Yahoo! JAPAN

【セリア】保存が楽!食べかけお菓子袋を密封するシーラーが便利すぎ

特選街web

特選街web

この記事では、日々の暮らしに役立つ100均グッズを実際に使用してレポートします。今回は、セリアの「簡単密封シーラー」をレビュー。はさんでスライドするだけで、お菓子の袋などを簡単に密封できるアイテムです。同商品の基本情報や、実際に使ってみた際の個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

ちょいズボラなおひとりさま女子。一人暮らし歴は10年を超え、プチプラ便利グッズの追及に磨きがかかってきた。恋人ができると必ず「100均デート」に連れていき、自分と価値観が合うかどうかを判定する。

食べかけの食品を救う画期的アイテム!

封を開けてしまったお菓子や調味料を保存する際、輪ゴムやクリップで留めているという人は多いはず。私もよく輪ゴムを使用しますが、きちんと密封できていないこともしばしば…。せっかくとっておいたスナック菓子が、いつの間にか湿っていた時の絶望感はなかなかのものです。そこで何か良いグッズはないか探していたところ、セリアで「簡単密封シーラー」を発見しました。ネット上でも「これさえあれば食べかけのポテチを安心して保管できる!」「食品保存グッズの革命児だ…」と大きな話題を集めていた同商品を、さっそくチェックしていきましょう。

ホチキスのような姿で扱いやすい

はさんでスライドすると袋が閉じる!?

一見ホチキスのようにも見える同商品。“パチン”と袋の口を留めるのかと思いきや、はさんでスライドすることで袋の密封状態を作ります。「はさむ」「スライドする」の2工程だけなら、小さなお子さんでも簡単に扱えそう。

コンパクトサイズなので邪魔にならない!

使用する前に、まずは単3形アルカリ乾電池を2本準備。電池を入れて、濃いグレー色の“安全カバー”を外してから使います。

電池2本を入れるだけで、食品保存に大活躍

カバーを外すと、小さな“発熱部”がお目見え。この部分と上蓋が合わさることで、対象物をくっつけるという仕組みです。発熱部を直接指で押してしまうと火傷の原因にもなるので、気をつけて使いましょう。

“発熱部”と上蓋で袋の口を閉じる仕組み

それでは食べかけのスナック菓子を使用して、「簡単密封シーラー」の使い方をチェック。まずは袋の端を押さえながら、対象の袋口をシーラーでサンドします。そのまま約3秒間押さえたら、次は上蓋を軽く押したままシールする方向へスライド。最後に袋を裏返し、“手で押さえていた部分”と“始めにシールした部分”がクロスするようにシーラーではさんでください。シーラーをスライドさせるときは、本体に引かれた“ガイドライン”に沿って動かすとまっすぐシールできますよ。

食べかけのスナック菓子もピタっと密封!

肝心の仕上がりはというと、本当に袋がピタっと密封されてびっくり。試しに袋を逆さまにしてみても、中身がこぼれてしまうこともありませんでした。これなら食べかけのお菓子をカバンに入れて持ち歩けます。

ちなみに材質がアルミ蒸着袋、ポリプロピレン、ポリエチレン、塩化ビニールで、厚みが0.1mmまでの袋であればどんなものでも密封可能。たとえば途中まで使った調味料の袋を留めても良いでしょう。袋の素材や厚みによって、スライドする速度と押す力は調整してくださいね。

食品保存グッズの革命児「簡単密封シーラー」

実際に「簡単密封シーラー」を使用した人からは、「食品保存が一気にラクになった!」「スライドするだけで袋を密封できるなんて魔法みたいだな」「こんなに便利なグッズが100均で手に入るなんて…」といった絶賛の声が続出。食べかけの食品をダメにしてしまいがちな方は、ぜひ同商品をチェックしてみてはいかがでしょうか?

◆文・撮影=片山鈴(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

【関連記事】

おすすめの記事