Yahoo! JAPAN

職場の悪しき習慣「草野球チームに入らないと出世できない」「年賀状を出さない人は昇格させない」

キャリコネニュース

この習慣、いる?

勤め先について「これって必要なの?」「なんでこんなことがまかり通ってるの?」と困惑したことのあるビジネスパーソンは多いだろう。ガールズちゃんねるに7月下旬、「会社の悪しき習慣」というトピックがた立ち、不満の声が多く寄せられた。

「年賀状を全員に送らなければいけない」
「社長に年賀状出したかどうか、社長秘書がチェックしていて、喪中じゃないのに出さない人は昇格させない」

未だに年賀状やお中元などを送らなければいけない会社は珍しくなく、送らなければ出世に響くケースもある。また、「私の会社もそれです。すごい嫌です。社員に住所を知られるのも嫌なのに」と同僚に住所がバレてしまうことに身の危険を感じる人もいた。(文:石川祐介)

タバコ吸わないのに灰皿の片づけは女性社員の仕事


男女差別に苦しむ人からの体験談も相次いだ。

「部屋の掃除は女だけ。男だって使うくせに」
「毎朝の掃除が女子事務員のみ。お茶くみも女子事務員のみ。年末の大掃除もそう」

「掃除・雑務は女性の仕事」と捉える企業も存在するようだ。中には、「灰皿の片付けを女性社員がする。タバコ吸わないのになんで?」と仕事とは一切関係ない業務に駆り出されることもあるという。

「サビ残。あと、そこまで行かなくても、ギリギリで残業つかないキリの悪い時間に退社するのがむしろ美徳みたいな考え方。たとえば15分刻みで13分まで働いてるのにあえてそこから急いでタイムカード切るとか」
「飲み会は暗黙の了解でよっぽどの理由がない限り基本参加しなければならない。歓送迎会ぐらいならまだいいけど、とにかく頻度が多い。参加率悪い人は飲み会の席で悪口言われてる」

従業員のプライベートを平気で蝕む企業も残念ながら未だに健在だ。ただ、労働時間に関する悪しき習慣といえば定時後のイメージもあるが、「朝礼の1分間スピーチ。何の意味があるんだよ」という人も。

「裏でコツコツ仕事して目立たない人は昇格の権利がもらえない」

ある習慣が出世に影響することも少なくない。

「裏でコツコツ仕事して目立たない人は昇格の権利がもらえない」
「仕事が出来る人が他の人より多くの見えない仕事をこなすのに、それが年功序列っていうシステムと相まって、表に数字や形として表れにくいから、誰がこなしたかっていう事がわかりにくいようになってるんだよ」

どれだけ仕事を頑張っても、立ち振る舞いが上手な人のほうが出世しやすい職場に不満を持つ人も結構いる。他にも、「出世したければ、男性社員は草野球チームに入らなければならないのが暗黙の了解」というコメントも見られた。

「出る杭は打たれる。だからやり手はみんな退社、他の会社で出世」

悪しき習慣が根強いせいで、優秀な人材を取り逃してしまった企業は非常に多そうだ。時代に合わせて定期的に精査していく必要があるだろう。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 筋肉ラブ芸人が「最強の栄養食」と愛食する食べ物とは?

    特選街web
  2. 待ってました!セブンに「ザッハトルテ」が再登場 「あんずジャムと濃厚チョコが激ウマ」

    東京バーゲンマニア
  3. 森七菜「恋あた」のベタな手法に賛否 来年は恋愛ドラマブームの再燃なるか?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  4. 森七菜「恋あた」でラブコメ新女王の有力候補に “井上真央似”も追い風

    日刊ゲンダイDIGITAL
  5. 伝説のジャズ喫茶「ベイシー」に迫ったドキュメンタリー 日本ならではの文化を映し出す

    日刊ゲンダイDIGITAL
  6. 昭和の芸能人は震え上がった…「トップ屋」と呼ばれたフリー記者の存在【芸能記者稼業 血風録】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器になるの?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 安倍前首相の「美しい国」とは何だったのか? 形容詞がはらむ危険性【それでも物書きになりたい君へ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 子役だった純烈リーダーと渡辺徹さん 35年前の意外なご縁【山田邦子 人生いろいろ】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 六本木で目立ちまくり! マテンロウのアントニーが自転車で“爆走”の理由

    日刊ゲンダイDIGITAL