Yahoo! JAPAN

デメリットを押さえて献立を組もう!『クリームシチュー』は何と食べればいい?

オリーブオイルをひとまわし

デメリットを押さえて献立を組もう!『クリームシチュー』は何と食べればいい?

寒い時期にピッタリのクリームシチュー。美味しいのに肉類・野菜類が入っているため、栄養バランスが整っていることが特徴である。しかし、クリームシチューをメイン料理にする場合、主食や副菜に悩む人も多いだろう。そこで今回はクリームシチューを食べる日の献立について紹介する。

1.クリームシチューを食べるときの献立のポイント

クリームシチューを中心とした献立を考えるにあたり、まずはクリームシチューの栄養面の特徴を確認しておこう。一般的なクリームシチューの栄養面のメリット・デメリットは以下のとおりである。

【クリームシチューのメリット】鶏肉など肉類が入っており、たんぱく質が多く含まれる野菜類が多く入っており、ビタミン類を補うことができる牛乳やバター由来のカルシウムを摂ることができる【クリームシチューのデメリット】炭水化物とカロリーが不足気味になっているバターなどを使うため脂質が多く含まれているビタミンは補えるが、ミネラル類が不足しているクリームシチューはたんぱく質・ビタミン・脂質などは補えるが、その一方で炭水化物とミネラルが不足気味になっている。そのため、クリームシチューと一緒にライスやパンなどを食べたり、海藻サラダなどを副菜にしたりするのがよい。栄養バランスに気をつけながら献立を考えるようにしよう。

2.クリームシチューに合う主食

クリームシチューだけでは炭水化物が不足してしまうため、主食はしっかりと食べるほうがよい。洋食の一種であるクリームシチューには、パンもライスも非常に合う。そこでいくつかクリームシチューに合うおすすめの主食を紹介しておこう。

主食1.バターライス

炊飯器に米・バター・コンソメ・塩コショウを入れて炊くだけで、美味しいバターライスが出来上がる。また、出来上がったバターライスに炒めた玉ねぎ・ニンジン・アスパラ・ブロッコリーなどを加えるのもおすすめ。栄養バランスをよくするために、クリームシチューと違う食材を使おう。

主食2.ケチャップライス(チキンライス)

ごはんをケチャップで炒めたケチャップライスや、鶏肉を加えたチキンライスもおすすめだ。チキンライスにしたい場合には、クリームシチューのメインをシーフードやポーク(薄切り豚肉)に変えたりすると栄養バランスがよくなる。また、具材に玉ねぎ・ピーマン・ニンジンなどを加えてもよい。

主食3.トーストなど

食パン・バケット・ロールパン・クロワッサンなど、シンプルな味付けのパンは濃厚なシチューとの相性が非常にいい。また、トーストやバケットなどは食べる前にカットしてから、トーストしておくといっそう美味しくなる。パンをシチューに浸して食べたりしても美味しいのでおすすめだ。

主食4.サンドイッチ

食パンに野菜・茹で卵・ハムなどを挟んでサンドイッチを作るのもおすすめだ。シチューと異なる栄養を摂ることができるため、栄養バランスを整えることができる。ただし、マーガリン・バター・マヨネーズなどを使うと脂質過多になりやすいので、ノンオイルドレッシングなどを使うのがよい。

主食5.素パスタ

ほとんど味付けを必要としない、素パスタ(パスタビアンカ)もおすすめだ。お好みのチーズ・コショウ・オリーブオイルを入れたボウルに、茹でたパスタを合わせて絡めるだけで完成。シンプルな味付けであるため、クリームシチューの味を邪魔しないのがおすすめポイントとなっている。

3.クリームシチューに合う副菜

クリームシチューでは、ビタミンA・ビタミンK・ビタミンCなどのビタミン類を多く摂ることができる。しかし、その反面でマグネシウム・鉄・亜鉛などのミネラル類が不足している。そのため、副菜には海藻などを使った料理を用意するのがよい。いくつかおすすめ料理を紹介しておこう。

副菜1.豆腐と海藻のサラダ

副菜には、簡単で栄養バランスがいい豆腐・レタス・ワカメなどを合わせたサラダがよく合う。海藻サラダであれば、植物由来のたんぱく質や、海藻由来のミネラル類・食物繊維をバランスよく摂ることができる。脂質を管理したい場合はノンオイルドレッシングなどを使うようにしよう。

副菜2.カプレーゼ

トマト・モッツァレラチーズ・バジルの彩りが美しいカプレーゼもおすすめだ。モッツァレラチーズでカルシウム・たんぱく質を補えるほか、バジルでビタミン・ミネラル・食物繊維を補うことも可能だ。サッパリとした味付けのため、クリームシチューとの相性も非常によくなっている。

副菜3.タコとワカメのマリネ

ヘルシーに栄養バランスのよい副菜が食べたいならマリネがおすすめだ。ボウルにお酢・砂糖・塩・レモン汁・オリーブオイルを合わせておき、一口大のタコ・ワカメ・トマトなどを合わせるだけの料理となっている。ヘルシーなのにたんぱく質やミネラルを補うことができる一品となっている。

副菜4.海藻のカルパッチョ

タイやタコなどの刺身・海藻・スライスオニオンを合わせたカルパッチョも非常に美味しい。お皿に刺身などの具材を盛り付けたら、オリーブオイル・レモン汁・塩コショウで作ったカルパッチョソースをかけるようにしよう。このようなカルパッチョでもたんぱく質やミネラルを補うことが可能だ。

副菜5.ほうれん草のソテー

栄養バランスが非常に優れているほうれん草を使った料理もおすすめである。クリームシチューのような洋食に合わせるなら、ほうれん草・キノコ類・ベーコンなどを炒めてソテーにしよう。キノコ類も混ぜることで、栄養バランスはさらによくなる。また、市販の冷凍野菜などを使うのもよい。

結論

クリームシチューは「メイン料理」と「汁もの」としての役割があるため、そのことを念頭に置いて献立を決めるようにしよう。クリームシチューには牛乳やバターを使うことから脂質が多くなりがちではあるが、主食や副菜で脂質を抑えることができれば栄養バランスを整えることができる。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 中山沙折

【関連記事】

おすすめの記事