Yahoo! JAPAN

古川雄大、“言葉で愛し、言葉で争う” 日本初上演のマーティン・クリンプ脚色版『シラノ・ド・ベルジュラック』ビジュアルが解禁

SPICE

舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』

2022年2月に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールにて上演される、舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』。このたび、主演・古川雄大のビジュアルが解禁となった。

『シラノ・ド・ベルジュラック』は17世紀フランスに実在した詩人にして、剣豪で、勇気のあるシラノを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。大きな鼻のコンプレックスに悩みながらも、一人の女性を慕い続けた壮麗で高潔無比で自由な精神を持つシラノの永遠の愛の物語は、1897年に初演されて以来、世界各地で上演が繰り返され、たくさんの人を魅了してきた。そして、2019年秋~2020年までロンドンのプレイハウス・シアターでジェイミー・ロイドの演出によって上演された際に、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされ、前代未聞の全く新しい『シラノ・ド・ベルジュラック』が誕生。ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞し、世界中から絶賛されたこのマーティン・クリンプ脚色版の傑作がついに日本初上演となる。

このたび公開された主役“シラノ・ド・ベルジュラック”のビジュアルは、レースや刺繡が施された衣装を身にまとった古典的なイメージのあるシラノとは打って変わって、飾らない服装でとてもスタイリッシュなシラノ。演出の谷曰くこの作品は“言葉で戦う演劇”。言葉で愛し、言葉で争う、現代的な『シラノ・ド・ベルジュラック』のイメージが搔き立てられる今回のビジュアル。前代未聞の『シラノ・ド・ベルジュラック』に期待したい。

【関連記事】

おすすめの記事