Yahoo! JAPAN

柏木由紀、選挙特番のMC初挑戦「一緒に学びながら」

ナリナリドットコム

アイドルグループ・AKB48の柏木由紀(30歳)が、選挙特番のMCに初挑戦することがわかった。

柏木がMCを務めるのは、衆議院選挙投開票当日の10月31日19時50分から、生放送の特別番組「ひろゆき&柏木由紀と考える総選挙2021#アベプラ」(ABEMA)。柏木は、ネット掲示板「2ちゃんねる」創設者で実業家の“ひろゆき”こと西村博之氏と共にMCを務める。

番組では、内閣発足から解散まで10日間、解散から投開票まで17日間と、戦後最短となった異例の選挙戦の模様を開票速報から放送。また、番組独自のテーマとして「日本は変わる? 変わらない?」を掲げ、若者と高齢者、デジタルとアナログ、コロナ対策をめぐる命と経済など、議論が割れる話題をとことん話し合い、課題を浮き彫りにしていく。さらに、各党の幹部や注目の候補者と中継を結び、若い有権者の関心が高い選択的夫婦別姓、同性婚、ジェンダー平等、気候変動問題など、政治制度や停滞するニッポンの課題を20代の若手論客とともに考える。

番組出演にあたり、ひろゆき氏は「ありきたりな選挙特番を見たい人は、別のチャンネルの特番をみてください。政治家という名前のタレントさんとの面白トーク番組を目指します〜」と大胆な意気込みを語り、選挙番組のMCを初めて務める柏木は「ひろゆきさんと一緒にいろんなことを学びながら、MCができたらいいなと思います」とコメントしている。

☆柏木由紀 コメント全文

コロナ禍で給付金やワクチンの問題など、政治が自分の身にふりかかることが多くなって、ちょっと気になるようになりました。テレビも見ますけど、やっぱりネットの記事を読んだり、SNSでのいろんな人の意見を検索したりして、情報収集をするようにしています。

ひろゆきさんとは1回だけご一緒させていただいたことがあります。優しくて、話をちゃんと聞いて、色んなことを教えてくださるというイメージがあります。ひろゆきさんとMCという組み合わせはあまりないので、一緒に学びながら、MCができたらいいなと思います。

【関連記事】

おすすめの記事