Yahoo! JAPAN

【前編:もっと!ダメパパ図鑑】妊活に焦る私「生理がきちゃった…」でも呑気な夫は… #4コマ母道場

ママスタセレクト

写真:ママスタセレクト

皆さんの旦那さんは子育てや家事に率先して関わっているでしょうか? 自分の子どもを夫婦で協力しながら育てるのは当たり前のことなのですが、妊娠中から自覚せざるを得ないママと違って、どこか他人事のようなパパも多いのではないでしょうか? 2回流産をした私は3度目の妊娠に向けて妊活しているのですが、パパとの温度差にモヤモヤが募る一方です。

第7話 妊活に対する意識のギャップ


『不育症とは、妊娠はするものの、流産・早産を繰り返したり、死産となったりすることで、元気な赤ちゃんを得ることができない状態を指します。』


引用:KOMPAS 慶応義塾大学病院医療・健康情報サイト|不育症(妊娠はするけれど赤ちゃんが得られない方)

【第7話 作者コメント】
私は結婚したとき、すでに30歳を過ぎていました。年齢を重ねるほど妊娠率は下がり、流産率、出産のリスクも上がるので焦りがあり、妊活のストレスで周りの人の言葉をネガティブに捉えてしまっていました。
参考:東京都杉並区公式ホームページ|「いつか子どもがほしいと思っているあなたへ」10ページ 高齢出産(35歳以上)のリスク
後編へ続く。
作画・チル 編集・木村亜希

【関連記事】

おすすめの記事