Yahoo! JAPAN

3時間の陸っぱりサバゲームで120尾 曇りは「チャートカラー」が鉄板?

TSURINEWS

メタルジグにサバがダブルヒット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

今回は光量不足の早朝に、どれだけメタルジグが効くか確かめてきた。抜群だったのは、チャート(蓄光)カラーのジグ。曇天でも釣果を上げるために、チャートカラーは必須だ。

曇天早朝の南港でサバゲ―

9月26日の早朝に釣行。この日は中潮回りで、午前8時くらいが潮の上げきり。そこそこ動くかなと思っていた潮だが、大阪南港の釣り場に到着してみると、水面がならならとした感じで、あまり魚の気配がない。もしかしたらちょっと渋いかもな、と思った。

しかも天気予報通り、空は曇天。下の写真のように雲が多い。

雲に覆われた空と暗い海(提供:TSURINEWSライター井上海生)

つまり、海中に光量不足の状態だ。くわえて潮があまり動かないので、これまで抜群によかったサバの反応が鈍る可能性がある。だが、こういう状況を見据えて、今回は試したいメタルジグのカラーも持ってきた。

バイブレショーンでまず一尾

もしかしたら、という気持ちでワインド→バイブレーションでタチウオを探る。無。ただサバがバイブレーションに食ってきた。明確なベイトフィッシュパターンというわけだ。

サバがバイブにバイト(提供:TSURINEWSライター井上海生)

だが、やはり日の出の時間を過ぎても、なかなかジグに食ってこない。バイトが出ない。もしかしたらこの時間はバイブレーションのような波動の大きいものをただ巻きで見せてやった方がいいかもしれないと思いながら、やはり15gクラスのメタルジグを投げ続けた。

群れているが食いが渋い

ジグサビキを装着。少しずつサバが食いだした。型は25cmアベレージ。

ケイムラ(蛍光紫)のジグと、ラメ入りのワームをつけたジグサビキに食ってくるので、やはり海中の光量というか、海中の光に反射するもの、がキーになっているのは確かだ。しかし、先日来の入れ食い状態からすると、明らかに反応が薄い。

空は暗い。薄曇り、ひどい状態だとほとんど全面的に空が雲に閉ざされる。光量不足を補うために、ここで蓄光するルアー、チャートカラーのメタルジグ10gを持ち出してきた。

最終兵器チャートカラー

睨み通り。チャートカラーでサバがバンバンとジグに食ってくるようになった。群れの密度が薄かったり、プレッシャーがかかった状態ではこういうソリッド系のカラーは見切られやすいのだが、幸い早朝で回遊の魚影は濃いため、入れ食い状態に持っていけた。

チャートカラーで曇天の状況打開(提供:TSURINEWSライター井上海生)

最大は、メタルに2尾、そしてジグサビキに2尾の、4連掛け。さすがに4つ掛けると、なかなか引いた。メタルでサバゲーム、本当に面白い。アタリがあると何尾釣れてもやめられない。

最大4連掛け(提供:TSURINEWSライター井上海生)

光量不足にアピール系カラー

次第にケイムラのジグも効きだした。日が高くなってきたので、やはり光量がキーだったということだろう。最終的には、出先こそ渋りはしたが、3時間で120尾程度釣って終了。

デイメタルゲーム、光量がないと難しいのは確かだ。しかし少なくとも、今回、ある程度の曇天までは、そこに群れさえいればチャートカラーで口を開けさせられることが実証できた。これは大きな学びになった。

次はもっと難しい条件、たとえば長潮の雨の日などで試してみようかと、探究心が湧く。

余談

ところで、みなさんも手元に、もう使えないレベルに塗装が剥げてしまったメタルジグをお持ちではないだろうか?いわば、本命の魚、一発勝負には使えないジグだ。そういうジグを、蛍光塗料にドブ漬けにするのも、チャートカラーのメタルジグ自作に、いいかもしれない。

私もメタルやルアーの塗装の剥げなどは結構気にするほうなので、今度、不器用な自分のような手でもできるルアーのカラーの再生を試してみたい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post3時間の陸っぱりサバゲームで120尾 曇りは「チャートカラー」が鉄板?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事