Yahoo! JAPAN

上原さくら、義母に教わったレシピに挑戦「見た目こそだいたい同じでしたが...」

アメーバニュース

上原さくら、義母に教わったレシピに挑戦「見た目こそだいたい同じでしたが...」

タレントの上原さくらが28日に自身のアメブロを更新。義母から教わったレシピに挑戦したことを報告した。

この日、上原は「先日お義母さんが作って下さった手羽元の酸っぱ煮がとても美味しかったので、レシピを教えて頂きました!」と説明し、「早速私も作ってみます」と調理に着手したことを説明。「沢山作って半分は冷凍しておこうと思って」と鍋いっぱいの手羽元の写真を公開するも、「でももしこの量を失敗しちゃったらどうしよう」「私、煮物のセンスがないからなぁ...」と不安ものぞかせた。

続けて「いつもの通りアルミホイルで落とし蓋をしようとしてハッとしました」「お酢って酸だからアルミホイルの落とし蓋をしたら、アルミの成分が溶け出しちゃうんじゃなかったっけ!?」と気づきクッキングシートで代用しようとしたところ、「両端から手羽元が完全に出てますね」とシートが足りないというハプニングにも見舞われたことを説明。

また「もともと全体が浸かるように煮汁は多めにしてありますが、出ちゃってる部分は味ムラが出来そうです」と予想していたが、続けて公開したブログでは「良い感じに出来たみたい」「あとは1度冷まして味を染み込ませて完成」と写真とともに報告した。

一方で、味については「見た目こそだいたい同じでしたが...やっぱりお義母さんが作ったものが美味しいです」と説明し、「お料理は私の母にも夫のお義母さんにも敵いません」「年季が違いますね」とコメント。夫は「美味しいよ~!」と感想を述べていたとするも、「最近食べたばかりなのだから私は分かる。お義母さんの煮物の方がずーーーっと美味しい」とつづった。

これらの投稿に読者からは「美味しそう」「お料理凄く頑張っていますね!」「煮物は難しいですよね」「御母様きっと喜んでいますね」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事