Yahoo! JAPAN

イタリア・ヴェネト州の至宝「パスクア」。日本上陸40周年記念パーティーを開催

ワイン王国

イタリア・ヴェネト州の至宝「パスクア」。日本上陸40周年記念パーティーを開催

イタリア・ヴェネト州ヴェローナを代表する生産者「パスクア」。今年で日本上陸40周年となるのを記念し、6月6日に東京・西麻布の「リストランテ アルポルト」でメーカーズランチを開催した。

photographs and text by Atsushi TOGAMI

オーナーシェフの片岡護氏(左から2人目)と、来日したチェチリア・パスクアさん(右)

1925年に創業、ほぼ1世紀という歴史を誇る「パスクア」は、プライベートカンパニー(家族経営の造り手)としての生産量はイタリア屈指。テーブルワインからDOCGまで幅広いラインナップを有し、世界70カ国に輸出しているヴェローナを代表する生産者である。

パスクアのワインが、国分グループ本社株式会社との提携によって日本に初めて輸出されたのは1983年のこと。今年で40周年の節目を迎えるのにあたり、チェチリア・パスクアさんが来日。6月6日にメーカーズランチが催された。

乾杯に先立っての挨拶でパスクアさんは「昨年私たちの革新的な取り組みが高く評価され、米国のワイン専門誌『WINE ENTHUSIAST』の「WINE STAR AWARDS」にて、 “INNOVATOR OF THE YEAR"に選ばれました。イタリアのワイナリーとして受賞できたことを嬉しく思います」と報告。伝統的なヴェローナ・ワインを継承しながらも、常に好奇心を持ち大胆な試みにチャレンジする革新的なワイナリーであることを強調した。

続いて日本イタリア料理界の巨匠・片岡護氏が「前菜4種に、パスタとメイン。デザートは盛り合わせで出させていただきます。5本のパスクアのワインとともに楽しんでもらえる構成となっているはずですよ」と述べた。

パスクア家の3代目の一員。CEOのリカルド氏などとともに、新商品の開発に携わっている

料理の合間にはパスクアさんが合わせるワインの説明を行った。特に革新的な造りを行っている部分には力が入る。例えば、2本目に登場した『ヘイ・フレンチ ビアンコ・ヴェネト』。

「特徴的なのはイタリアでは珍しいマルチヴィンテージで造っているところです。こちらは直近10年で最良とされる2013年、2015年、2016年、2017年の四つのヴィンテージをブレンドしているんですよ」。その結果、複雑かつ長期熟成のポテンシャルをもったワインとなり、多くのワイン愛好家を魅了している。

実は『HEY FRENCH:YOU COULD HAVE MADE THIS BUTYOU DIDN’T』が、正式名称。訳すと、「フランス人よ。君たちは造れただろうけど、やらなかったよね」となり、ウイットにも富んでいるのだ。

『ヘイ・フレンチ ビアンコ・ヴェネト』に合わせたのは、「ニンジンのムース 生ウニとコンソメゼリー」。酸味の効いた料理を、ワインのふくよかさが包んで味わいが昇華
11分間限定のスキンコンタクトゆえ、淡く上品なバラ色を呈す『11ミニッツ ロゼ トレヴェネツィエ』。「ホワイトアスパラガス 白バターソースと生ハム」とは、味はもちろん色味でも重なる
お待ちかねのパスタは、トマトソースにジェノベーゼを加える“ベッペ風”で登場。パルミジャーノでなく、 淡白な味わいのリコッタチーズが添えられている

宴もたけなわとなったところで、パスクアさんが「40年はあくまで節目。今後も皆さんにお力添えをいただき、長く続けるのはもちろん、より発展させていきたいです」と締め括った。

パスクアが造るアイテムは、今回供された5本以外に、スーパーや量販店でリーズナブルに購入できるテーブルワインなども多数。どれもコストパフォーマンスに秀でているので、試してみてはいかがだろう。

本日供されたワイン。左から『ファミリアパスクア プロセッコ ブリュット Romeo&Juliet』『ヘイ・フレンチ ビアンコ・ヴェネト』『11ミニッツ ロゼ トレヴェネツィエ』『ファミリア・パスクア パッシメント ロッソ』。右端の『マイ・ディーレ・マイ“フィアー・ノー・ダーク”カベルネ・ソーヴィニヨン』は、日本未発売(バイオーダーで限定受注)

※パスクアのラインナップなど詳しい情報は以下から

[パスクア の通販 - ROJI日本橋オンライン]

ワインの問い合わせ先:国分グループ本社㈱ TEL.03-3276-4125

おすすめの記事

新着記事

  1. 中高生の皆さん!最新の設備と知見で科学体験してみよう 関学の神戸三田キャンパスで「ひらめき⭐︎ときめきサイエンス2024」開講 三田市

    Kiss PRESS
  2. 三宮で『市長・教育長と子どもたちとの意見交換会』が開催されるみたい。参加無料

    神戸ジャーナル
  3. 【熱海土石流から3年】3年経った今も避難生活を続ける世帯も。現地の状況、生活再建の実態は?原因究明に関する新たな可能性とは⁉

    アットエス
  4. 災害時に生き抜くためのスキルを学ぶ! 兵庫県立甲山森林公園で「サバイバルマスター1DAYチャレンジ(ナイフ編)」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  5. 霜降り・粗品VS芸人36人「粗品ゲーム」で真夜中に激突 “チーム奇人”のナダルに同情の声も

    Techinsight
  6. 浜田ブリトニー、不正出血が止まらず婦人科を受診した結果「激痛のあまり貧血状態になってしまい」

    Ameba News
  7. 絵師必見!ミツハニーが教えてくれたデフォルメイラストの可愛さテクニックに「素晴らしい発見」

    にじめん
  8. 柴犬軍団が散歩中に『他の犬を発見』した結果…想像の斜め上をいく『圧』が97万再生を突破「柴ハラスメント」「柴圧かけられたいw」と爆笑

    わんちゃんホンポ
  9. お盆期間は1時間早くオープン!楽しい企画が満載♪ AQUARIUM×ART átoa(アトア)で夏季限定「体験プログラム」開催中 神戸市

    Kiss PRESS
  10. <まさかの大逆転>子育てが終わった後に夫婦一緒にいる意味って何?いろんな人の意見を聞いた結果

    ママスタセレクト