Yahoo! JAPAN

犬がよく真似をする『人の行動』5選

わんちゃんホンポ

犬が真似する人の行動

1.飼い主が見た方を自分も見てみる

飼い主が後ろを振り返ると犬も振り返ってみる。飼い主が左右を確認すると犬も左右を見てみる。

飼い主が天井を見上げれば犬も天井を見上げてみる。まるで「今何を見たの?」と確認するかのようです。

ただ飼い主の行動を真似してみただけなのか。飼い主の思わぬ行動に警戒したのか。何か良いことがあると期待したのか。

真似されると不思議な感覚になりますよね。人とは違う何かを感じ取ったのかもしれません。

2.ドアノブに手をかける

飼い主がドアを開け閉めする時の行動をよく観察しているようです。犬も同じようにドアノブに手をかけてみることがあります。

下に押すことでドアを開けることができるハンドルタイプのドアノブは、犬が手をかけるだけで簡単に開けることができてしまいます。握って回すタイプでは開けることは難しいでしょうね。

そして、手をかけることができる取っ手さえあれば引き出しも簡単に開けることができてしまうので対策が必要ですよね。

3.伸びをする

飼い主が伸びをすると、犬も伸びをすることがあります。

たまたまタイミングが同じだったのかな?と犬の様子をうかがうと、ばっちりアイコンタクト。真似して行動したんだと思ってしまいますよね。

4.トイレに行く

飼い主がトイレに行って戻ると犬も排泄済。これもたまたま同じタイミングで行動しただけなのかなと思いつつ、アイコンタクトされると「トイレのタイミングが一緒だったね♡」と言われているような気がしてしまいますよね。

5.水を飲む

飼い主が飲み物を口にした瞬間、自分も水を飲みに行く犬。お散歩に行って帰宅した直後じゃあるまいし、これは絶対に真似したんだ!と感じてしまいます。

わざわざアイコンタクトして「飲んで来たよ♡」と報告してくれることまであります。

犬が人の行動を真似する理由

仲間意識

犬が行動を真似するのは、本能や習性であるとされています。群れの仲間と同じ行動をすることで仲間意識を高めるためです。

飼い主との絆をより深くしたいと思ってくれているのかもしれません。

自分の身を守るため・群れを守るため

群れの仲間と同じ行動をすることで身を守るとされています。自分だけ勝手に違う行動をしてしまったせいで敵に見つかって攻撃を受けてしまうかもしれないですもんね。

自分が被害を受けるだけではなく、群れ全体に被害が及んでしまうことだってあるからです。

飼い主が喜んでくれるから

飼い主の行動を真似するのは、その行動を見て飼い主が喜んでくれるからです。

自分の行動を真似する愛犬の姿を見たら自然と笑顔になりますよね。あまりにも面白くて大爆笑してしまうことだってあります。そんな飼い主の姿が犬は大好きなんです。

褒められたから

たまたま同じタイミングで似た行動をしただけだったかもしれません。しかし、飼い主が褒めてくれたのです。

そういった経験が何度もあり、また褒められたくて飼い主の行動をよく観察しつつ、また同じタイミングで行動してみたのです。

まとめ

犬がよく真似をする人の行動について5つ解説しました。

✔飼い主が見た方を自分も見てみる
✔ドアノブに手をかける
✔伸びをする
✔トイレに行く
✔水を飲む

あなたが愛犬から真似されたことのある行動はいくつありますか?

なぜ飼い主の行動を真似することがあるのか、理由まで知ると不思議と納得できてしまいますよね。

ただ何となく真似をしているのではなく、意味があって真似するのだと思うと、愛犬の前での行動にも気をつけなければ…!と思うこともあるのではないでしょうか。

休日は昼過ぎまでベッドでダラダラ過ごしている…なんてところまで真似されてしまっては大変です。

【関連記事】

おすすめの記事