Yahoo! JAPAN

猫が『しっぽの付け根』を触ると喜ぶのはなぜ?3つのワケ

ねこちゃんホンポ

フェロモンの分泌腺が集中しているから

猫のしっぽの付け根には、フェロモンの分泌腺が集中しているため、触ると喜びます。触ると「匂いの交換」ができるからかもしれません。同様に、頬やあごなど、フェロモンの分泌腺が多い場所を触られると喜びます。

筆者宅の愛猫の中で1匹、しっぽの付け根を触られるのが大好きなメス猫がいます。おもむろに近くに来たと思ったら、無言でじ〜っと「触れ」と要求を。愛猫がしっぽの付け根を触られたがる理由はよく分かりませんが、とにかく喜びます。

そのワケの一つに、フェロモンの分泌腺が集中しているから、というワケが考えられるのです。

神経が集まっているため、敏感

しっぽの付け根には、神経が集まっています。そのため、とても敏感な部分でもあるのです。触られると、気持ちがよいのでしょう。

しっぽの付け根に触れると、ピクッと腰を上げます。神経に刺激が走り、反応している証拠でしょう。同時に、傷つきやすい部分でもありますので、触れるときはあまり力を入れるのはよくないようです。

猫がしっぽの付け根に触れられて喜ぶのは、神経が集まっており敏感なためだと考えられます。

交尾の刺激に似ているから

交尾の刺激に似ているために喜ぶ、ともいわれています。特に、避妊手術をする前のメス猫が、好むよう。交尾経験のある場合、なおさらかもしれません。

筆者宅のしっぽの付け根タッチ好きなメス猫は、交尾経験はなく避妊手術済のため、この理由には該当しないと思われます。交尾経験のあるメス猫もいますが、彼女は特に好みません。個体差がありそうです。

猫によっては交尾の刺激に似ているため、喜ぶというワケです。

優しくトントン

しっぽの付け根に触れるときは、「優しくトントン」が喜ばれます。前述したように、神経が集中している場所のため、強く叩くと痛みを感じてしまうでしょう。万が一傷を付けてしまっては大変です。

筆者宅の猫も、強いよりも軽くトントンする方がお好みのよう。どのくらいの強さが好みか、探ってみてもよいかもしれません。

猫のしっぽの付け根を触るときは、「優しくトントン」を心がけおくと間違いないでしょう。

嫌いな猫もいる

敏感な場所のため、触られるのを嫌がる猫もいます。くすぐったかったり、痛みを感じたりするのかもしれません。嫌がる場合は触らないようにしましょう。

猫はしてほしくないことをされると、声をあげる、噛みつこうとするなどして「やめて!」の意思表示をします。それに気が付いたら、すぐに停止してあげましょう。

全ての猫がしっぽの付け根を触られるのを好むのではなく、嫌がる猫もいるため、触るときは気をつける必要があります。

まとめ

今日のねこちゃんより:くぅ♂ / ラガマフィン / 3.8kg

猫がしっぽの付け根に触れられるのを喜ぶのは、フェロモンの分泌腺や神経が集中しているからのよう。喜ぶ猫もいれば、嫌がる猫もいます。愛猫の好みに合わせて、触ってあげてください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 開運、グルメ、フォトジェニック!地元ライターが教える「奈良のおでかけスポット」

    anna(アンナ)
  2. 新陳代謝を繰り返す巨大ターミナル・池袋駅はどうなっていくのか?

    さんたつ by 散歩の達人
  3. 【京都秘境】鴨川源流の神聖なる霊場☆ジブリ映画『もののけ姫』モデル寺院「志明院」

    キョウトピ
  4. 新アイドルグループ『モユルハル』、9/12デビュー決定!

    Pop’n’Roll
  5. “瀬戸内のハワイ”周防大島の新おすすめスポット

    ひろしまリード
  6. 西川龍馬論第2弾!先輩と同級生をゲストに迎え、鯉の天才打者の魅力を語り尽くす【カープ道】

    ひろしまリード
  7. おぎやはぎ小木、中2の娘との手繋ぎに複雑な思い「これは、これからの男性にしなさい」

    Techinsight
  8. 【老舗の挑戦】京都の定番みやげ「よーじや」の“ピンチをチャンスに変えたグルメ”とは

    anna(アンナ)
  9. 『氣志團万博2022』タイムテーブル発表&純烈のステージにダチョウ俱楽部が参戦決定

    SPICE
  10. 「これも無料なの!?」全長150mを超えるジャンボすべり台に大興奮!日本海も見えますよ【渕上パパが行く、公園ブラボー!#6】

    Sitakke