Yahoo! JAPAN

鶴見銀座にマスコット誕生 鶴小児童が制作〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

鶴見小の児童が作った鶴見銀座商店街(ベルロードつるみ)のマスコットキャラクター「にじベルくん」。虹のアーチを商店街シンボルの門に見立て、店員の笑顔、空から見守り幸せを運ぶといった意味を込めている

鶴見小学校3年4組の児童による鶴見銀座商店街(ベルロードつるみ)のオリジナルキャラクター「にじベルくん」が、このほど誕生した。すでに人形づくりなども始まっており、「活性化のために活用したい」と商店街関係者らは話す。

オリジナルキャラクターづくりは、総合学習の授業の一環として実施されたもの。これまでも同商店街の協力で、さまざまな学年が地域のことなどを学んできた。

今回、まちとの関わりから学ぶ内容を決める中、児童から「いつもお世話になってばかり。自分たちで力になれることがしたい」と声が上がり、インタビューを敢行。新型コロナウイルスの影響で売上が減っている現状などを知ったうえ、キャラクターづくりの要望もあったことから実現した。

魅力調査し集約

児童らは制作に向けて商店街の魅力などを調査。一人一案考え、話し合いながらアイデアを集約。4案に絞った。

「にじベルくん」は、最終4案から商店街会員の中でアンケートを実施して決定。ベルロードのシンボルである門を虹で表現し、愛称であるベルもあしらった。

児童たちは、「雲に乗ってまちを見守り幸せを運ぶ」「笑っている店員さんをイメージした笑顔」などとポイントを挙げている。

同商店街の副理事を務めるエスプランの塩田一善さんは「どのキャラクターも商店街が元気になる思いがこめられていて感動した」とコメント。完成した「にじベルくん」は、コロナ収束後のイベントなどで活用していくとし、「子どもたちが大きくなってもずっと使える。大事にしたい」と塩田さんは話した。

人形などにも活用

今後、児童は「にじベルくん」をいかし、商店街の魅力を紹介する動画作成、商店街内での放送などを展開していく予定。プラバンでキーホルダーも作成中で、商店街でもぬいぐるみ仕様のマスコット人形の制作が進んでいるという。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【後編:渡る育児は鬼きたる!?】ワンオペでワーママの苦悩「もっと輝ける場所がある」編 #最強ママ

    ママスタセレクト
  2. 見えてるのに迷った…… 「メガネの大宝堂 嘉島店を探せ!」なんてキャンペーンやってたから探してみた

    肥後ジャーナル
  3. 『優しい猫』の特徴3選!仕草や鳴き方に性格が表れているかも?

    ねこちゃんホンポ
  4. 絶品!『新玉ねぎ』を丸ごと使った炊き込みご飯とは?

    オリーブオイルをひとまわし
  5. “制服にスクール水着も!”花音うらら(20) 新写真集は「不思議なポーズいっぱい。私を描くときに使って❤️」

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  6. 「片付けなさい」はNG!ママが今よりラクになる「子どもが片づけるようになる」驚きの仕組み作りとは

    saita
  7. 狭い玄関でもスリムに収納!ごちゃつくレイングッズを取り出しやすくするアイテム

    anna(アンナ)
  8. 映画 名探偵コナン 10,709人に聞いた「意外な」主題歌アーティストランキング

    ランキングー!
  9. TVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第15話の先行カットが到着。魔神王が復活!

    WebNewtype
  10. 犬が食べても大丈夫な『果物』4選!栄養素からおすすめの与え方まで解説

    わんちゃんホンポ