Yahoo! JAPAN

木場・東陽町・南砂町の新刊書店案内~街の本屋さんは暮らしの相棒だ!

さんたつ

木場・東陽町・南砂町は、それぞれ街の本屋さんが駅近くに構える実に頼もしいエリア。暮らしに寄り添うラインナップの中に、店ごとの小さなこだわりが見えてくる。

リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店

『紀伊國屋書店 イトーヨーカドー木場店』ポップの達人が織りなす棚づくり

商業施設内の好立地で前後の買い物も便利。
店長の平野さんとスタッフの鈴木さん。

じっくり回れば店内そのものが仕掛け絵本に思えてくるほど、目を引く凝ったポップや装飾がそこかしこに。「スタッフ全員で考える」がモットーの店長・平野千恵子さんを中心に、新刊だけでなく既刊の文芸書にもスポットを当てる「掘り起こし」にも注力しており、訪れるたびに未知の本と出合えそう。

直近で行われた辻村深月フェアは、ほとばしる熱量に思わず手に取りたくなること間違いなし。

『紀伊國屋書店 イトーヨーカドー木場店』店舗詳細

紀伊國屋書店 イトーヨーカドー木場店
住所:東京都江東区木場1-5−30 イトーヨーカドー木場店 2F/営業時間:10:00~21:00/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線木場駅から徒歩5分

『文教堂書店 東陽町駅前店』駅前で20年余。質実剛健な新刊書店

2021年から100円ショップとフロアを共にする。
店長の佐々木さん。売れ筋の地元本『洲崎パラダイス』と。

区の主要施設が集まる東陽町駅の目の前なだけあって、堅実な品揃え。コンパクトな店内だが、江東区ゆかりの本をあつめた地元本コーナーや、放課後に訪れる高校生のための学習参考書など、お客さん思いの細やかな気配りが随所に施されている。「SNSでの発信にも力を入れています」と店長の佐々木紀行さん。

文芸書棚付近の地元の本コーナーには、意外な作品も見つかるかも……?

『文教堂書店 東陽町駅前店』店舗詳細

文教堂書店 東陽町駅前店
住所:東京都江東区東陽4-1−7 佐藤ダイヤビルディング 1階/営業時間:9:00~21:00/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線東陽町駅からすぐ

『リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店』リブロ初の「駿河屋」コラボ店舗

入り口にずらりと並ぶコミックだけでも見応え十分。
店長の石塚さん。

2021年オープン。「駿河屋」が併設されており、プラモデルやゲームなども同じ店内で購入できる。平日は男性客が中心だが、絵本の読み聞かせや小学生の職業体験など、幅広い客層に向けたイベントを定期的に開催。「おだやかなお客さまが多いのが南砂町の特徴かも」と店長の石塚紀子さんは言う。

注目本には小野寺史宣『まち』。書店のあるショッピングセンターSUNAMOも登場する地元本なのだ。

『リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店』店舗詳細

リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店
住所:東京都江東区新砂3-4−31 南砂町ショッピングセンタ SUNAMO3F/営業時間:10:00~21:00/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線南砂町駅から徒歩5分

取材・文・撮影=吉岡百合子(『散歩の達人』編集部)
『散歩の達人』2024年1月号より

【関連記事】

おすすめの記事