Yahoo! JAPAN

マッチングアプリで出会った63歳男性と交際中の23歳女性 「お金目当て?」の声に反論(米)

Techinsight

マッチングアプリで出会い交際中の40歳差カップル(画像は『The King & Queen of Blackjack 2022年4月17日付TikTok「Soulmates till the day we die」』のスクリーンショット)

マッチングアプリで出会い、交際をスタートしたアメリカ在住のあるカップルは、年の差が40歳もある。2人は豪華なパーティーや5つ星レストランでの食事、旅行などを楽しんでいる様子をTikTokで公開しているが、「お金目当ての交際」「彼は援助しているだけ」などのコメントが届くようになったという。それに対し23歳の女性は「年齢差は気にしていないし、お金のために交際しているわけではない」と反論、さらに『New York Post』『The Mirror』などのメディアが取り上げたことで注目を集めている。

米ノースカロライナ州出身でモデル兼女優のウィロー・サイラスさん(Willow Silas、23)は昨年12月、マッチングアプリ「Tinder」でデイヴィッド・シモニーニさん(David Simonini、63)と出会った。

最初はお互いのプロフィールが偽物だと思っていたウィローさんとデイヴィッドさんだが、今年2月に初めてのデートで対面した2人はすぐに恋に落ちたという。

ウィローさんはデイヴィッドさんとの交際についてこう語っている。

「Tinderで出会った相手とデートしたのは彼が初めてで、その日は面接があったので夜遅くに簡単な夕食を一緒にとりました。私たちはすぐに打ち解けて、会って1時間も経たないうちに恋に落ちました。彼とはまるで鏡のように気持ちが通じ合っているので、同じものを食べていることもあるし、特に何もしていない時でさえ笑って楽しく過ごせるんです。これまでの経験やフィーリングも似ているし、共通の趣味もたくさんあります。私たちにとって年齢は単なる数字に過ぎません。」

「これまでも年上の男性と交際したことがあります。40代の男性とは2年ほど交際していて、彼のことを好きになりすぎて怖くなってしまって…それで私から連絡を断ちました。でもそれで良かったんです。おかげでデイヴィッドに出会うことができましたから。40代の彼はいつも口先だけでしたが、デイヴィッドはどんな約束も守ってくれます。それにいつも私のことを気にしてくれて、何の不自由もなく快適に過ごせるようにしてくれます。それは私にとって本当に大きなことです。今の私に必要なものは安定や安心ですから。」

40歳の年の差がある2人だが、デイヴィットさんもまたウィローさんに夢中だといい、彼女が望むことに対しては決してノーとは言わないそうだ。

ウィローさんが「マグロが食べたい」と言えばマグロ釣りに連れて行ったり、最近では彼女を喜ばせるために1台2000万円以上のメルセデス・ベンツをプレゼントしたという。

そんな2人は将来、共に家庭を築きたいと考えており、すでに子供を持つことについても話し合っているとのことだ。

「私の両親はデイヴィッドがどんなに優しいか、どれだけ私を幸せにしてくれているか知っていて、私のことを大切にしてくれる彼のことを気に入っています。友人たちの多くも私たちの交際を喜んでくれています。でも中には彼が私のシュガーダディだと信じている人もいて、私がお金のために交際していると思っているみたいですね。」

そのように明かしたウィローさんだが、パーティーや5つ星レストランでの食事、旅行などを楽しむ様子をTikTokに公開している2人のもとには「どうせシュガーダディでしょ」「彼と一緒にいるのはお金のため」など見知らぬ人から批判的なコメントが届くこともあるそうだ。ちなみに「シュガーダディ」とは、金銭的・物質的な支援を提供して若い女性と交際する中年のお金持ちの男性のこと指す。そんなコメントに対して、ウィローさんは次のように主張した。

「年齢差は気にしていないし、お金のために付き合っているわけでもありません。だから彼が私のシュガーダディだと思われても気にしていません。私はこういったコメントをする人たちのことは知らないし、もし知っていたとしても相手にするような人たちではありませんから。でもデイヴィッドは時々気にしていることがあるので、嬉しいコメントを寄せてくれる人々には感謝しています。」

なお2人の交際について、世間からは以下のような声があがっている。

「2人とも欲しいものを手に入れたので幸せ。2人が幸せなら他の人がどう思おうと関係ない。」
「彼がお金持ちでなかったらこのロマンスは生まれなかっただろう。」
「お互いに欲しいものが手に入る関係ならいいのでは。」
「これは真実の愛だ。彼は若さを愛して彼女は金を愛している。」
「彼はある程度のお金を残しておくべき。病気になった時に彼女はそばにいないかも知れないからね。」

画像は『The King & Queen of Blackjack 2022年4月17日付TikTok「Soulmates till the day we die」、2022年4月3日付TikTok「Like Beyoncé said.. drunk in love」、2022年4月4日付TikTok「Yes this is us on a Wednesday night yes we did go to Coco Bongo」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

【関連記事】

おすすめの記事