Yahoo! JAPAN

名古屋の中心地でクラフトビールのおいしさと文化を発信!Y.MARKET BREWINGの魅力に迫る

Life

名古屋駅から徒歩数分、国際センターの近くに位置する「Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング):以下「ワイマーケット」)」。名古屋市内で唯一のクラフトビールブルワリーとしてクラフトビール好きの界隈では広く知られる存在です。

2014年から柳橋中央卸売市場でビールの醸造をはじめ、現在は名古屋市西区にも工場とタップルームを持つワイマーケットのビールに込められた思いやこだわりについて、株式会社ワイマーケットの代表取締役・山本康弘さんにお話を伺いました。

Y.MARKET BREWINGとは

ワイマーケットは名古屋市中村区名駅の柳橋中央卸売市場にあるクラフトビールブルワリー。IPAやペールエール、ピルスナー、ヴァイツェン、スタウトなど、季節や素材に応じて多彩なスタイルのビールを醸造しています2014年に醸造を開始し、これまで造ったビールは約300種類以上!

醸造所の発酵タンク 1つのタンクの容量は1000L

ブルワリーと同じビルの2階・3階には樽生のクラフトビールが味わえるレストランを併設するほか、名古屋市内や岐阜市でもレストランを展開。現在は名古屋駅だけでなく名古屋市西区にも工場を構え、全国の飲食店や販売店、個人のお客さんへも発送を行っています。

工場併設のタップルーム※ではブルワー(ビールの造り手)と直接話せるため、ビールの味わいの特徴を聞いたりクラフトビールについて気軽に質問したりもできますよ。

※タップルームの営業は土・日のみ(生産スケジュールにより休業の場合あり)

Y.MARKET BREWINGのはじまり

-名古屋でクラフトビールを造り始めたきっかけを教えてください。

山本さん:「クラフトビールを造り始めたきっかけは、元をたどるとクラフトビールのおいしさに衝撃を受けたからです。しかし、それからすぐに造りはじめたわけではなく、何年もかけて醸造できる環境にたどり着いた、という感じですね。」

クラフトビールとの出会い〜レストランの立ち上げ

-醸造所の立ち上げまでに、どのような経緯があったのでしょうか?

山本さん:「私は『酒の岡田屋』という酒販売店もしているので、当初はクラフトビールを商品として取り扱う立場でした。クラフトビールを初めて飲んだのは10年以上前ですが、あまりのおいしさに衝撃を受けたのです。このおいしさを多くの人に知ってもらいたい!と思い、販売店でクラフトビールの取り扱いをはじめました。

しかし、取り引きしていた飲食店さんも最初は取り扱ってくれましたが、クラフトビールは量の割に値段が高く消費期限も短いため、だんだん売れなくなっていきます。そこでネット通販をはじめると全国のお客さんが購入してくれるようになりました。しかし、その多くが関東で名古屋では全然売れませんでした。

私たちは名古屋で商売をしているので、名古屋の人に飲んでほしいなと感じていました。そこで、クラフトビールを提供するお店を出してみてはどうかと考えたのです。クラフトビールのお店は名古屋に全然ありませんでしたし、東京でも数えるくらいの少なさでした。そこで生まれたのが東区の東桜にある『CRAFTBEER KEG NAGOYA』です。」

ブルワリー設立のチャンス・出会いが到来

-レストランでクラフトビールを提供しはじめて、変化はありましたか?

