Yahoo! JAPAN

バスケB3ビートレインズ 選手ら 支援に感謝込め シンコーハイウェイサービス 訪問〈八王子市〉

タウンニュース

亀崎さん、大城選手、レイリーズのメンバーと交流した同社の社員

プロバスケットボールB3の2021-22シーズンが先月閉幕し、スポンサー企業等へのあいさつ回りを実施している東京八王子ビートレインズ。6月22日には、(株)シンコーハイウェイサービス(新町)を選手やスタッフらが訪問した。

当日訪れたのは大城侑朔選手、今季で現役を引退した亀崎光博さん、クラブ専属チアリーダー「レイリーズ」のキャプテンENA(エナ)、HIME(ヒメ)。同社の森田勝之専務や社員と歓談し、クラブからはユニホームやタオルなど記念品が贈られた。

試合結果をいつもチェックするという森田専務は「上位との対戦で勝つなど、勢いに乗ったら強いチーム。来季も活躍を期待している」と激励。ENAは「レイリーズは今季5周年を迎え、新しい衣装など多くの支援をいただきありがとうございました」と感謝を表した。クラブ一同、「さらに上を目指して頑張るので、これからもご支援をお願いします」と来季の飛躍を誓った。

4年前、同クラブがB2昇格を決めた入れ替え戦では、社をあげて横浜アリーナに駆けつけたという同社。森田専務は「あのときは本当にワクワクした」と応援の喜びをかみしめ、「コロナが収束し、また一緒に応援して盛り上げれたら」と思いを語った。

【関連記事】

おすすめの記事