Yahoo! JAPAN

ママたちの撲滅運動発足!?この世から消えて欲しいもの10連発

たまひよONLINE

※写真はイメージです
※写真はイメージです


●12月20日は「シーラカンスの日」

絶滅したと言われていたシーラカンスが、1952年12月20日に捕獲されたことから、この日が「シーラカンスの日」となりました。
白亜紀の化石などからシーラカンスが発見されていることから、シーラカンスが生まれたのは人間が生まれる遥か昔、4億年前位だと言われています。そして、恐竜たちと一緒に姿を消したと思われていました。
その後、新種が発見されるなどもしましたが、今では1000匹ほどしかいないとされており、絶滅してしまうのではないかと危惧されています。
4億年前から、今も変わらぬ姿で泳ぎ、生きた化石とも呼ばれているシーラカンス。なぜ、現在まで生き残ることができたのでしょうか? それは、深海の環境が変わらなかった事にあると言われています。
シーラカンスは、深海の奥深くでじっと身をひそめ、生き続けていたのです。

この世から消えて欲しいもの10連発!


無事に生き残っていたシーラカンスですが、世の中には逆に消えて欲しいものもありますよね?
そこで、口コミサイト『ウィメンズパーク』のママたちの撲滅運動を一気に、どうぞ。

「戦争、災害、不正」
「性犯罪者、生活保護の不正受給者、カルト宗教」
ごもっとも! まじめなご意見に拍手~。(パチパチパチ)

「夫のイビキ(静かに寝てくれ!)、夫の体臭(ファブリーズ必須)、夫へのいろんな感情」
いろんな感情って…。どんな感情なのでしょうか? 察するところネガティブな感情と思われますが。ちょっと不憫ですね…。

「あの人、あの人、あの人。こんな気持ち、怖いですかね?」
人間関係でお悩みのようで…。

「PTAの役員、自治会の役員、子どもの部活の役員」
ご苦労様です。

「お中元、お歳暮、義理父母との同居という3つの風習。なくなれー、なくなれー、同居撲滅委員会一人で結成中です」
撲滅委員会、わたくしもぜひ賛同させていただきますっ!

「読書感想文、自由研究、絵日記。親の立場から見てもいらない。手伝えって言われてもわからんってなる。そして、最終日まで終わってないとイライラの種」

「クリスマス(サンタさんに1万のおもちゃ頼むな~!)、バレンタイン(友チョコ20個?痛い出費)、ハロウィン(この子、誰? 知らない家にまでピンポンしないで~!)」

「シミ、しわ、たるみ。はあ~。(ため息…)」
「全身ムダ毛、倦怠感(怠け病)、20時以降の食欲」

究極は、コレですよね(笑)。あなたは、どの撲滅運動に参加しますか?
(文・井上裕紀子)

■文中のコメントはすべて、『ウィメンズパーク』の投稿からの抜粋です。

【関連記事】

おすすめの記事