Yahoo! JAPAN

【これ読める?】「鯵」参加する魚でなんと読む?【魚漢字クイズ】

ソトコトオンライン

sotokoto online

「鯵」なんて読む?

ヒント①:生食でも揚げても美味しい
ヒント②:漁獲量日本一は長崎県

写真提供:写真AC

答え:あじ

答えは「あじ」でした!鯵はほかにも「鰺」と書くことも。鯵はアジ科アジ亜科に属する魚の総称です。日本ではその中のひとつであるマアジを指すことが多いのだそう。“ゼイゴ”とも呼ばれる稜鱗があり、頭部後方から尾鰭まである側線に沿って並んでいるのが特徴です。スーパーなどに1年中並んでいますが、旬は産卵前の初夏~夏頃。鯵のたたきや焼き魚、煮付けなどさまざまな料理に使用されています。

アジフライの聖地「長崎県松浦市」

長崎県松浦市はアジフライの聖地として知られています。長崎県松浦市は鯵の漁獲量日本一。以前は鮮度の高い鯵の刺身を中心に提供してきたそうですが、刺身に使用できるほどの鮮度の高い鯵を揚げてみてはどうだろうか?という市長の提案により2019年4月27日にアジフライの聖地、松浦プロジェクトが始まったのだそう。

店主のこだわりによるさまざまな鯵フライ

松浦市で味わえる鯵フライは店ごとによってさまざま。獲れたての鮮度の高い鯵をすぐに捌き、パン粉をつけて揚げた鯵フライや、粉付けまでして凍らせたワンフローズン製の鯵フライ、新鮮な鯵を一晩寝かせてうま味を浸透させてから揚げた鯵フライなど店主によってさまざまな調理方法で作られているのだそう。また鯵フライにつけるソースもタルタルや醤油、ウスターなど各店で違うのだとか。何度訪れても飽きない鯵フライが揃っているのも松浦市の魅力のひとつ。

アジフライの聖地。寿司割烹あじ彩。松浦あじフライ&ちょい刺身定食。1450円。このちょい刺身が凄く新鮮で厚く美味しかった。アジフライの聖地巡業は続く・・・ pic.twitter.com/FiLB4YuzkU

— Dolomiti(ドロミテ)@日日是好日 (@cafe_flyfisher) October 30 2019

今回は、鯵をご紹介しました。 松浦市では魚へんに参と書くことから、毎月第3(参)金曜日(フライデー)にアジフライデーとして松浦市内の学校給食にアジフライが出るのだそうですよ!

【関連記事】

おすすめの記事