Yahoo! JAPAN

社協 5市で協定 〈八王子市〉

タウンニュース

八王子、多摩、町田、日野、稲城5市の社会福祉協議会は10月1日、災害ボランティアセンターの運営を相互に協力し合う協定を締結した。

災害ボラセンは、地震や風水害が発生した際に設置され、全国各地から支援に駆け付けたボランティアを被災者のニーズに応じて振り分け、派遣する役割を担う組織。各市の社協によって設置される。

昨年10月に発生した「令和元年東日本台風」では、八王子市で浅川の増水により浸水家屋が多数発生し、八王子市社協が災害ボラセンを設置。その運営の応援として、多摩、町田、日野、稲城の社協職員が1カ月にわたり派遣された。

今後への備えとして、今回5市で災害ボラセンの運営を相互に協力し合う協定を締結。協定の内容は「災害の情報の共有」「職員の相互派遣」「資機材の提供・貸与」など。体制の強化を図ることで、いざ災害が起きた際に、迅速な災害復旧と被災者の支援につげることが目的だ。

【関連記事】

おすすめの記事