Yahoo! JAPAN

周辺の別荘族も羨む、絶景のグランピングリゾート

LEXUS

周辺の別荘族も羨む、絶景のグランピングリゾート

素晴らしい眺望が楽しめることのほかに、いまの時代に対応したステイ体験を提供するのが、ここに紹介する「あさま空山望」だ。誰とも接することなくチェックインできること、愛犬と泊まれること、ワーケーションに対応することなど、新しいリゾート像を体現している。

煩わしい手続きは不要のチェックイン

爽やかな風が吹き抜けるテラスに立つと、青空をバックにどっしりと構えた、浅間山の威容に目を奪われる。上信越自動車道の碓氷軽井沢インターチェンジから約50分、北軽井沢に位置する「あさま空山望」はその名の通り、開けた空と浅間山を組み合わせた眺望が魅力の1棟貸しヴィラリゾート。グランピングが満喫できることはもちろん、全16棟、全ての部屋から浅間山を望むことができる。

総支配人の渡久地哲氏によれば、「浅間山がこれだけきれいに見えるロケーションはこの辺りでも貴重なので、付近の別荘族がわざわざ泊まりに来ることもあります」とのこと。

早速、施設内を案内していただく。このヴィラリゾートにはいくつかの特徴があるけれど、その中の一つに、誰とも接触しないでチェックインできる点がある。この“非接触型チェックイン”が導入されたいきさつを、渡久地氏はこう説明する。

「実は2020年の春にオープンする予定でしたが、コロナ禍で半年ほど遅れて、11月にプレオープン、そして2021年4月にグランドオープンの運びとなりました。プレオープンまでの期間に、この状況にふさわしいヴィラの在り方を考えたときに、非接触というアイデアが生まれました」

宿泊客には、部屋のキーの暗証番号などのデータがメールで送られ、決済もオンラインで行われる。したがって「あさま空山望」に到着したゲストは、誰とも接触することなく、部屋に入ることができる。夕食のバーベキューのためにスタッフが機材や食材を届けるのがほぼ唯一のコンタクトだ。新型コロナウイルスの問題とは別に、煩わしい手続きがないことから、このシステムは宿泊客に好評だという。

家族もペットも伸び伸びと過ごせる

ヴィラのタイプは、ポラリス(プレジデンシャルスイート)、シリウス(スーペリアスイート)、カシオペア(デラックススイート)の3種類。今回の取材と撮影を行ったのは、7棟が用意されるポラリスだ。

1棟貸しのヴィラというスタイルを採用した理由について、渡久地氏はこう説明する。

「三世代家族など、複数世帯のお客様にお越しいただきたいというのが当初のコンセプトでした。ほかのお客様の存在を気にせず、伸び伸びと滞在していただくイメージです。もう一つ、家族の一員といっても過言ではない愛犬を連れて来ていただくことも、1棟貸しにした目的の一つです」

ポラリスの場合は最大で8名が宿泊可能なので、三世代家族の旅行にはうってつけだろう。また、全棟で小型犬3頭までが宿泊可能で、ドッグランを備えるポラリスに限っては大型犬1頭も宿泊できる。訪れるゲストの8〜9割は犬連れだというから、ペットと泊まることができることが「あさま空山望」の魅力の一つであることは間違いない。

リゾート全体の監修は世界的ファッションデザイナー、JUNKO KOSHINO(コシノ ジュンコ)氏。シンプルでモダン、一見派手ではないけれど品のいいインテリアは、長時間滞在しても飽きのこない空間となっている。実際、Wi-Fiを完備していることもあり、ワーケーションの基地として、仕事をしながら長期滞在するゲストも少なくないとのことだ。

