Yahoo! JAPAN

結婚が決まっていたのに…入籍前に破局したカップルの事情 #1「実家の両親が…」

ウレぴあ総研

愛する恋人と結婚が決まることは、新しい人生への希望がいっぱいで幸せの頂点にいるともいえます。

それなのに、いざ入籍が近くなってから別れを選んでしまうカップルには何があったのでしょうか。

結婚が決まったからこそ出てくる問題や本音との葛藤など、結婚間近だけど別れたカップルについて、理由を聞いてみました。

「遠距離恋愛だった彼女と別れたのは、結婚について僕が納得できなかったから。

地方にいる彼女が都会で働く僕のところへ来る予定で、同棲から始めていずれ結婚をとは考えていたけれど、彼女に

『中途半端な状態でそっちに行くのは怖い。結婚して夫婦として過ごしたい』

と打ち明けられ、気持ちは理解できるので『そうだね』と結婚を決めました。

両家の顔合わせや結納などは順調に進み、ふたりで夫婦での新生活についてあれこれ話す時間は幸せでしたね。

ところが、『共働きで貯蓄しよう』と話していた彼女がある日

『やっぱり二年くらいは専業主婦でゆっくりしたいな。あなたのお給料だけでもやっていけるでしょ?』

と言い出して。

生活はできても余裕はないし、彼女が欲しがる一戸建ての家の購入は遠ざかるし、『子どもができるまでは働いたら?』と返したら

『ひとりでそっちに行く私の気持ちも考えてよ。夫になるのだから、責任があるでしょう』

と不機嫌になられて。

今まで出てこなかった『責任』という言葉を、こんなときに使われて驚きました。

それから度々『結婚すればあなたには責任が生まれる』みたいな話を繰り返され、どうも実家の両親から夫のあり方について何か聞いたらしく、それがわかってから気持ちが冷めていきました。

最終的に『気持ちが揃わないなら責任がとれないから』という理由で婚約を解消、僕の両親は『結婚して夫の元へ行くことへの覚悟がない女性とはうまくいかない』と理解してくれてよかったです」(男性/36歳/システムエンジニア)

いざ結婚が決まるとそれまでの考え方を変える、というのはよくある話ですが、相手にだけ責任感を持たせることで願望を叶えようとするのはいいやり方ではありません。

結婚についての「責任」はふたりに等しくあり、男性だから女性の好きにさせるべき、は一方的な主張ですよね。

夫婦は対等です。結婚するからこそ、夫婦生活をどう過ごすかはお互いの意思を尊重する姿勢が欠かせないといえます。

(mimot.(ミモット)/弘田 香)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 熊本市のど真ん中に「気づいてもらえない信号」があることを知っているだろうか?

    肥後ジャーナル
  2. 現役大学生がアパレルブランドを立ち上げ!サロモとしても人気のreoちゃんって?【キニナルあの子】

    mer
  3. ほっこり甘い秋の「さつまいもパン」がハートブレッドアンティークに登場

    PrettyOnline
  4. Maki 全国ツアーのゲストとしてスサシ、WOMCADOLE、ヤングオオハラ、KALMAら10組を発表

    SPICE
  5. RADWIMPS、有村架純・中村倫也W主演ドラマ主題歌「人間ごっこ」のMV公開 “人間模様”を人間の身体表現のみで魅せる

    SPICE
  6. 天使みたいに可愛い♡女性芸能人TOP20

    ランキングー!
  7. 猫の『毛色と性格』は関係している?4つの傾向とそれぞれに最適な接し方

    ねこちゃんホンポ
  8. 【ジェラートピケ】噂の「可愛いのに安くて使いやすい」大人気のトートバッグ2種類を徹底比較♪ 推し活にも◎

    ウレぴあ総研
  9. <男尊女卑:共働き同居ヨメ>近距離で別居する決断「気まずい関係にはなりたくない」【まんが】

    ママスタセレクト
  10. Uz:ME、セカンドシングル「ナマエモナイカンジョウ」をリリース ミュージックビデオも公開

    SPICE