Yahoo! JAPAN

野田秀樹の代表作『THE BEE』が9年ぶりに日本上演決定 新キャストに阿部サダヲ、長澤まさみ、河内大和、川平慈英

SPICE

NODA・MAP番外公演『THE BEE』

2021年11月1日(月)~12月12日(日)東京芸術劇場シアターイーストにて、NODA・MAP番外公演『THE BEE』の上演が決定した。

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に触発された田秀樹が、筒井康隆の小説『毟りあい』を題材に、ロンドンで現地演劇人とワークショップを積み重ね、書き下ろした英語戯曲『THE BEE』。
初演は2006年のロンドン。2007年には東京で日本語版が初演され、本作はこれまでにNY、香港、エルサレム、パリなど10カ国14都市で上演、各地で称賛されてきた。野田の代表作にして最大の衝撃作『THE BEE』が、2021年秋、新キャストを迎えて新たに生まれ変わる。

新キャストに名を連ねるのは、阿部サダヲ長澤まさみ河内大和川平慈英 。そしてこれまで『THE BEE』全公演に出演してきた野田は、今回初めて演出に専念する。
9.11 に象徴される“報復=暴力の連鎖”は、いつの時代/如何なる国や地域でも絶えず蔓延り、繰り返され、今日も止む気配はない。そこに『THE BEE』が世界の観客から支持された理由がある。過剰なまでに観客の想像力を刺激する、緊張と興奮の詰まった新生『THE BEE』に期待が高まる。

<STORY>
家路を急ぐ平凡なサラリーマン[井戸]が我が家の前で遭遇したのは警察とマスコミの喧騒だった。 脱獄囚[小古呂]が井戸の妻子を人質にとり、 井戸宅に立てこもっていたのだ。 [井戸]は妻子を救出しようと、 どこか頼りない警察と共に行動を起こすが、 事態は思わぬ展開へ…。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ブルックリン・ベッカム&ニコラ・ペルツ、挙式は4月に決定 豪華な会場やゲストの詳細が明らかに

    Techinsight
  2. 名張の2人と1団体に厚労大臣表彰 社会福祉・ボランティア功労

    伊賀タウン情報YOU
  3. 『たかが世界の終わり』『ムーンナイト』ギャスパー・ウリエル、37歳で事故死

    海外ドラマNAVI
  4. 2021年12月22日オープン 近江牛畜産あさひ 千中店

    京都速報
  5. BiS、東名阪ツアー開幕! 新体制の強烈なインパクトを轟かせる

    Pop’n’Roll
  6. がんで舌左側を切除、再建した女性「舌からは毛、味覚は右側だけ」と告白も前向きに(米)

    Techinsight
  7. <出産入院から帰ったら>コンロ周りがギトギト、キッチン掃除をしなかった旦那にがっかり。でも……?

    ママスタセレクト
  8. 白石麻衣[イベントレポート]人生最大の賭けを明かす「この業界に入ったことです」映画『嘘喰い』ジャパンプレミアにて

    Pop’n’Roll
  9. ermhoi、アルバム『DREAM LAND』のリリースツアーにNTsKi、小林うてな率いる「鬼の右腕」の出演が決定

    SPICE
  10. 見た目はクールだけど実はとっても甘えん坊。ママの帰宅に甘えん坊の顔になっちゃうハスキー犬が可愛い♡

    PECO