Yahoo! JAPAN

オートミールで作る!低糖質「シュトーレン」【季節のグルテンフリースイーツ #13】

macaroni

オートミールで作る!低糖質「シュトーレン」【季節のグルテンフリースイーツ #13】

発酵なしで簡単。グルテンフリーのシュトーレン

調理時間:45分
保存期間:常温で5日

オートミールや豆腐を使ってダイエット中でも楽しめるヘルシーシュトーレンを作ってみませんか?本場のシュトーレンは発酵させて作りますが、今回のレシピはベーキングパウダーを使うので、短時間で作れますよ。シュトーレン作り初めての方もぜひ挑戦してみてくださいね。

栄養価(1本分)

エネルギー…… 1396kcal
炭水化物…… 172.2g
糖質…… 164.5g

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

レシピのポイント

小麦粉ではなくオートミールを使ってヘルシーに

オートミールの魅力は栄養価の高さ。普段の食生活では不足しがちな食物繊維、鉄などが含まれています。食物繊維は糖の吸収のスピードを穏やかにしたり便秘を改善したりする働きがあるため、ダイエットや美容を気にする方にもおすすめの食材。オートミールはグルテンが含まれていると思われている方もいますが、「えん麦(オーツ麦)」で小麦ではないので、グルテンフリーになります。

特に今の時期はご馳走続きで普段よりも食べる量が増えたり、脂っこい食事を食べたりと、体重が増加しがち。腹持ちの良いオートミールを使用して食べ過ぎ防止を目指しましょう。(※12)

豆腐でカロリーオフ!

豆腐は高たんぱく質低脂肪ですが、お菓子に使うとコクのある味わいになります。豆腐を使うことで、油が少なくてもしっとりとした食感に仕上がりますよ。油は1gで9kcalとカロリーが高いので、なるべく量は控えたいもの。豆腐を使うことで油の量を最小限に抑えられます。(※3)

材料(作りやすい分量)

・米粉……90g
・絹豆腐……50g
・オートミール……30g
・アーモンドプードル……30g
・ドライフルーツ(レーズン・クランベリー)……40g
・ミックスナッツ……30g
・ベーキングパウダー……小さじ1/2杯
・砂糖……大さじ1杯
・粉糖……20g
・ラム酒……大さじ1杯
・米油……大さじ2杯
・溶かしバター……10g

オートミールはクイックオーツ(細かいタイプ)を使用してください。米油はサラダ油や太白ごま油で代用できます。ラム酒はなくても作れますが、風味付けに入れるのがおすすめ。ブランデーなどほかの洋酒で代用できますよ。お好みでシナモンパウダーを小さじ1杯程度入れてもおいしいです。

下ごしらえ

・オーブンを180度に予熱する

作り方

1. 耐熱容器にドライフルーツ、ラム酒を入れて加熱する

耐熱容器にドライフルーツ、ラム酒を入れて600wの電子レンジで30秒加熱します。

2. ポリ袋に粉類を入れて空気を入れて振る

ポリ袋に米粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーを入れて空気を含ませてねじって振ります。粉を均等に混ぜることできます。ポリ袋がない場合は、ボウルに入れて泡立て器で混ぜてもOKです。

3. ボウルに豆腐、オートミール、油を入れて混ぜる

ボウルに絹豆腐、オートミール、米油を入れて泡立て器で豆腐がペースト状になるように混ぜます。

4. ドライフルーツを入れて混ぜる

1のドライフルーツをラム酒ごと入れて混ぜます。

5. 粉類を加えて混ぜる

2の粉類を加えて粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜ、ひとまとめにします。

7. 成形してオーブンで焼く

クッキングシートのうえで生地を楕円形に伸ばし、2つ折りにしてシュトーレンの形にします。2つ折りにした際は、下がやや長くなるようにするのがポイント。予熱した180度のオーブンで25〜30分ほど焼きます。

8. 溶かしバターを塗って粉糖をまぶす

焼き上がったシュトーレンが温かいうちに溶かしバターを塗って粉糖をまんべんなくまぶします。ポリ袋に粉糖を入れてバターを塗ったシュトーレンを入れて振ると全体に粉糖をまぶすことができますよ。

本場風に薄く切って少しずつ楽しんで!

オートミールや豆腐を使ってカロリーオフのグルテンフリーシュトーレン。ただし、食べ過ぎは禁物なので、本場のシュトーレン同様に薄く切って召し上がってくださいね。ドライフルーツの甘みしっかり感じられるので、薄く切っても満足感のある味です。

湿気が多いと痛みやすいので、日陰の涼しい場所で保管してください。

【参考文献】

(2021/11/29参照)

グルテンフリーのスイーツレシピはこちら▼

【関連記事】

おすすめの記事