Yahoo! JAPAN

大阪南港の『陸っぱりライトゲーム』近況 戻ったメバルとチヌに熱視線

TSURINEWS

大阪南港で釣ったメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

3~4月上旬にかけて、大阪南港には春が訪れた。海水温を見てみると、14℃前後と魚が動き出す温度になる。特に満月回りは反応がよかった。春の釣行をレポートしたい。

満月回り釣行レポート

大阪南港、3月27日~4月7日にかけて、3回釣行をした。満月回りで、夜に光量が多い日だ。天候にも恵まれ、そして私が大敵とする風もほとんどなく、快適に釣りができた。

場所は大阪南港で、定点観測的に釣るために、同じ場所で3回、ほとんど同じ時間帯に釣りをした。反応がいい日も、3時間で見切った。水色(すいしょく)でいえば真反対であるクリアな泉南周りでアジも見たかったので、自分がいつでも来られる南港はショートカット気味にチェックした。

それでもかなり手応えのある釣行となった。

メバルが戻ってきた!

何よりの朗報はメバルが戻ってきたことである。この1月、2月は本当にほとんどメバルが壊滅的だった。水温が例年と比べ低かったせいもあるが、シーズナルパターンとしてメバルは12月の産卵後は活性が落ちる。でも南港はそんなの関係なく毎年釣れていたので、私は個体数減などを、結構心配していたのだ。

最大27cmまで出た(提供:TSURINEWSライター井上海生)

満月回りのパターンは、明確だった。ソリッドの巻きだ。とはいえいつもクリア系の巻きから入り、レンジキープ、そしてその後で釣れなければハーフソリッドくらいの順番で釣っていく私の手数としては、かなり後の方にくるパターンで、初日は少し理解が遅かった。

しかしその後は典型的にカタにはめて釣ることができた。ソリッド巻き、そしてメタルにも食った。そして場がスレきってからは、クリア系のワームでまた同じ数を追加できた。

クリア系ワームで追釣(提供:TSURINEWSライター井上海生)

考えるに満月回りのソリッド巻きパターンということは、もっともシルエットがくっきり出るものを、横追尾して食ってくるということなので、メバルの活性は高いのだろう。ベイトフィッシュパターン、ヒイカパターンかもしれない。だが密度の問題か、メバルだけでツ抜けすることはできなかった。カサゴ、チヌを入れて10尾超えを達成できた日はあった。

チヌが狙って釣れる気配も

この満月回りの南港では、チヌが動いていた。実は3月上旬からちょこちょこライトブリームが「開幕していれば」という気で探っていたのだが、私にとって本式の釣り方ではなかなか食ってこなかった。2inchのバスワーム、そしてバス用フックの流用ではダメ。

それでも非常に低水温期でも何尾かアジングの最中にチヌが釣れていたので、私にとってライトブリーム元年となった去年と同等かそれ以上は釣りたいなと思っていたところ、満月回りの日没後、そして新月回りには、自分のパターンで夕刻のチヌが出た。これは盛期(5~8月)には相当期待が持てる。

2inch級ワームで釣れたチヌ!(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジだけが不在の大阪南港

春アジだけが不在だ。アジングアングラーに聞くと釣れる日もある、それもかなりデカいというのだが、私の釣り方ではしとめきれない。春アジは産卵後にはまったく食わなくなってしまう上、産卵期も入る場所が決まりきる。見つけられなかったら、今年はおしまいだ。

大阪南港の今後の展望

暖かくなって、釣り場にもアングラーの姿が増えた。シーバスアングラー、ウキ師に訊いてみると、「まだまだやね」という声が多い。そのとおり。1~5月というのは、釣り人にとって我慢の季節である。ショアではほとんどすべての釣り物の活性が壊滅的に低いのだ。

しかしそんな時期も終わりにさしかかりつつある。実は泉南まで出かけても春アジにふられたのだが、私はまだあきらめていない。気配があれば春青物を、また6月の初夏の回遊大アジや待ちたい。

なんでかカ二も釣れました(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post大阪南港の『陸っぱりライトゲーム』近況 戻ったメバルとチヌに熱視線first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【池田市】古民家で楽しむ台湾茶や絶品の飲茶。「時光舎」のおいしいひと時

    PrettyOnline
  2. 芳醇な香りのエシレ バターを贅沢に使用!極上のレモンバターペースト新発売

    TABIZINE
  3. ヘアピン収納どうしてる?100均グッズを活用した整理アイデア3選

    PrettyOnline
  4. 「沖縄旅行でヘリをチャーターしたら、操縦席にまさかの人物が座っていた」(都道府県不明・30代女性)

    Jタウンネット
  5. これからもみんなを大好きな気持ちをたくさん伝えたい!「いそべかりんのぽかぽかおたんじょう日和」イベントレポート

    WebNewtype
  6. こだわりがスゴイ…「進化系和菓子」が楽しめる大阪・北浜の専門店

    anna(アンナ)
  7. 26時のマスカレイド[<江嶋綾恵梨生誕祭&FC3周年記念祭>密着レポート]かけがえのない仲間とエモーショナルな空間を作り上げたメモリアルライブ「ニジマスのいいところを凝縮したセトリにさせていただきました」

    Pop’n’Roll
  8. 猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由

    ねこちゃんホンポ
  9. TOTALFATが事実上現体制初となる全国ワンマンツアー開催

    SPICE
  10. 犬が『寝心地がいいと思っている』飼い主の体の部位3選

    わんちゃんホンポ