Yahoo! JAPAN

【毎日おやつ】あんこや黒蜜を重ねて作り出した甘味の元祖「銀座若松 あんみつ」/東京都

ことりっぷ

【毎日おやつ】あんこや黒蜜を重ねて作り出した甘味の元祖「銀座若松 あんみつ」/東京都

全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は東京都の「銀座若松 あんみつ」をご紹介します。

あんみつ発祥の店の味をテイクアウト「銀座若松 あんみつ」

別添えの黒蜜は奄美大島の黒砂糖を使用

今でこそ定番の甘味となっている「あんみつ」ですが、その発祥は昭和5年、銀座の中央通りにある甘味処「銀座若松」。今でも、店内で食べるほか、おみやげとして持ち帰ることもできる人気のメニューです。

プリプリのと歯ごたえのある寒天、ほのかな塩気の赤えんどうに、香りが良い黒蜜をかけて食べるとあっさりした甘さ。あんこの甘さは控えめで食べやすく、サクランボやミカン、桃色と若草色の求肥が彩りを加えてます。

砂糖が高級品だった昭和初期、甘党のお客さんの声から誕生

元は汁粉屋だった「銀座若松」ならではのあんこは、短時間でさっと炊き上げているため、さらりとした喉越し

「銀座若松」は、明治27年に銀座で最初の汁粉屋として創業しました。常連さんの「もっと甘いものが食べたい」の声に応えるために2代目が考案したあんみつは、瞬く間に大ヒット。いまでも発祥当時から変わらない味を楽しめます。十勝産の小豆、富良野産の赤えんどう豆、伊豆三宅島産の寒天など、吟味した素材で丁寧に作りこんだ、こだわり尽くしの自信作です。

今では誰もが知っている庶民の味ですが、時代に思いを馳せながら「銀座若松」のあんみつを楽しんでみませんか。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 2021年10月1日オープン フルーツ大福まる姫 四条烏丸店

    京都速報
  2. アイナ・ジ・エンド(BiSH)、キャラクター考案の漫画『ぞうきんドッグ』Twitterにて連載開始!

    Pop’n’Roll
  3. 新しい学校のリーダーズ[ライブレポート]全身全霊パフォーマンスで熱狂の空間を作り上げたツアーファイナル

    Pop’n’Roll
  4. 旦那さんのお弁当箱を使い捨て容器にしたら実母に「横着だ」と言われた……これってダメなこと?

    ママスタセレクト
  5. 浦島坂田船、全国ツアーの大阪追加公演が決定

    SPICE
  6. <根本的な問題は?>思春期・反抗期の娘の過度なダイエット、親の言うことを聞いてくれなくて……

    ママスタセレクト
  7. NMB48、関西Jリーグ3チームとのコラボビジュアル公開!

    Pop’n’Roll
  8. 【ライブレポート】つばきファクトリー、初の武道館公演で12人体制初パフォーマンス!これまでの軌跡、新体制への期待を感じさせる全25曲を披露!

    WWSチャンネル
  9. 『テレビ演劇 サクセス荘』の映画に“謎の4人組”として佐藤流司、北園涼、橋本祥平、北村諒がゲスト出演

    エンタステージ
  10. 【日本の名所になるぞ!】天空ウェディングでどんどん幸せになあれ!~SS30(エスエスサーティー)/青葉区中央~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