Yahoo! JAPAN

オードリー若林、慢性頭痛がついに改善の兆し「悩んでる方は、ぜひ専門の外来へ」

Techinsight

「学会の記事」まで読むほど頭痛に悩まされていた若林正恭

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、ここ10年あまり悩まされていた頭痛に改善の兆しが現れていることをラジオ番組で報告した。毎日のように頭痛薬を服用し、ひどい時は運転中の車を止めなければならないほどの痛みに襲われていたが、現在は新薬の効果を実感しているという。

お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明も長く偏頭痛に悩まされ、近くで見ていた相方の矢作兼によると「時々ヤバイ時があった」というほど日常の生活に支障をきたしていた。そこで根本的な治療のために夏休みをかねて昨年7月下旬から3週間ほどの休養に入ったが、入院中の精密検査で初期の腎細胞がん(ステージ1)が見つかり、8月に外科手術を受けている。

5月1日深夜放送のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)によると、その小木と“頭痛友達”だった若林正恭は、収録で会えばお互いに情報交換して最新の治療について話し込んでいたという。「もう、頭痛の学会の記事とか読んでいる」と明かす若林は、テレビの情報番組などで頭痛の特集をやっていても知っている情報ばかりで参考にならなかったそうだ。8日深夜放送の同番組でも小木の話になり、2人とも特に先輩のいる飲み会に出席するのが恐怖だった―と話している。若林は主治医から「強烈に緊張している状態から、急にリラックスすると血管がドンと開くので頭痛が起きやすくなる」と説明され、生活習慣や食べ物に至るまで細かいアドバイスを受けていた。先輩が同席する飲み会に招かれるのは嬉しいのだが、最初は緊張し酒が入って気が緩むと途端に激しい頭痛に襲われてしまう。「お酒飲んだら頭痛薬飲めないし…」と、小木も飲み会に関しては同じ悩みを抱えていたようだ。

そんな若林が片頭痛治療の新薬「エムガルティ」の皮下注射を4月27日に打ったところ、5月8日深夜の時点でまだ一日も頭痛薬を服用していないことを語った。若林自身も「10日以上頭痛薬飲まないなんて、マジの話、10年ぶりかもしれない」と大変驚いている。最近はいろんな人から頭痛の治療について相談されるという若林だが、「頭痛専門の外来に、絶対一度は行ってください」と勧めており、病院を紹介した人からは「本当に行って良かったです」と何回も言われたそうだ。さらに「俺は医学の外野だから言葉選ぶけど、とにかくね、ちょっとでも悩んでる方は専門のところ行って欲しい」と、頭痛に悩むリスナーにも語りかけていた。

画像2枚目は『若林正恭 2021年5月9日付Instagram「#オードリーのオールナイトニッポン」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事