Yahoo! JAPAN

かわいくておいしい。口福の犬型ショートケーキ/パリジェンヌ洋菓子店の「ポチ」

オズモール

◆かわいくておいしい。口福の犬型ショートケーキ/パリジェンヌ洋菓子店の「ポチ」

オズモール


画像/ポチ1個350円
OZmagazine TRIPで好評連載中の「さて、おやつにしますか」は、文筆家・甲斐みのりさんが教える、旅の目的になるおやつの話。第15回目は東京都・小金井市にある「パリジェンヌ洋菓子店」で生まれた愛らしいショートケーキ「ポチ」をご紹介します。

オズモール


困った表情がチャームポイント、“ポチ”という名のショートケーキ
洋菓子店やパン店で好きなものを選んでいいと言われると、たいてい動物をかたどったケーキやパンを指さしていた。どうやら幼い頃から、“食べる”ことと“愛でる”ことをひと揃いで考えていたようで、今でも目で見て楽しめる食べものが大好きだ。まず視覚で“かわいい”とか“美しい”と感じると、その感覚はそのまま“おいしい”という味覚へとスライドし、うっとりするような口福に包まれる。
 
ショートケーキをアレンジして、スポンジの層に刻んだイチゴと軽やかなクリームを合わせた“ポチ”という名の犬形のケーキは、まさに私にとって“かわいい”と“おいしい”を満たす口福のシンボル。電車に乗って武蔵小金井駅までケーキを買いに出かけ、お店の方に話を伺うと、ポチは何十年も前から作り続けており、以前は“タマ”という名の猫形も存在していたそう。動物好きながら、食べものを扱う仕事なので犬や猫と暮らすことができず、代わりに甘いケーキで動物への愛情表現をしていると聞いて納得。店主の“作る”と“愛でる”がつながって、かわいくておいしいケーキが生み出されているのだ。

取材・文/甲斐みのり 撮影/鍵岡龍門

【関連記事】

おすすめの記事