Yahoo! JAPAN

夏目三久『バンキシャ!』で古市憲寿の祝福に大ウケ、有吉と結婚の余波で桝アナはギスギスした船出を回避

Techinsight

夏目三久に「すごいニヤニヤされてますね」と言われた古市憲寿氏

お笑い芸人・有吉弘行(46)と4月1日に結婚したフリーアナウンサー・夏目三久(36)が4日、キャスターを務めるニュース番組『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)で祝福された。夏目はリモート出演したゲストの社会学者・古市憲寿氏を「なんかすごいニヤニヤしてますね」とけん制して関係性をうかがわせたが、4月から新キャスターを務める桝太一アナウンサーはそんな2人の応酬に内心ハラハラしていたようだ。

2002年10月に同番組がスタートしてから長年メインキャスターを務めてきたフリーアナウンサーの福澤朗(2005年6月まで日本テレビアナウンサー)が3月をもって卒業した。新生『バンキシャ!』のキャスターを務める桝太一アナにとって初めての放送は、冒頭から夏目三久の結婚を祝福するめでたい船出となった。しかしゲストコメンテーターとして紹介された古市憲寿氏はリモートで「だいぶ朗らかなスタジオですね。福澤さんがいなくなったせいか、夏目さんにおめでたいことがあったせいか、すごくいい雰囲気ですね」と独特なトゲのある感想を口にした。

桝アナが古市氏のコメントに「まちがいなく後者の方だと思います」と慌てて返したところ、夏目がフォローするかのように「なんか古市さんもすごいニヤニヤされてますね」と投げかけた。それを受けて古市氏は「なんか本当によかったなと思って」と夏目三久と有吉弘行の結婚を祝福したところ、夏目は「全然心が…」と満面の笑みで大ウケ。「本音です」と言われても「いやいや、今の顔は全然心がこもっていなかったですから」と古市氏を皮肉りつつ「(でも)ありがとうございます」と頭を下げるのだった。

この日は夜7時からバラエティ特番『日テレ系人気番組 春のコラボSP!』が放送され、そのなかで『バンキシャ!』におけるキャスター・福澤朗とコメンテーター・古市憲寿氏の“確執”をピックアップした。それは2019年4月に発表された新紙幣のデザインを見て古市氏が「すごくダサいと思う。勝手に決められた感じで不服です」とコメントしたことから始まったエピソードだ。そのコメントに対して福澤が「いつまでも反抗期ですね。古市さん、しばらく会いたくないです」と渋い顔をしたところ、それ以降はしばらく古市氏の出演がなくネット上で「古市憲寿『バンキシャ!』出禁」の噂が立った。その後も古市氏が期間をおいて出演すると「僕も福澤さん苦手なんで、しばらく会わなくていいかなと思っていた」と毒を吐き、福澤が「そうですか、進行の流れにそぐわない言動がちょっとカチンとくることもあるし、今度お会いするのは来年になるかも」という応酬を繰り返して、火花を散らしていたのだ。

『日テレ系人気番組 春のコラボSP!』に出演した桝太一アナは、収録時すでに『バンキシャ!』の新キャスターに決まっていたので「こんなギスギスした番組に、これから僕は行くんですか?」と不安を隠せなかった。そんな気持ちで迎えた4月4日の『バンキシャ!』デビューでよりによってゲストが古市氏とあって、桝アナはナーバスになっていたところ夏目三久の結婚という朗報に救われた感がある。かつてクイズバラエティ番組『超問クイズ!真実か?ウソか?』(2019年9月終了)で有吉弘行とレギュラーを務めた桝アナ。このたび『バンキシャ!』で改めて結婚を報告した夏目三久に「有吉さんは本当にやさしくてシャイで口数が少ない方ですけど、皆が幸せになるようなことをさりげなくする方だと思っていて、やっぱりそんな方ですか」と問いかけて、「ふふ…そうですね」と夏目を和ませたことで「私も仕事で出会いましたので、誠実に仕事に向き合ったり、仲間を大事にする。そんなところに惹かれたのかなと思います」という有意義なコメントを引き出せた。

ちなみに古市憲寿氏は『バンキシャ!』の終盤で、夏目三久に有吉弘行とどのように「呼び合う」のかを聞き出そうとするも笑顔でスルーされてしまった。古市氏のTwitterには視聴者から「私も聞きたかったな『なんて呼びあってますか?』」、「答えてはもらえなかったけど、聞いてくれてありがとうございます」と反響があり、「おめでたいですね! オープニングの夏目さんへのトーク見逃しませんでしたよ 桝さんがまたフレッシュな感じでよき雰囲気です!」という声も見受けられた。

画像2枚目は『真相報道バンキシャ! 2021年3月31日付Twitter「4月から新生バンキシャ!始まります!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事