Yahoo! JAPAN

猫の『顔』で性別を見分ける5つの方法

ねこちゃんホンポ

1.鼻の大きさ

顔で猫の性別を見分けるには、まず鼻の大きさを見てみましょう。一般的にオスの方が鼻が大きいです。メスは小さくなる傾向があります。

目の間の幅と比べると、よく分かります。目の間の幅に対して鼻が大きめなのがオス、小さめなのがメスです。観察してみてください。

去勢手術をしないと男性ホルモンの影響を受け、どっしりとしたオスらしい顔になります。筆者宅のオス猫の顔を見ましたが、子猫のころに手術をしているせいか、鼻はそれほど大きくありませんでした。去勢手術をいつ行ったかによって、顔つきは変わります。

ですからまだ成長しきっていない段階で手術をした猫の場合は、必ずしも鼻が大きいとは限らないようです。

2.ウィスカーパッド

ウィスカーパッドとは、ひげが生えている元の部分。ぷにっとしたそのフォルムに、コアなファンもいるようです。ここがぷっくりと張っているとオス猫の可能性が高まります。

逆に、スッキリとしているのがメス猫です。口元ががっしりしているのがオス、華奢な印象ならメス、と見分けられます。

3.頰のはり

分かりやすい見分け方として頰のはりがあります。オス猫はバーンと両頰が張り、顔が大きく見えるようになるのです。ただこの頰のはりは去勢手術により少し落ち着く場合があります。

張った頰は触るとしこりを感じる場合も。これは腫瘍ではなく、ホルモンの影響です。病気ではないので心配はいりません。

4.目の大きさ

猫は顔に対して目が大きい特徴があります。ただオス猫は顔が大きくなる分、メス猫よりも目が小さく見えるでしょう。ですからメス猫の方がより童顔になる傾向があります。

子猫のうちに去勢手術をしている場合は、はっきりとは分からないかもしれません。筆者宅のオス猫はもう成猫ですが、顔が子猫のようだといわれることがあります。個体差もあるでしょう。

5.ヒゲの長さ

猫はオスもメスも立派なひげを持っています。ですが比べてみると、オス猫の方が長いひげを持っているようです。これは分かりやすい見分け方になります。

ぜひ見分ける際のポイントとして使ってみてください。愛猫にオスもメスもいるなら、見比べてみると楽しいでしょう。意外な違いを発見できるかもしれません。

まとめ

今日のねこちゃんより:しじみ♂ / 1歳 / ノルウェージャンフォレストキャット / 4.7kg

顔で猫の性別を見分ける方法、ぜひ活用してみてください。当たるようになったら楽しめそうです。ただ顔だけで性別を見分けるのはプロでも難しい場合があります。

ですから当たらないからといって落ち込む必要はありません。それだけ個体差があるということなのです。

【関連記事】

おすすめの記事