山本さん:「レストランをはじめてしばらくすると、時代的にもクラフトビールに注目が集まり出してメディアでも取り上げられるようになってきました。それに伴いお店のお客さんも増え、別のクラフトビールを提供する飲食店も展開します。クラフトビールを扱う量がかなり増え、だんだん国内のクラフトビールブルワリーの方たちとのつながりもできてきました。いろいろなブルワリーに足を運んで工場を見学したり、造り手の話を聞いているうちに、自分でもだんだんと『こういうビールが造りたい』という思いが生まれてきました。あと、クラフトビールは意外と規模が小さな設備でも造れると知ったことも大きいですね。」

-売る側から造る側の視点へ移っていったのですね。

山本さん:「とはいえ、造りたい気持ちはありつつも、場所も設備もないし造る人もいない。そんなときにここ(名古屋の醸造所)でお寿司屋さんをしていた方が引退するということで、この物件を使ってもよいと言われました。その話をもらったときは、ブルワリーにするのは可能性の一つとして考えつつ、並行して設備やブルワーをあちこち探していました。
すると、設備は鳥取のスキー場で使われていたものを中古で売ってくれるという話があり、長野県のブルワリーにいた造り手が私の話に興味を持ってくれたのです。物件・設備・人がタイミングよく決まったこともあり、柳橋中央卸売市場のこの場所で『Y.MARKET BREWING』を立ち上げることとなりました。

ワイマーケットは2014年1月に醸造を開始していますが、実際に動き出したのが2012年ごろ、およそ2年の準備期間を経てようやくここまでたどり着きました。」

醸造所で酵母抜きの作業を行う醸造長・加地真人さん

-Y.MARKET BREWINGの名前は「柳橋中央卸売市場」が由来となっているのでしょうか。

山本さん:「はい。私は岡田屋のお店を受け継いで3代目になります。このお店が昔から柳橋の市場にあり、自分の育った場所でもあるので特に思い入れがあるためです。なので、この場所・地域からクラフトビールのおいしさや魅力を発信し、名古屋の人により広く知ってもらいたいと思っています。」

Y.MARKET BREWINGのビールへのこだわり

Y.MARKET BREWING KITCHENのタップ

-ワイマーケットが造るクラフトビールのコンセプトについて教えてください。

山本さん:「ワイマーケットのビールを造っていくうえで、私と醸造長が共感したのは『初めて飲んだときの感動をお客さんに届けたい!』ということです。私がクラフトビールにはまったときのように、その味わいに感動していただければ嬉しく思います。

まずはビールのおいしさに驚き、次はクラフトビールの種類の多さに驚く、1つ知るたびにその世界がどんどん広がっていく楽しさ、奥深さがクラフトビールの魅力でもあると思います。そうしたクラフトビールの世界を発信していきたいですね。

なので、ビールのスタイルも広く扱っています。例えば人気があってよく売れるのはIPAですが、ピルスナーも造るし、クラシカルであまり目立たないスタイルのビールもしっかり造ります。幅広いスタイルをそれぞれしっかり深堀りするようにしていますね。

ムーンナイトイエロースカイ(スタイル:アメリカンフルーツブラックIPA)

また、私たちはドリンカビリティが高いビールを造ることを意識しています。ドリンカビリティは飽きずに何杯も飲み続けられる酒質のことです。例えば度数が高いビールは甘みが強く、最初の何口かはおいしいけどだんだん飲むペースが落ちる、ということがないように最後までスイスイ飲み進められるようなものにしたいと思っています。なのでワイマーケットのビールはキレがよいものが結構多いですね。」

-ビールのネーミングもユニークなものが多いですね。例えば「んちゃ!」「せんべいさん」「肝臓破りの赤」……「円頓寺シャンゼリゼ」など名古屋の地名が入ったビールもありますね。

山本さん:「ビールの名前は造る人が一つひとつ決めています。どんな思いで醸造したかを言葉で表すこともありますし、素材に由来しているものもあります。たまにネタ切れしてるなと思うものもあります(笑)。今はブルワーが5人いるので、それぞれがビールのレシピから名前、サイトに乗せる紹介文まで一貫して考えています。

『んちゃ!』のビールは、あられ玄米を使っているので『アラレちゃん→んちゃ!』という流れで決まって、『せんべいさん』はそのシリーズのビールに黒胡椒を足してお煎餅っぽくしたのと、キャラクターつながりでそういう名前に。名古屋の地名がついたものは円頓寺や金山、スパイラル(タワー)のものなどがありますね。」

