Yahoo! JAPAN

橋本祥平、杉江大志ら出演の舞台「デュラララ‼」~円首方足の章~ 8月に改めて上演が決定

SPICE

『舞台「デュラララ‼」~円首方足の章~』

2021年8月に『舞台「デュラララ‼」~円首方足の章~』が、東京・愛知・大阪にて上演することが発表された。

「デュラララ!!」は成田良悟作、ヤスダスズヒト絵による小説で、2004年に電撃文庫(KADOKAWA)より刊行。 13巻で第1部が完結した後にも第2シリーズ「デュラララ!!SH」やスピンオフなどが刊行されている。また、TVアニメシリーズは2010年より放送された第1期に加え、2015年には第2期「デュラララ!!×2」も製作され、全60話が放送。さらには、コミカライズやゲーム化もされ、大きくメディアミックスされたヒットタイトルだ。

これを原作とし、舞台化したのが『舞台「デュラララ‼」~円首方足の章~』。2020年春に上演を控える中、新型コロナウイルス感染症に対する措置として全公演が中止となった。だが、この度、改めて上演が決定した。

(C)成田良悟/KADOKAWA/舞台「デュラララ!!」製作委員会

今回、公演決定に併せて、キャスト、スタッフ、公演日程、会場、チケットスケジュール、あらすじ、キービジュアルも解禁となった。

演出は毛利亘宏(少年社中)、脚本は高木 登(鵺的)。キャストは、竜ヶ峰帝人役を橋本祥平、紀田正臣役を杉江大志、園原杏里役を福島雪菜、セルティ・ストゥルルソン役を佐野夏未、岸谷新羅役を安西慎太郎、門田京平役を君沢ユウキ、遊馬崎ウォーカー役を大谷 誠、狩沢絵理華役を田上真里奈、渡草三郎役を影山達也、矢霧波江役を夢月せら、矢霧誠二役を吉高志音、張間美香役を南 由樹、サイモン・ブレジネフ役を磯貝龍乎、平和島静雄役を伊万里 有、折原臨也役を猪野広樹が務める。また、セルティ・ストゥルルソン役で沢城みゆきが声の出演をする。

本公演タイトル副題の「円首方足(えんしゅほうそく)」という四字熟語が持つ意味は、ずばり“人間”。個性的なキャラクター達が織りなす人間ドラマはどのように描かれるのか、期待しよう。

なお、東京公演は、2021年8月1日(日)~7日(土)日本青年館ホール、愛知公演は8月13日(金)~15日(日)名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)大ホール、大阪公演は8月20日(金)~22日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演される。

【STORY】
都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、
幼馴染の紀田正臣(きだまさおみ)の誘いもあり地元を離れて池袋にある来良学園に入学してきた。
しかし池袋の街は帝人の想像以上の非日常だった。
標識をへし折り自動販売機をぶん投げる平和島静雄(へいわじましずお)や
情報屋の折原臨也(おりはらいざや)、
ダラーズや黄巾族と呼ばれるカラーギャング、
そして極めつけは漆黒のバイクを駆る“首なしライダー”!!
そして気が付いた時には、帝人も非日常の中心に吸い寄せられていくのであった……

【関連記事】

おすすめの記事