Yahoo! JAPAN

『ロッドスタンド』を簡単DIY 「シーリング剤」の入れ物が大活躍?

TSURINEWS

自作したロッドスタンド(提供:WEBライター・池下洋平)

釣行時にあると便利なロッドスタンド。今回は、クーラーボックスに装着するロッドスタンドの自作方法を紹介。

あると便利なロッドスタンド

ルアーチェンジや、魚を締める時など、ちょっとロッドを置きたいシチュエーションは意外と多い。特に、ロッドやリールに置き傷を付けたくないアングラーにとってロッドスタンドは、「必須アイテム」と言えるかもしれない。

既製品のタックルボックス+ロッドスタンド(提供:WEBライター・池下洋平)

各メーカーからたくさんのロッドスタンドが発売されているが、いわば「ただの筒」を買ってまでは…、とお考えの方もいるのではないだろうか?

筆者も「様々な筒がロッドスタンドに見える時期」を経て、最適な材料に辿り着いたのでDIY大好きな皆様と共有したい。

廃材でロッドスタンドを自作

ロッドスタンドを自作しようとして真っ先に思い浮かぶのが「塩ビ管」だが、意外とちょうど良い径のものが無い点、さらに重い点、そして底が抜けている点、などの欠点が目に付く。

筆者が辿り着いた最適な材料は「シーリング剤」の入れ物だった。

シリコンシーリングの入れ物(提供:WEBライター・池下洋平)

ほどよい直径に加え、薄くて加工も簡単、底も抜けていないのでDIYにピッタリ。

一番の問題は「入手方法」だ。建材関係・水廻り関係・内装関係の仕事をされている方が知り合いにいれば、比較的簡単に手に入る。

内径はおよそ48mm(提供:WEBライター・池下洋平)

材料と作り方

材料は「シリコンの廃材」のみ。

道具は、穴あけドリル(今回はインパクトドライバーを使用)。

道具はドリルだけ(提供:WEBライター・池下洋平)

作り方の手順

1. シリコンのラベルを剥がす

2. 底面に水抜き用の穴をたくさん空ける

3. 側面に2~3箇所、固定ネジ用の小さな下穴を空ける

4. 3の反対面に同じ穴を空け、更にその穴をネジ頭とドライバーが通るように拡張する

水抜き用の穴をあけておく(提供:WEBライター・池下洋平)

100均アイテムで見た目も美しく

100均のデコレーションシート(カーボン調のシール)を貼れば、味気なかった白い筒がかっこよく仕上がりモチベーションアップ!

100均アイテムで自分好みに(提供:WEBライター・池下洋平)

自作ロッドスタンドの使用例

作ったロッドスタンドは、穴をあけても抵抗の無い安価なクーラーボックスや、SUP等で使えるバスケットの内側角に設置している。

クーラーに両面テープとネジで直付け(提供:WEBライター・池下洋平)

釣行中にちょっとロッドを置きたい時に重宝している。

バスケットにはタイラップで固定(提供:WEBライター・池下洋平)

市販品との使い分け

今回紹介した「シリコンの空(から)」は、筆者がこれまで出会った中ではロッドスタンドに最適の材料だが、やはり市販品にはロッドが回らないようにリールフット用の溝があるなど、とても考えられた点が多くある。

自作か既製品か、用途や状況に応じて上手に使い分けていただきたい。

多用途に使える(提供:WEBライター・池下洋平)

<池下洋平/TSURINEWS・WEBライター>

The post『ロッドスタンド』を簡単DIY 「シーリング剤」の入れ物が大活躍?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事