ワイマーケットのブルワーチーム

- 一つひとつのビールに、ブルワーさんの個性や思いが詰まっていますね。

山本さん:「そうです。だからこそブルワーにはお客さんが飲んだときの表情を見たり実際の声を聞いたりして欲しいですね。逆にお客さんにはブルワーの思いを知ってもらいたい。そういう場として活用するために、西区の工場にはタップルームがあります。」

飲む人とブルワーをつなぐタップルーム

名古屋市西区の工場とタップルーム

-名古屋市西区のビール工場に併設されたタップルームでは、ブルワーさんと直接お話ができるのでしょうか。

山本さん:「はい。タップルームは土日のみの営業ですが、定番のビールや季節限定の樽生のビールを、ブルワーが店頭に立って販売しています。ここでは、お客さんにビールを味わってもらうだけでなく、そのビールの裏にある造り手の思いについても触れてもらいたいと思っています。どうしてこの味が出せるのか?今回のビールはこれまでと何が違うのか?などの疑問に、造っている本人が生の声で答える。ブルワーとお客さんが直接交流できる場所にするために、タップルームを作りました。」

タップルームでビールを注ぐブルワーさん

-お客さんとブルワーさんのコミュニケーションの場として、タップルームの存在は大きいのですね。

山本さん:「タップルームは駅からも遠く、周りも住宅地ではないので人通りが少ないですが、最近では散歩のコースに組み込んで立ち寄ってくれたり、タップルームを目当てに訪れたりしてくれる人も増えています。あとはたまに飲食店とコラボして工場前でイベントなども開催していますね。

タップルームは、ブルワーと会話することでクラフトビールの新しい一面を知り、世界が広がる体験ができる場でもあると思っています。ビールに詳しくなくても、IPAって何?ペールエールとの違いは?など、わからないことも気軽に質問してください。」

Y.MARKET BREWINGのこれから

醸造所からレストランへ向かう通路に描かれたイラスト

-ワイマーケットはこれからどのようになっていきたいですか?

山本さん:「ワイマーケットはビールとしてはまだまだ認知度が高いと思っていないので、もっと多くの人に知ってもらいたいです。また、ワイマーケットのビールを含めて多くの人に『クラフトビール』というものにふれてほしいですね。

クラフトビールには造り手の思いやこだわりが詰まっていたり、たくさんの種類があるので『ビールにもこんな世界があるんだ』ということを知ってもらえればと思います。そして、ワイマーケットはその世界の入口でありたいと思います。

クラフトビールは知れば知るほど奥が深い世界ではありますが、ビールはビールです。ビールはどんなお酒よりもカジュアルでハードルが低いお酒だと思うので、気軽に楽しんでもらいたいですね。」

-今後新たにはじめる取り組みなどはありますか?

山本さん:「いま既に進めているのは、ホップ作りです。稲武市の農家さんに協力してもらい、今年の夏に初めて収穫できる予定。ホップは年々収穫量が上がっていくので、最初は少量ですが、ゆくゆくは自分たちが育てたホップを使い、愛知のオリジナルビールを造っていけたらなと思っています。

また、私たちはクラフトビールの醸造から酒販売店、レストランの経営と川上から下まで一貫してできているので、それもうまく活用できる方法を探しています。例えばビール造りで廃棄される麦芽のカス(繊維質が多く栄養価も高い)を飼料にして家畜を育て、レストランで提供するとか。企業としてサスティナブルなことができたらいいなと思います。」

-大変貴重なお話をありがとうございました!

