Yahoo! JAPAN

【グラコロ潰し】ロッテリアが「えびグラタンバーガー」でマックを煽る / 月見戦争の第2ラウンド開戦か?

ロケットニュース24

2023年、秋──。複数の大手バーガーチェーン店による「月見戦争」が勃発したことは記憶に新しい。マクドナルド、モスバーガー、そしてロッテリア。その他にも多くの店がご自慢の月見バーガーで火花を散らした。

その余韻がまだ残る中、どうやら今度は「グラコロ戦争」の気配が漂っているようだ。なんとロッテリアがマクドナルドよりも2週間ほど早く『えびグラタンバーガー』を発売していたのである。これは “グラコロ潰し” と考えて差し支えあるまい……。

・グラコロの季節

冬のマクドナルド言えば、ご存じ「グラコロ」である。1993年に登場して以来、毎年冬の訪れを感じさせてくれるグラタンコロッケバーガーは、もはや冬の風物詩と呼んでも過言ではない。グラコロ以上に冬を感じるハンバーガーは他にないだろう。

そのグラコロは2023年11月29日(水)から、全国のマクドナルドで発売される。今年もグラコロの季節がやって来たか……と思ったのも束の間、なんとその約2週間前にロッテリアが『えびグラタンバーガー』の発売を開始していたのだ。

・奇襲攻撃

2023年11月16日(木)からロッテリアにて発売されているのは『えびグラタンバーガー』と『絶品海老グラタンバーガー』の2商品。いずれも2024年1月中旬までの販売を予定しているとのことである。

さらに発表によると「寒い季節にぴったりな新商品が登場!」としており、これは完全にグラコロへの当てつけとしか思えない。まさにグラコロ戦争開戦の気配がプンプンと漂っているではないか。

というわけで、まずは先制パンチを放ったロッテリアで『えびグラタンバーガー』と『絶品海老グラタンバーガー』を食べてみることに。単品価格はそれぞれ490円と570円だ。

・食べてみた

まず『えびグラタンバーガー』は、絶品チーズバーガー風のバンズにえびグラタンコロッケ、デミグラスソース、レッドチェダーチーズ、キャベツがサンドされている。全体的にはふっくらとした印象だ。

お味の方はというと「ほぼグラコロ」と申し上げていいだろう。揚げたてサクサクのえびグラタンコロッケは食感も最高で、味に関しては特にマイナスポイントは見当たらなかった。うむ、グラコロである。

お次の『絶品海老グラタンバーガー』は、デミグラスソースがビスクソースになっているもよう。確かにえびの風味がグッと濃くなり、かなりえび感が強くなっている。またサクサク食感はこちらも最高であった。

今回が初登場ではあるものの、ロッテリアの『えびグラタンバーガー』は一定の水準を軽くクリアしている印象だ。またグラコロとは違い“えび感”を押し出しているのも特徴と言えるだろう。

消費者としては選択肢が増えて嬉しい限りであるが、果たして「グラコロ戦争」は他社にも飛び火するのか? 本家マクドナルドのグラコロは11月29日(水)から発売開始を予定している。

参考リンク:ロッテリア
執筆:P.K.サンジュン
Photo:Rocketnews24.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 北陸新幹線の白山総合車両所に隣接、「トレインパーク白山」3月13日グランドオープン!点検・設備の様子も見学できる鉄道ファン大注目スポット(石川県白山市)

    鉄道チャンネル
  2. 世界最大級のマシンピラティススタジオ『CLUB PILATES(クラブピラティス)』が、2024年2月22日(木)、福岡・六本松にNEW OPEN!

    muto
  3. <卑しいヒト>新1年生に「ランドセルのお下がりくれない?」クレクレのママ友対策は?

    ママスタセレクト
  4. 猫の日にチェックしたい!「ディズニー大人気ねこキャラ」Maison de FLEUR激かわコラボ♪

    ウレぴあ総研
  5. 【株式会社KADOKAWA】 『THE 仮面ライダー展 』ところざわサクラタウン会場オリジナル企画

    所沢なび
  6. 《2月22日は猫の日》キュートな"ねこねこチーズケーキ"が222円引きに。29日までの限定です。

    東京バーゲンマニア
  7. バスと電車と足で行くひろしま山日記 第71回 「幸福」の山/幸山・福山(岡山県総社市)

    ひろしまリード
  8. 【ヤバい切り干し大根】クセになるコリコリ食感!こんなキムチ食べたことないぞ

    BuzzFeed Japan
  9. 【ピザハット】マルゲリータが今だけ最大70%オフ。4日間限定のお得企画、太っ腹すぎん...?

    東京バーゲンマニア
  10. JA共済が農業に関する意識や実態を調査 Z世代の4人に1人が「農業をやってみたい」と回答

    おたくま経済新聞