Yahoo! JAPAN

発電量は従来の5倍 ノルウェー企業が開発した洋上風力発電「Wind Catching Systems」に集まる期待

ELEMINIST

日本でも新たな主力の発電手段と注目度が高い洋上風力発電。ノルウェーのメーカー「Wind Catching Systems」が先日発表した新たな風力発電システムは、従来の価格を大幅に引き下げ、発電界に革命を起こす可能性があると注目を浴びているのだ。

利便性・発電量ともにアップ 発電界に革命を起こしうる期待の星「Wind Catching Systems]

ノルウェーの洋上風力発電メーカー「Wind Catching Systems」が、次世代の風力発電機が発表した。スケールすれば風力発電の価格が下がり、主流電力として躍り出るかもしれない。

高さ約1000ftを誇る同製品には、たくさんの小さな風力原動機がついている。従来の風力発電に比べ、約5倍もの電力生産が可能だ。というのも、通常は故障を防ぐため風速11〜12mph以上の場合は電力の生成を停止するところ、「Wind Catching Systems」は風速25〜27mphまで対応ができる。

よって同じ受風面積でも2.5倍発電できる。さらには受風面積も従来の2倍のため、全体で年間約5倍もの電力を生み出せるというロジックだ。1台で大体8万世帯分の電力に匹敵する。

また風力原動機を小さなものにすることで、導入やメンテナンスに特殊な巨大クレーンを使う必要がなくなることもメリットだ。手入れが簡単になるため、従来の風力発電機が寿命30年のところ「Wind Catching Systems」は計算上50年もつとされている。

同社はノルウェーの洋上風力発電サプライヤーである「aibel」や「 Institute for Energy Technology」と共同でこの技術を開発。すでに複数投資会社から出資を受けている。

課題はコスト 日本でも注目される洋上風力発電

海に囲まれた日本でも、脱炭素化のための重要な資源として洋上風力発電が注目されている。つい先日も秋田の八峰・能代沖が、洋上風力発電整備を優先的に進める「促進区域」に今秋指定すると関係者間で合意された。

昨年2月に行われた官民協議会では、2021年から2030年までに年間100万kW(計1000万kW)、2040年までに3000~4500万kWの洋上風力導入を目標に掲げている。産業界は、コスト目標を「2030~2035年までに1kWhあたり8~9円」に設定している。

しかし、課題はまだ多く残る。2012年に福島県沖に導入された洋上風力発電は、昨年採算性を理由に全撤去になったのも記憶に新しい。

「Wind Catching Systems」は計算上すでに既存の電力コストと同等、またはそれより安価であるとされている。今後実証実験や実際に導入しそれが証明された際は、一気に世界の電力のグリーン化が進むことだろう。

参照サイト/Wind Catching Systems
https://windcatching.com/

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ユニクロ】一枚でカンタン垢抜け!サラッと着られる「最旬ブラウス」着用レビュー

    ウレぴあ総研
  2. 田村升吾、永田聖⼀朗らが出演 アナ伝vol.2『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』開幕

    SPICE
  3. 「コストコ」マジック!? 「損したくない」という人ほど損している理由とは【尾藤克之のオススメ】

    J-CAST会社ウォッチ
  4. 「支援者やサポーターって、結構周りにいるものなんですよ」作家・原田マハさんインタビュー

    毎日が発見ネット
  5. 藤巻亮太 “らしい”出来栄えの新曲「まほろば」に込めた誠実なメッセージ

    SPICE
  6. 【タイドラマ】日本限定!『2gether the series』“ブライト&ウィン”のオンラインファンミ開催、チケット発売開始

    ウレぴあ総研
  7. 新しくなった「パソコン版Googleドライブ」の使い方を徹底解説

    価格.comマガジン
  8. 小田原市 プレミアム付商品券 紙・デジタル2本立て 発行額7億6千万円〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  9. 猫好きさん注目!雑貨店のねこいっぱいクラフト展「ねこおおめ」

    ひろしまリード
  10. 多機能になったがデザインがイマイチ?アラジンの最新トースターをレビュー

    特選街web