Yahoo! JAPAN

鹿島沖のエギタコ釣りで正月用マダコ好捕 活性低めも2kg級頭に型揃い

TSURINEWS

1kg級のマダコをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村隆)

釣友と「少し早いが正月用のマダコを釣りに行こう」と話盛り上がり、茨城鹿島の長岡丸を訪れた。当日は終始ウネリがあり、マダコの活性は低め。乗りはイマイチだったが、オデコなしの釣行をレポートする。

長岡丸でマダコ釣り

11月5日(金)に茨城鹿島の長岡丸に集まったのは14人。受付で女将にあいさつしてから、トモの四隅に座って準備を始める。「きょうは型狙いでいくよ」という船長の言葉が心強い。

5時、大勢の釣り人を乗せたヒラメ船を見送って、飯塚正貴船長の舵で岸壁を離れる。天候は晴れ。低気圧が通過した直後なので、風は弱いがウネリはあって不安になる。

鹿嶋港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

エギタコのタックル

40分ほどでスローダウン。潮回りする間に仕掛けを用意。リーダーの先端に結んだタコサルカン(ツイン)に3.5号のエギを2個セット。オモリは60号が指示された。

「はい、いいですよ。水深は28m。根掛かりするから注意してください」のアナウンスに、竿の弾力を使って前方に振り込んだ。

着底したらイトフケを取り、オモリが海底を離れないよう注意しながら竿先をシェイク。エギを躍らせて誘いをかけようとするが、ウネリによるアップダウンが大きく苦労する。

エギタコタックル例(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

1kg級マダコが次々と

そんな状況でも右舷ミヨシの坂田さんが巻き上げにかかった。やがて1kgほどのレギュラーサイズを取り込む。

坂田さんにレギュラーサイズ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

右舷胴の間の村上さんも同サイズを手にして「エギダコは2回目ですが、掛けた瞬間にズシリとくる重量感がたまりません。すっかり魅了されました」とコメント。

村上さんは2回目のエギタコ釣り(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

背中合わせで竿を振る地元の坂本さんも同型をキャッチして「正月用にちょうどいいサイズだね」とエビス顔。

「正月用にいいサイズ」と坂本さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

根掛かりに要注意

船長は海底の地形をみて、ここぞというポイントを次々に探ってくれる。隣席の釣友・町田さんが根掛かりを連発して悪戦苦闘している様子を見ていると、こちらも根掛かり。

「やってしまったか」と思いつつ、ミチイトを張ったり緩めたりしているとジワリと浮くマダコの感触に変化。すぐに竿尻を腹に当てて巻き上げ開始。船が波上になったときは巻く手を止めて、波下で緩めないよう注意。やがて1kgを超えるサイズが浮上して、釣友がタモ取りしてくれた。

沖釣りと野菜作りに魅了された左舷胴の間の稲見さんは、一昨年、鹿島に移住したという。彼の竿はかなりの重量を受け止めて見事な放物線を描く。やがて目を見張るほどの良型が浮上して、タモに収まった。2kgを優に超えるグッドサイズを手に「こちらの生活は快適だよ」と至福の笑顔。操舵室から様子を見ていた船長も嬉しそうだ。

鹿島に移住した稲見さんの2kg級(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

ウネリに苦戦もオデコなし

その後もこまめに移動を繰り返し、新たなポイントを次々探っていく。そのたびに船中では誰かの竿が曲がり、良型が次々取り込まれていく。

滝澤さんも2度目のエギダコ(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

左舷トモの釣友・滝澤さんと、マダコ2回目の信太さんも順調に数を伸ばしていく。

釣友の信太さんも順調(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

私は終盤に2kg近いサイズを追釣して、正午に沖上がりした。

当日は終始ウネリがあり、マダコの活性は低め。乗りはイマイチだったが、2.7kg頭に1~5尾でオデコはいなかった。

師走になれば「渡りのタコ」が入ってくるので数・型ともに期待大。再度のチャレンジを誓って帰路に就いた。

<週刊つりニュース関東版APC・大村 隆/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post鹿島沖のエギタコ釣りで正月用マダコ好捕 活性低めも2kg級頭に型揃いfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事