そうこうするうちに、スタッフが夕食のバーベキューの準備を始めた。このヴィラリゾートは、「食」にもこだわりと自信を持っているのだ。

おとぎの国のような幻想的な眺め

夏季(4〜10月)は、客室のテラスでバーベキューを楽しむことができる。A5ランクの松阪牛と、淡路島から取り寄せた新鮮な魚介、そして地場の野菜がメインで、冬季(11〜3月)は特選松阪牛のしゃぶしゃぶや淡路島の伊勢海老を使った海鮮鍋など、選りすぐりの食材を用いた鍋料理が供される。

取材当日は、松阪牛のほかに沖縄県産のあぐー豚、宮崎県産の地鶏、明石の鯛や淡路島のハモ、嬬恋キャベツや信州きのこが食卓を彩った。ワインの品ぞろえにも自信があるとのことで、スタッフにリクエストをすれば、料理とワインの極上のマリアージュを堪能できるという。

やがて日が暮れ、浅間山のシルエットが夜空に溶け込むのと入れ替わりに、今度は空に満点の星がきらめくようになる。各ヴィラの屋根は東京ドームと同じキャンバス素材でできており、昼間は柔らかな陽光が室内に差し込む。そして夜になると、各棟の部屋の明かりが屋根を通して外に漏れ出る。真っ暗な敷地内に、ふんわりとした光を放つヴィラが並ぶ眺めは、おとぎの国のように幻想的だ。

食後は、「Bang & Olufsen」のオーディオシステムを備えたホームシアターで映画を楽しむもよし、腹ごなしに敷地の中央にあるラウンジまで出向いて読書を楽しむもよし。このラウンジには、クルマ好きのオーナーの意向で、老舗自動車専門誌の『CAR GRAPHIC』が全巻そろえられている。クルマが好きな方が訪れたら、あっという間に時間が過ぎてしまうだろう。

周辺には鬼押しハイウェーや白糸の滝など、ドライブスポットも数多くあり、子ども連れなら観光農園や牧場でアクティビティを楽しむこともできる。前述したように部屋やラウンジも充実しているし、敷地内のスパやレストランも居心地がいいから、外に出ずにのんびりと浅間山を眺めて過ごすのもぜいたくだ。

渡久地氏によれば、「リピーターや連泊の方が多い」とのこと。多彩な楽しみ方ができるからこそ、何度訪れても、何日滞在しても、飽きるということがないのだろう。

■あさま空山望

群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-2577
https://www.kuzanbo.jp

チェックイン  15:00〜22:00
チェックアウト 12:00
全16棟
料金 5万7600円〜(税込。1棟2名宿泊食事なし)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. =LOVE、「ウィークエンドシトロン」発売記念SPライブ開催!誕生日前後の齋藤樹愛羅&山本杏奈が抱負語る

    Pop’n’Roll
  2. おいしすぎて忘れられない!遠くからでも何度も行きたくなる「食堂&喫茶店」(弟子屈町)

    北海道Likers
  3. 【大阪】アニマルカフェ5選!のんびりしたい冬のデートにもぴったり

    PrettyOnline
  4. 映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」新ティザービジュアル解禁&メインスタッフ発表!

    WebNewtype
  5. BULLET FOR MY VALENTINE/ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン:バンド史上最も凶暴なサウンドを誇るセルフ・タイトル作

    YOUNG GUITAR
  6. 犬が好きな『香り』4選!嫌いな香りもあるって本当?

    わんちゃんホンポ
  7. 猫のパターン別『鳴き声』から読み解く気持ち5つ

    ねこちゃんホンポ
  8. 【鬼滅の刃】結婚したら幸せにしてくれそうな男性キャラランキング…煉獄杏寿郎、竈門炭治郎、冨岡義勇らランクイン

    ランキングー!
  9. 【2021京都紅葉】洞窟もある穴場最強パワースポット『京のお伊勢さん』「日向大神宮」

    キョウトピ
  10. 伊勢海老より美味いと漁師が言う「足袋エビ」でいただく絶品パスタ 美食おじさんマッキー牧元の高知満腹日記

    高知県まとめサイト 高知家の○○