Yahoo! JAPAN

【メタバース】言葉は知っていても実際に利用したことがあるのは6割程度

日本トレンドリサーチ

「メタバース」という言葉を知っていますか?

「Meta(旧:Facebook)」の社名の由来になったことで話題となった言葉が「メタバース」です。
「メタバース」とは、ネット上の仮想空間や、それにまつわるサービスを指した言葉で、英語の「meta(超越)」と「universe(宇宙)」を組み合わせた造語です。

東京・渋谷区がKDDIなどの企業とタッグを組んで立ち上げたデジタル空間「バーチャル渋谷」では、仮想空間内でハロウィーンやクリスマスイベントが開催されました。

人材サービス大手のパソナグループも「メタバース」関連の事業に参入することを発表するなど、身近になる「メタバース」ですが、皆さんは利用したことがあるのでしょうか。

今回は、全国の男女2200名を対象に「メタバースの利用に関するアンケート」を実施しました。

「メタバースの利用に関するアンケート」調査概要調査手法インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施調査対象者男女調査期間2021年12月30日~2022年1月11日質問内容質問1:メタバースという言葉を知っていますか?
質問2:メタバースの技術を使ったサービスで利用したことがあるものはありますか?[複数回答可] 
質問3:具体的にどのようなサービスを利用しましたか?
質問4:メタバースで実現してほしいことやサービスはありますか?集計対象人数2200名

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

「メタバース」という言葉を75.6%の方が「知らない」

まず初めに、「メタバース」という言葉を知っているか聞きました。

7割以上の方が「知らない」と回答しました。
「知っている」と回答した方は8.3%で、「聞いたことはある」と回答した方と合わせても24.4%に留まりました。

「メタバース」を知っていても実際に利用したことがある方は6割程度(全体の14.7%)

「知っている」「聞いたことはある」と回答した方に、メタバースのサービスで利用したことがあるものについて聞きました。

39.7%の方が「利用したことがない/サービス内容を知らない」と回答しました。
実際に利用したことがある方は、メタバースという言葉を知っている方の6割程度で、回答全体の14.7%でした。
利用したサービスは、オンラインゲーム・オンラインチャット・バーチャルイベントが多いようです。

「その他」と回答した方に、具体的にどのようなサービスを利用したのか聞いたので一部を紹介します。

「その他」サービスについての回答

仮想空間の観光地に行った。(60代・男性)

海外VRツアー。(70代・男性)

旅行先の体験。(50代・女性)

株の投資。(60代・男性)

仮想通貨の取引。(50代・男性)

モデルハウスの空間図形。(60代・男性)

シェアオフィス。(50代・男性)

■メタバースで実現してほしいことは?

メタバースを「知っている」「聞いたことはある」と回答した方に、今後メタバースで実現してほしいことやサービスがあるかどうか聞きました。

全体の46.9%の方がメタバースで実現してほしいことやサービスが「ある」と回答しました。メタバースを「知っている」と回答した方に限定すると「ある」と回答した方は60.1%と半数を超えました。

どのようなサービスを実現してほしいのか聞いたので、回答を一部紹介します。

「実現してほしいサービス」回答

仮想空間での海外旅行体験。(50代・男性)

世界の人との交流。(50代・男性)

ショッピングのために外出しなくても商品の触感が分かるサービス。(70代・女性)

仮想空間の土地の売買。(30代・男性)

通勤しなくても仕事ができるサービス。(30代・男性)

学習塾の指導。(40代・男性)

習い事。(30代・男性)

大規模なフェス。(30代・男性)

自動車の運転教習。(70代・男性)

高齢者同士の交流ができるサロン。(50代・女性)

オンライン診療。(40代・女性)

過疎地に暮らす方への医療サービス。(50代・女性)

メタバース上で生活に関するいろんな手続きができるようになる事。(40代・男性)

議会の視聴など行政への参加。(60代・男性)

まとめ

今回は、「メタバースの利用」についてアンケートを実施しました。

「メタバース」という言葉について、全体の75.6%の方が「知らない」と回答しました。
「知っている」「聞いたことはある」と回答した方で、実際に利用したことがあると回答したのは6割程度で、言葉は知っているが利用したことはないという方も多いようです。

実際に利用したサービスについては、オンラインゲームやチャット、バーチャルイベントが多く、少数ではありますがVRを活用した旅行や株取引で利用している方もいました。

今後「メタバース」に実現してほしいサービスについては、オンラインによる旅行や買い物、会議や習い事といったものが多く挙げられました。

その他、通院や運転免許の教習のオンライン化、行政サービスへのメタバース活用、離れて暮らす方とのコミュニケーションツールなどへのメタバース活用を期待する意見もありました。

おすすめの記事