Yahoo! JAPAN

犬を連れて行ってはいけない『NGな場所』の共通点3選

わんちゃんホンポ

NG場所の共通点①混雑している

犬を連れていく際に、十分に気をつけてほしいのが『人混み』です。人が多く、混雑する場所では犬にまつわる様々なトラブルが起こりやすいとされています。犬を連れていくことが想定される人混みというと、お祭りや初詣の神社、ショッピングモールなどが考えられます。お祭りや神社などは、屋外と言うこともあり散歩気分で犬を一緒に連れていく人も少なくありません。

しかし、混雑した場所では足元すらよく見えないような状況にもなるため、体高の低い犬は知らず知らずのうちに踏まれたり蹴られたりしてしまうことがあります。また、蹴られたりぶつかったりしたことに驚いて、犬が吠えたり、人の足や荷物を噛んでしまったりするということも…。

そのような人混みでは、遊びに来ている人もその場に犬がいるとは思っていない人も多いと思います。そのため、足元に注意を払っていないこともあり、トラブルが起こりやすいので十分に気をつけなければなりません。

また、人が好きな犬の場合はたくさんの人がいることで、テンションが上がってしまう場合もあるでしょう。歩いている人に近づいたり、ふいに飛びついたりして相手を驚かせてしまうということもあります。人混みの中には、犬が苦手な人がいるということもしっかりと理解しておきましょう。

NG場所の共通点②大きな音がする

犬は聴覚が優れており、大きな音や聞きなれない音に対して恐怖心や不安を感じることがあります。

そのため、花火や太鼓など、大きな音がすることがわかっている場所には、あまり連れて行かない方がいいと思います。

強いストレスがかかったり、恐怖心からパニックを起こして脱走してしまったりする可能性があるので、犬の音に対する反応については十分配慮してあげてください。

また、花火のような大音量ではなくても、ショッピングモールや人が大勢いる場所ではガヤガヤとした騒がしさが続いています。

その音に対して犬が緊張してストレスを感じることもありますし、飼い主さんの声や呼びかけが届かず思わぬ行動を起こしてしまうこともあります。

音に敏感になっていると、気が立って吠え続けてしまったり、周囲の人に対して攻撃的になったりすることもあるので気をつけなければなりません。

NG場所の共通点③トラウマがある

これは、犬によってそれぞれ異なるものですが、トラウマを抱えている場所については十分な配慮をしながら連れていかなければなりません。犬が非常に強い恐怖や不安を感じたことがある場所には、できれば連れていきたくないと考える飼い主さんも多いでしょう。

しかし、それが動物病院やトリミングサロンなど、健康管理をする上で連れていかなければならない場所であれば、完全に避けることはできません。

そのような場所については、「連れて行かない」という選択も「強引に連れていく」という選択も、どちらもおすすめできません。嫌がっているところ以外の病院やトリミングサロンであれば問題ないということであれば、そこに行くのがベストだと思います。

しかし、何らかの事情で怖がっている場所に連れていかなければならないときは、少しずつ慣らしていく必要があります。本当に用事があるとき以外でも、散歩のついでにその近くを歩くようにしたり、建物の前まで行って特別においしいおやつを食べさせて帰ってきたり、とその場所にいいイメージをつけるようにしていきましょう。

これはとても時間のかかることではありますが、強引に連れていくとどんどんトラウマが強くなってしまうため、少しずつ段階を踏んで近づくことができるように慣らしてあげてください。

まとめ

犬と一緒にお出かけをすることはとても楽しいですし、「犬連れOK」となっている施設も増えてきています。

しかし、人間が遊ぶための場所では、人混みや大きな音によって犬にストレスがかかる可能性があるということをしっかりと理解しておきましょう。犬の性格や過去の経験などを考慮して、連れていく場所を考えることが大切です。

また、犬が苦手に感じている場所に連れていく必要があるときには、恐怖心が軽減するために時間と手間をかけて少しずつ慣らしてあげることをおすすめします。

【関連記事】

おすすめの記事