Yahoo! JAPAN

あつあつ焼きいも食べ比べ "アイストッピング"…ブランド芋も味わえる恵庭の専門店

SASARU

9月も、もうそろそろ終わりに近づき寒い時期が近づいてきましたね。そんな寒い秋に恋しくなる食べ物と言えば「焼き芋」じゃないでしょうか。
今回は恵庭にある、この時期美味しい焼き芋の専門店「imoimo」さんに取材に行ってきましたよ〜。

imoimoとは

2020年1月1日にOPENした恵庭では珍しい焼き芋の専門店。文教大学すぐ近くの住宅地にてキッチンカーでの営業をしています。
店主さんが「色々チャレンジしてみよう!」と思った時に焼き芋好きが功を奏して焼き芋屋を始めたとか。

移動販売しないキッチンカー

キッチンカーでの販売の為、移動販売予定があるのかを聞いてみると「イベント等がない限り基本は移動販売の予定はない」とのこと。
店舗型ではなくキッチンカーで始めたのも「今後いつか復興支援など、自分が役に立てる時があればすぐに行けるようにキッチンカーでの営業を始めました」と店主さん。

由仁・栗山町のブランド芋

こちらのお店では基本北海道産のさつまいもを使用しています。それだけでも美味しいのは間違いない...のですが、なんと秋頃から恵庭市のすぐ近く由仁町・栗山町で採れる「由栗いも(ゆっくりいも))」というブランド芋を使っているとの事。
去年も由栗いもを使用しており人気が高かった為、なんとこのお店の為に収穫量を今年は5倍にしたという秘話も!

店主さんも「由栗いもの認知がより広がるよう活動しています」とお話されていました。
今年は、来月頃から由栗いもを使用した焼き芋が販売されるそうですよ〜。

石焼きではなくオーブンで。

焼き芋屋といえば「石焼きいも〜」と移動販売でよく耳にしますよね。こちらのお店は石焼きではなくオーブンで焼き芋を焼いています。
店主さんが色々試した結果オーブンの方が自分の求めていた焼き芋になったとの事でオーブンにしているとの事。「焼き芋といえば石焼き」という想像がありましたが...奥が深い...。

さつまいもの種類は8種類程度

秋頃から8種類くらいの中から厳選して1日3種類程度の販売を行うそうです。その中には由栗いもは勿論の事、割ると中身が紫色のパープルスイート、かぼちゃのような黄色のハロウィンスイートなども提供していく予定との事。
その日によって種類が違うので何度行っても色々な焼き芋が楽しめるのもポイントですね〜。

焼き芋、食べ比べてみた。

3種類の焼き芋の食べ比べのセットがimoimoでは提供されています。焼き芋専門店ならではですね〜! その時々によって内容は変わりますが、筆者が行った時は左からねっとり系の安納芋、しっとり系の紅はるか、ホクホク系の紅あずまでした。
さつまいもも、種類によって食感や甘みなどが全然違うので自分はどのタイプが好きか食べ比べてみるのもおすすめです。

自分の好きな焼き芋が見つかるかも...! 皆さんはどのタイプがお好きですか?
※おまかせ食べくらべセット 1000円(税込 )。

こちらのお店の大人気はコレ

札幌からもこのメニューを求めてくる人も多いという「焼き芋アイス」。熟成した焼き芋を使用した見た目もかわいいスイーツで、プラスチックカップに入った小サイズとまるごと一本使った贅沢な大サイズの2種類。
熱々の焼き芋と、冷たいアイスのコラボがたまりませんね...!こちらもその時期によってさつまいもの種類も違うとの事で何度でも食べたくなっちゃいますね〜。

※焼き芋アイス【小】 400円(税込 )、焼き芋アイス【大】 600円(税込 )

特に焼き芋の熱々のところにアイスが溶けかかったこの状態、たまりませんね...!

imoimo
住所:Instagram・ホームページにてご確認ください。
営業時間:午前10時〜午後5時
定休日:月曜日、不定休
電話番号:非公開
駐車場:店横2台
Instagram:@imo_imo.official
公式HP:https://imo-imo.org

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. エイベックス・エンタテインメント、ガールズアイドル発掘オーディション開催決定!

    Pop’n’Roll
  2. 【今すぐ助けるからね!】倒れたぬいぐるみを起こしたい犬の『ゆるゆる救出劇』が、かわいすぎ♡

    PECO
  3. アリアナさくら、<ATSUSHI NAKASHIMA SUPRING SUMMER2022>日本人史上最年少トップバッターでランウェイ登場!

    Pop’n’Roll
  4. 【ジョイントマットの敷き方】自宅の文房具で簡単DIY!真冬でも床が温かくて快適

    特選街web
  5. ANZEN漫才・あらぽんの妻、看護師の対応に感激「泣いてしまうところだった」

    Ameba News
  6. 電車とバスと足で行くひろしま山日記 第5回 経小屋山(廿日市市)

    ひろしまリード
  7. やしろ優、出産前に整理した部屋を公開「好きな物ばっか置いてらんねー」

    Ameba News
  8. キャンプへ行きたがるのに後片付けをしようとしない夫。我慢の限界が近づくママにできることとは?

    ママスタセレクト
  9. エジプト神話などの海外の神様も日本の空に現れるって本当?【空の奇跡を写す はじめての神写】

    ラブすぽ
  10. 100均おもちゃを「大人のままごとおもちゃ」に 本気遊びで変貌

    おたくま経済新聞