Yahoo! JAPAN

ボート釣りで30cm超えアジ好捕 水深90mの深場をサビキ仕掛けで狙う

TSURINEWS

尺アジが半数を占めた(提供:TSURINEWSライター丸山明)

大阪湾では初夏とともに釣れ、播磨灘では夏から秋がシーズンとなるアジ釣り。ところが、2022年はすでに釣れ始めているとのこと。いつもより早い初物ですが、楽しみな群れがやって来ました。

播磨灘のアジ釣り

播磨灘のアジの多くは、南の海から来る回遊タイプです。明石海峡を越えて播磨灘に入り秋まで過ごし、また南に下りますが、早々に初物がやってきました。

それも、通常マルアジが多いですが、マアジとの混在型の群れで、尺サイズが混じる群れでした。同じマアジでもメクリと呼ばれる居つき型の黄色いのと違い、回遊タイプは黒っぽい魚体です。

マアジには尾びれの付け根上側に小離れビレが無い(提供:TSURINEWSライター丸山明)

マルアジはおいしくないという向きもあるようですが、播磨灘でたらふく食べて、たっぷりと脂がのるので、どちらも間違いないおいしさです。好物の鯵のたたきに、フライにムニエルと干物でおいしい肴ができる初物がやってきました。

水深80mのベタ底でアジを釣る

瀬戸内海の多くと同様に播磨灘も兵庫県条例で、船釣りのまきエサは禁止です。根に付くアジではなく、エサを探して一定の範囲を回遊してきますので、サビキハリ仕掛けで待ち伏せをする釣り方です。それも、中層ではなく、常に底層を泳いできます。魚探反応が賑やかになるどころか、魚探反応を捉えるより速く食ってきますので、今か今かと待ち構えです。

そして、仕掛けを潮の流れで浮かせたら釣れず、絶えず底取りのチェックが必要ですが、それさえすれば釣れるという楽な面もあります。

今回のポイントは、水深80mと結構深く、潮の速い明石海峡のすぐ西の流れが速い場所です。重いオモリで押さえるというのではなく40号で、潮切れの良い1.2号前後のPEラインの使用が有効です。

そして、仕掛けが斜めになったら、ラインを送り込むにも限度がありますので、一旦回収をして落とし直しが最良の方法です。80m水深ですから電動リールが嫌いな私でも、ここでは必須のタックルです。就餌のための遊泳層は、底層です。オモリがトントンと底に当たるタナが食ってくるタナで、これがキモです。

半信半疑の釣行へ

風の噂で「アジが釣れている」と聞きました。こういうのを真に受けるとがっかりが多いのですが、今回は大当たりです。聞いたらすぐにでも釣りたく、上げ潮の潮止まりが7時半で時合いが短そうですが、明石沖カンタマ南東の実績場に調査釣行です。

最初は、昨秋の水深50mのポイント。誰もいません。魚の気配が感じられず、真に受けて失敗気分で、さらに北上して行くと、ボートが何艇か釣っていて、その中の1艇がアジを上げているのが見えました。

ここだ。水深80~90mのポイントです。潮止まりまでの少ない時間を随分ロスしました。魚探反応は案の定なく、回遊を待つパターンです。それでもまだ半信半疑。アジは、遊泳層に気に入るサビキがあれば、確実に食ってきます。

尺級アジ登場

タナは底層、狙いどころです。と、信じながら底を取りながら誘いを入れていくと、ググングングンとアジのアタリです。食った。巻き上げ途中でそこそこの引きを見せ、口切れ注意で、電動リールのスピードをゆっくりと気長にテンション抜かずに巻きます。

固い部分にハリ掛かりの尺サイズ(提供:TSURINEWSライター丸山明)

引きを見せる時にドラグが滑るようにしながら初物を待ち受け、玉網に入ったのは、初手から嬉しい尺寸のマアジ。6月に珍しいほどでうれしい釣りが始まりました。次は、マルアジの34cmで、冷や冷やするくらい引き、アジ独特のアタリから引きを味わせてくれます。半信半疑の猜疑心は消え去りました。

マルアジ混じりで8匹

潮が7時半に止まるとアタリも遠のきましたが、再び下げ潮が動くと釣れ始めです。上げ潮ばかりでなく、下げ潮でも食って来ます。

ちょっと危ない唇にハリがかり(提供:TSURINEWSライター丸山明)

波気が強くなってきた9時に沖上がりにしましたが、退屈をさせないアタリが続き、フルソリッドロッドの穂先を突っ込んでくれました。

フルソリッドロッドがきれいに曲がる(提供:TSURINEWSライター丸山明)

マアジとマルアジが半々で8匹。半数が尺サイズで、45cm近い元気なサバが1匹入り、計9匹は楽しい調査釣行の短時間勝負でした。

釣果を伸ばしたポイント

タナは底層。ここで待ち構えるサビキ仕掛けは、地味系よりも派手系。フラッシュとかオーロラとかピカピカ光るようなタイプが良いようで、まきエサに同調させるのではなく、目立つようにして食わすからでしょう。

サビキ仕掛けは派手系のキラキラするものが良い(提供:TSURINEWSライター丸山明)

人の目では光を感じない80mの海底でも、魚の目は光を感じて食ってきます。ハリスは3号で十分。2号でもOKですが、パーマネントになりやすいので3号。ハリス切れの前に口切れが大部分なので、慎重なやり取りが必要です。

今後の展望

このまま秋まで過ごしてくれるならば、青物狙いとアジ狙いのダブルゲームが作れます。

引きは、青物の方が強くエキサイティングですが、アジ独特のアタリから引きのワクワク感は、全国共通のアジ釣りのおもしろさ、次回はいつにしましょうか。

<丸山明/TSURINEWSライター>

The postボート釣りで30cm超えアジ好捕 水深90mの深場をサビキ仕掛けで狙うfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事