士がいかに異なるかも、新たに知ったことだな。彼らはそれぞれが強い個性を持っていて、生涯の友としてお互いを選んだわけではなく、状況によって結びつけられた。お互いに対立したり衝突した時、それが明らかになる。でも日が終わる頃には、彼らは経験を分かち合い、宇宙計画における互いの役割を称え合った。それによって偉業を成し遂げることができたんだよ。それを知ることができて良かったね。

アーロン:製作当初、僕たちはフライトスクールに通ったんだ。正直、僕自身はテストパイロットに求められる仕事がどんなものかも知らなかった。だから専門知識の必要性を知り、その素晴らしさに惹きつけられたよ。そしてジェームズが言っていたように、みんなで一緒に過ごすうちにそれぞれの違いを理解し、撮影初日から興味深い経験をすることができた。

――宇宙飛行士を演じる上で最も大変だったことは? ご自身も宇宙飛行士になれると思われますか?

マイケル:いや、僕は無理だな(苦笑) 誰の目から見ても僕にはそういう資質はないから。この役を演じる上で大変だったのは、さっきアーロンも言っていたけど、人間性を見出すことだった。誰かが偉業を成し遂げた時、人はその功績に注目してしまいがちで、彼らがどんな人間なのか、誰の支えがあったのかといった、より重要なことは見逃すことが多い。だから、いまだに知られていないけれども重要なこと、どうしてこの人物が宇宙飛行士としてだけでなく英雄として知られるようになったのかについて掘り下げていくのは大変だったよ。だけど、彼らがこの計画に参加したのは、英雄になりたいからじゃないからね。

ジェームズ:僕にとって大変だったのは、あの時代に合った仕草や話し方をすることだね。当時の人々は話す時に現代よりもかっちりとしていて落ち着いた、礼儀正しい態度で、熟考した上で話していたはずだから。だから撮影中は、話し方や仕草を普段とは変えるんだってことをずっと自分に言い聞かせていたよ。

『マーキュリー・セブン』(全8話)は、Disney+にて第1話~第3話が配信中。毎週金曜日に新エピソードが到着する。

Photo:

『マーキュリー・セブン』
© 2020 NGC Network US LLC. All rights reserved.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【栃木県那須黒磯ドライブVOL.2】ふらっとひとりツアー ~CHUS・Pino cafe&meal~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  2. 北仙台駅目の前!コスパ抜群の焼肉屋さんのランチへGOGO ~スタミナホルモン食堂 食樂 北仙台駅前店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  3. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  4. ウエンツ瑛士、留学から帰国後「怒るようになった」

    ナリナリドットコム
  5. 【NEWS】焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」×「シルバニアファミリー」コラボ企画第二弾!~仙台駅2階 12/14(月)より~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  6. KEMURI、ニューアルバム『SOLIDARITY』より「Blue Moon」のMVを公開

    SPICE
  7. KREVA、「Fall in Love Again feat. 三浦大知」MV公開 “人との距離をとっても心の距離は遠ざけない”思いを映像化

    SPICE
  8. 岡田結実が1月期連ドラ主演「正直事務所変わって…」

    ナリナリドットコム
  9. 岡田結実が1月期連ドラ主演「正直事務所変わって…」

    ナリナリドットコム
  10. 大人になってからも、きょうだいってそんなに価値があるもの?

    ママスタセレクト