Yahoo! JAPAN

マドンナ、35歳年下ボクサーと破局 「交際は呆気なく終わった」と関係者

Techinsight

マドンナが35歳年下の恋人と破局したと報じられた。交際は1年余りしか続かなかったようだ(『Madonna Instagram「A Beautiful Souvenir」』より)

歌手マドンナ(65)が、恋人でヘビー級ボクサーのジョシュ・ポッパー(30)と破局したと報じられた。ある情報筋によると、マドンナとジョシュの関係は冷え切ってしまい、呆気なく終わったそうだ。2人は昨年2月にロマンスが浮上し、順調な交際を続けてきた。しかしマドンナがワールドツアーで多忙になり、ジョシュと会う時間を作れなくなったという。

【写真】昨年8月、ポルトガルで休暇を一緒に過ごしたマドンナとジョシュ・ポッパー

マドンナとジョシュ・ポッパーのロマンスが浮上したのは、2023年3月だった。

ジョシュは現役ボクサーとして活躍する傍ら、米ニューヨークのマンハッタンにあるボクシングジム「Bredwinners」のオーナー兼インストラクターを務めている。マドンナの養子の息子デヴィッド・バンダさん(18)がこのジムに通っており、ジョシュがトレーニングを担当していたことから、2人は出会ったという。

交際説が報じられた後、マドンナが自身のInstagramストーリーでジョシュとキスをする写真を披露し、恋人同士であることを認めた。

しかし、6月にはマドンナが細菌感染症を発症して入院し、翌月に開幕する予定だったワールドツアー『ザ・セレブレーション・ツアー』は延期となった。入院中、ジョシュはマドンナの子ども達とともに彼女を支えていた。

8月にはマドンナが65歳の誕生日を祝うため、子ども達や友人達とともにポルトガルの首都リスボンで休暇を過ごした。この時も、ジョシュがマドンナに同行していた。

その後マドンナは回復し、10月の英ロンドン公演を皮切りにツアーをスタート。ヨーロッパと北南米を回り、今年5月4日のリオデジャネイロ公演で幕を下ろした。ツアーのステージでは、ジョシュがマドンナと一緒に登場する場面もあった。

英メディア『The Sun』が現地時間24日に報じたところによると、約7か月間にわたり過酷なツアーを敢行したマドンナは、ジョシュと一緒にいる時間を作るのに苦労したそうだ。そのため2人はいつの間にか疎遠になり、ついに破局してしまったという。

ある関係者は同メディアの取材に応じ、「マドンナはここ数か月、ジョシュとほとんど会っていません。2人の交際は呆気なく終わってしまいました」と語ったが、「2人の間に悪い感情などはありません。彼らはお互いに好意を抱いたままです」と補足している。

この関係者によると、マドンナとジョシュの関係は冷めきっており、よりを戻す可能性はないそうだ。とはいえ、今後も友人であり続けるという。

今回の破局報道について、現在のところマドンナの広報担当者はコメントなどを発表していない。

画像は『Madonna Instagram「A Beautiful Souvenir」』『Josh Popper | Boxing Coach Instagram「Missing Portugal」「10’s all around @madonna」』より
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事