Yahoo! JAPAN

上白石萌歌「母親はすごく霊感があった」「エジプトで取り憑かれて…」

Techinsight

『ゴーストバスターズ』最新作で日本語吹替声優を務めた梶裕貴と上白石萌歌

女優の上白石萌歌と声優の梶裕貴が26日、日本語版吹替声優を務めた映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』(2月4日公開)の公開前スペシャルイベントに出席した。ゴーストが登場する物語にちなんで自身の霊感を聞かれると、上白石が母親の驚愕エピソードを披露、梶らを慌てさせた。

今回初めて実写映画の吹替に挑戦した上白石萌歌は、主人公のフィービーを演じる。「初代のゴーストバスターズ(1984年)は両親がドンピシャの世代」という上白石は「この話をいただく前から両親と一緒に観てすごく魅了されていたので、まさか最新作の吹き替えをやらせていただくなんて」と驚きを隠せず。両親に伝えると「飛び上がって喜んでくれて。世代を継いで家族みんなで楽しめるのもこの作品の魅力だと思う」とコメントした。

そんな両親のゴースト体験を上白石萌歌が披露。同作に絡めて司会者から「霊感があるとか、ないとかどうですか?」と聞かれた上白石は「母親がすごく霊感があった」と打ち明けて、「母親からいろいろな話を聞いていると、ゴーストというか人の魂がさまよっている感じは信じられるなと思いますね」と実感を込めた。具体的には「父親が歴史が好きなので、新婚旅行でエジプトに行ったらしいんですけど、(母親が)なんと取り憑かれてしまって、数日間日本語じゃない言語を話していたりとか、ちょっと低い声でずっと話していたり…」と告白すると、隣で聞いていた梶裕貴も「想像以上にリアリティのある…」と絶句し、司会者も「こんなところで軽く話すことじゃないですよね? 大丈夫ですか?」と思わず仰天した。

「そういうことはおとぎ話ではなくて本当にあるんだ…というのを母親の話から知りましたね」と語った上白石だが、姉で女優の上白石萌音と自身を産んでから母親は霊感がなくなったそうで、姉と自身も全く霊感はないという。

上白石萌歌演じる主人公フィービーの兄・トレヴァー役の梶裕貴は、自身は霊感がないそうだが「うちの奥さんがですね、ちょっと霊感というか、見えるときは見える部分がありまして」と2019年に結婚した声優の竹達彩奈について語りだした。「歩いているときも一点をぼーっと見ているときがあるので、『これは何か見えているんだな』と思って聞いてみると『うん』と答える」と明かした。しかし「苦手なのでそういう話はしないでくれ」と頼んでいるため詳細は分からないそうだが「もうヒヤッとしてしまいますね」と困惑していた。

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は初代ゴーストバスターズの4人がニューヨークの街中でゴーストたちと戦ってから30年。彼らによって封印されたはずのゴーストたちの封印が突如解かれ、田舎町に出現したゴーストたちの復讐が始まり、主人公フィービーが立ち上がる。

さらにイベントでは、ミニ・マシュマロマンやゴーストたちのラスボス役などの声を務めた渡辺直美がビデオで登場。「絶対負けないよ! ゴーストたちの復讐劇をお見逃しなく!」と威勢の良い映像メッセージが流れると、会場内には非常警報が鳴り響き、4メートルを超える巨大マシュマロマンが出現するも、2人がプロトンパックに装着するゴースト捕獲装置「ニュートリノ・ワンド」を手に取りバスターしてイベントを盛り上げた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事