Yahoo! JAPAN

海の生き物たちが勢ぞろい!うみがたりにサンドアート

上越妙高タウン情報

直江津海岸の砂を使ったサンドアートの展示が、上越市立水族博物館うみがたりで、8月1日から始まります。これは直江津地区全体で開かれる「なおえつうみまちアート」にあわせたもので、現在、生き物をモチーフにした作品づくりが進められています。

サンドアートは、うみがたりのエントランス前で制作されています。手掛けるのはサンドアーティストの保坂俊彦さんです。保坂さんはサンドアートの世界大会で優勝経験があり、現在は、宮城県東松山市を拠点に国内外で活躍しています。

うみがたりでの作品は、直江津海岸の砂およそ10立方メートルを使い、バンドウイルカやマゼランペンギン、コブダイなど、うみがたりでおなじみの生き物を作ります。

制作はおとといから始まり、現在7割ほどができました。高さは2.4メートルになります。

保坂さんは「事前にうみがたりのスタッフと打ち合わせをして、何を作りたいかイメージを話し合った。完成図はないが、メインがイルカとペンギンで、その周りにいろいろな生き物を。アドリブで造っている」と話していました。

保坂さんは、自ら撮影したうみがたりの生き物の写真を見ながら、ペインティングナイフやコテなどで、手早く掘り進めていきます。直江津の砂はきめが細かい反面、乾燥しやすく造形が難しいといいます。

サンドアートはうみまちアートと同じ期間、8月1日から9月26日まで展示されます。その後は取り壊され、直江津海岸に砂を戻すという事です。

保坂さんは「サンドアートは、工房などにこもって造るのではなく人前でオープンに造る。砂集めや土台作りなど、地元の人たちとつながりながら造るのが魅力。サンドアートを見たことがない人も多いと思うが、少し工夫すると彫刻ができたり、遊びの幅が広がることに注目してほしい」と話しています。

作品は30日に完成し、31日に披露される予定です。このほかうみがたりでは、廃材で作った海の生き物の作品も展示する予定です。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. てっちゃん|行列の出来る豚骨らーめんをバリカタ・キクラゲ増で食べてみた【熊谷市石原】

    We Love群馬
  2. 昭和レトロな「小春カフェ」でひんやり美味しいクリームぜんざいを食べてきました!

    広島のタウン情報webマガジン ペコマガ
  3. 愛犬が『落ち着かない』!そんなときに試したい3つのこと

    わんちゃんホンポ
  4. 実は父親も有名人でビックリな俳優ランキング…菅田将暉、岩田剛典、加瀬亮らランクイン

    ランキングー!
  5. 『ため息をつく猫』が考えていること5つ

    ねこちゃんホンポ
  6. 実はゴルフが上手い女性有名人ランキング…吉瀬美智子、吉田沙保里、叶姉妹らランクイン!

    ランキングー!
  7. 新商品もあるよ!ドライブで飲みたい美味いドリンク3店!

    asatan
  8. 9月27日生まれはこんな人 365日のお誕生日占い【鏡リュウジ監修】

    たまひよONLINE
  9. 肉の旨味がたまらない! 池袋『No.18』のハンバーガーは焼き加減もオーダーできるステーキ肉100%の絶品グルメ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. サラリーマン“アングラー”釣り五郎がゆく!#14 照りつく太陽の下で大物を狙う真夏の風物詩【マゴチ編】

    GOODA