Y.MARKET BREWINGのおすすめビール5選

ブルワリーの2階にある「Y.MARKET BREWING KITCHEN」では、ワイマーケットのビールが楽しめます。ビールの種類は時期によって異なりますが、最大13種類から選ぶことができますよ。

メニューには味の特徴やアルコール度数、ビールの苦味を表すIBUの数値なども書かれているので、飲み比べをしてみるのもおすすめです。

※今回ご紹介するのは2021年5月上旬のラインアップです。

1.Pilsner(ピルスナー)

ピルスナー 880円(税込) ※レギュラーサイズ(330ml)

世界中で最も広く普及し、ビールの定番のスタイルとも言われるピルスナー。日本で流通している約99%のビールがピルスナーに分類されます。軽快な口あたりのなかにも豊かな麦芽のアロマと上品なホップの香りが楽しめる、ワイマーケット自信の一杯!

2.White Gradation(ホワイトグラデーション) 

ホワイトグラデーション 880円(税込) ※レギュラーサイズ(330ml)

ホワイトグラデーションのスタイルは「ヘーフェヴァイツェン(HefeWeizen)」と呼ばれ、ドイツの濾過していない白ビールです。バナナやクローブ※の香りとアメリカンホップのほんのりとした苦味がベストマッチ。ずっと飲んでいられる味わいが特徴です。

※クローブ:コショー、シナモン、ナツメグと並ぶ四大香辛料の一つ。バニラのように甘い香りが特徴。

3.Purple Sky Pale Ale(パープルスカイペールエール)

パープルスカイペールエール 880円(税込) ※レギュラーサイズ(330ml)

クラシックなアメリカンビールとして知られる「アメリカンペールエール」のスタイルに分類されるパープルスカイペールエール。ライトミディアムなボディーにシトラホップが爽やかに香ります。苦味は控えめなので、ごくごく飲める仕上がりが特徴です。

4.Hystelic IPA(ヒステリックアイピーエー)

ヒステリックアイピーエー 880円(税込) ※レギュラーサイズ(330ml)

ヒステリックIPAは、アメリカの西海岸を中心に醸造されホップの苦味やアロマの香りを重視した「アメリカンIPA」のスタイル。
パッションフルーツ、シトラス、グレープフルーツ、ライチ、青りんごのような、複雑に絡み合うホップの香りが特徴です。苦味の”質”にかなりこだわったビール。ミディアムボディーでアルコール度数は7%とやや高めです。

5.NEW OLD(ニューオールド)

ニューオールド 880円(税込) ※レギュラーサイズ(330ml)

パープルスカイペールエールと同様に「アメリカンペールエール」のスタイルで造られたニューオールド。新旧の人気ホップを使用し、ライトよりのミディアムボディーで透き通った琥珀色のビールです。

みかん、オレンジ、ライムを思わせる優しい柑橘感とモルトの豊かな香り、アメリカンでありながらブリティッシュペールエールの要素も取り入れた、ゆるゆる飲める仕上がりです。

Y.MARKET BREWING直営店

Y.MARKET BREWING 外観

Y.MARKET BREWINGの直営店では、樽生のクラフトビールが楽しめます。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、営業時間や休業日が変更となる可能性があります。

Y.MARKET BREWING KITCHEN

醸造所の2階にある直営レストランでは、最大13種類の樽生クラフトビールが味わえます。ロティサリーチキンやオリジナルの名古屋メシなど、ビールにあわせた料理も豊富にご用意。グループはもちろん、カウンター席もあるのでお一人様にもおすすめです。

【Y.MARKET BREWING KITCHEN(ワイマーケットブルーイングキッチン)】
住所   :愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6 2階
営業時間 :月~金(15:00~23:00) 土・日・祝(11:30~23:00)
定休日  :なし
電話   :052-533-5151

柳橋TERRACE

お肉も海鮮も野菜も種類が豊富な、完全予約制のバーベキューレストラン。クラフトビールが飲み放題なのは嬉しいポイントです。広々テラスでBBQができ、屋根があるので雨の日でも安心。 グループで利用できる個室も完備されているため、大人のパーティーにおすすめです。

