Yahoo! JAPAN

『マンモス展 その「生命」は蘇るのか』太古の生物たちを身近に感じることができる展覧会の鑑賞レポート

SPICE

『マンモス展 その「生命」は蘇るのか』

大阪・南港ATC Galleryで現在開催されている『マンモス展 その「生命」は蘇るのか』が、大人から子どもまで幅広い年齢層で話題となっている。

同展は、ロシア連邦サハ共和国の永久凍土から発掘されたマンモスや古生物の冷凍標本を史上最大級の規模で展示するなどし、時代を超えてあらわれた古代生物の姿を通して、「マンモス復活」の可能性、生命科学の未来を問いかける展示会。

「ユカギルマンモス」の頭部冷凍標本

まず目をひいたのは、2005年『愛・地球博』(愛知県)で初公開されて注目をあつめた「ユカギルマンモス」の頭部冷凍標本だ。牙は、鼻の根元部分から生えていて、先端にいくにつれてクルッと丸くせり上がっている形が特徴的。また、まぶたの伸び具合もとても生々しい。

「ケナガマンモスの鼻」

「ケナガマンモスの鼻」も、鼻先のぶよぶよとした質感が印象的。このしなやかな鼻で、木の実などいろんなものを器用に掴んで食べていたのだと分かる。マンモスの鼻には骨がないため、柔らかみがあるとのこと。

「ケナガマンモスの皮膚」(上)と仔ウマ「フジ」(下)

大きな注目は、世界初公開の冷凍標本の数々。2018年夏に発掘された「ケナガマンモスの皮膚」は保存状態が抜群で、表面の毛穴まで見ることができる。この皮膚は、後ろ脚の付け根からお尻のあたりのもとされている。同時に見つかった歯を調査したところ、この皮膚の持ち主は50歳から60歳くらいのオスであることが判明した。

また、完全な姿で見つかったことで驚きを与えた太古の仔ウマ「フジ」は、まさに目の前に仔ウマが横たわって眠っているような印象で、かわいらしさを感じた。またじっくり見ると、泥がついていることが分かる。これはきれいに泥を落とすと、一緒に毛まで抜けてしまうおそれがあるため、そのまま残されているのだそう。ただ、この泥の付き具合が、「フジ」をより身近に感じさせてくれる。

グッズ

Q&Aコーナーも充実しており、「マンモスの肉はおいしかったのか」「人類とは仲が良かったのか」など様々な疑問の答えを掲載。そのほか、発掘調査団が現地で身につけているダウンジャケット、マンモスの牙が見つかったときの実際の映像なども楽しむことができる。グッズ類も豊富だ。

いとうせいこう(展示構成監修)

同展の展示構成監修をつとめた作家、クリエイターのいとうせいこうは、開幕にあわせておこなわれた記者会見で「つい昨日までそこにいたかのような冷凍標本になっている。なくなった命がそこにあることが感じられるはず」と、遠い昔のものとは思えないと話した。また、マンモス復活プロジェクトを担当する近畿大学生物理工学部・松本和也教授は「小学生、中学生がこのマンモス展と研究を見て、生命科学に興味を持ち、研究者を目指してほしい」と願った。

『マンモス展 その「生命」は蘇るのか』は、9月22日(火・祝)まで大阪・南港ATC Galleryで開催されている。

取材・文=田辺ユウキ

おすすめの記事