【柳橋TERRACE】
住所   :愛知県名古屋市中村区名駅4-17-6 3階
営業時間 :11:30〜23:00  6名以上で完全予約制
定休日  :年中無休
電話   :052-533-5330

CRAFTBEER KEG NAGOYA

2009年、名古屋クラフトビールの黎明期!?にオープンし、ワイマーケットだけでなく全国のクラフトビールが常時13種類楽しめるビアパブ。クラフトビールファンに愛され、イタリアンをベースにした食事もおいしいと評判です。

【CRAFTBEER KEG NAGOYA(ケグ 名古屋)】
住所   :愛知県名古屋市東区東桜1-10-13
営業時間 :月~金(17:00~23:00) 土・日・祝(11:30~22:00)
定休日  :年中無休
電話   :052-971-8211

エール エール ギフ (YELL!ALE!!GIFU)

岐阜駅のほど近く、13種類の国産クラフトビールとこだわりのお料理が楽しめるビアレストラン。歴史あるダンスホールをリノベーションした空間でくつろぎの時間が過ごせます。

【エール エール ギフ (YELL!ALE!!GIFU)】
住所   :岐阜県岐阜市羽根町7
営業時間 :水・木・金(17:00~24:00)、土(11:30~24:00)、日(11:30~22:00)
定休日  :月・火
電話   :058-264-1530

ワイマーケットブルーイング名古屋西・タップルーム

名古屋市西区で稼働中の新工場に併設されたタップルームです。 全8種類のドラフトをブルワリースタッフが提供。缶ビールも購入できます。 営業スケジュールはFacebookまたはInstagramにてご確認ください。

【ワイマーケットブルーイング名古屋西・タップルーム】
住所   :愛知県名古屋市西区木前町64
営業時間 :土、日(12:00 〜18:00) ※生産スケジュールにより休業の場合があります
定休日  :月〜金 ※売店は無休、ドラフトの提供は土日のみ
電話   :052-908-0758

醸しメシ かもし酒 糀や

発酵食品・発酵調味料を使った居酒屋でワイマーケットの樽生ビールが味わえます。そのほか自家製の酵素レモンサワーなどのオリジナル発酵ドリンクも充実。健康を意識しながらグルメもしっかり楽しめる発酵居酒屋です。

【醸しメシ かもし酒 糀や(こうじや)】
住所   :愛知県名古屋市中村区名駅4-13-3
営業時間 :月~日、祝日、祝前日(11:30~14:00 料理L.O. 13:30 ドリンクL.O. 13:30、17:00~21:00 料理L.O. 20:30 ドリンクL.O. 20:30)
定休日  :なし
電話   :052-561-0850

ワイマーケットのクラフト食堂 ナゴロバ

2020年9月にリニューアルされた久屋大通公園北エリア・テレビ塔に誕生したRAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)内にあるナゴロバ。発酵調味料や発酵食品を使用した唯一無二のオリジナル料理と一緒に、ワイマーケットのビールやドラフト日本酒が味わえます。

ランチや昼飲み、ちょい飲み、ディナーなどさまざまなシーンにおすすめです。

【ワイマーケットのクラフト食堂 ナゴロバ】
住所   :愛知県名古屋市中区錦3-15-11 レイヤード久屋大通パーク
営業時間 :月~日、祝日、祝前日(11:00~22:00 料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)
※ランチは11:00~14:00、ディナーは17:00〜
定休日  :12月31日、1月1日
電話   :052-211-9833

気軽に楽しめるクラフトビールで乾杯しよう!

クラフトビールは種類によって色・香り・味わい・苦味がまったく異なるため、何種類か飲み比べをしてみるのがおすすめです。自分の好みのスタイルが見つかると、よりクラフトビールの世界が楽しくなりますよ。

ワイマーケットは缶ビールも販売しており、工場併設のタップルームをはじめ酒屋やスーパーマーケットなどでも購入できます。家で手軽にワイマーケットの味が楽しめるのも嬉しいですね。

おすすめの記事