Yahoo! JAPAN

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】

TSURINEWS

好調に釣れたカサゴ(週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

水温の上昇とともに、伊勢湾奥も活気づいてきた。根魚やメバルも安定傾向だ。そこで、3日間連続で釣行してきたのでレポートする。

霞ケ浦ふ頭でライトゲーム

水温の上昇とともに、伊勢湾奥も活気づいてきた。水面にはハクと呼ばれるボラの稚魚が群れをなし、それを追うシーバスが盛んにライズを繰り返す。また、根魚やメバルも安定傾向だ。

おびただしい数のハク(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

5月中旬の夜、ライトタックルを携えて三重県四日市市の四日市港に出かけた。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

セイゴクラス連発

霞ヶ浦ふ頭に到着したのは午後7時半ごろ。まずはふ頭でカサゴを狙う。岸壁際スレスレにジグヘッドをフォールさせるとアタリが連発。やや小ぶりながら、早々のツ抜けとなった。

少し移動し、次はシーバスに狙いを絞る。水面にはハクの群れ。そして、常夜灯周りではセイゴらしいライズも確認できる。まずはレッドペッパー・ナノをキャストし、ドッグウォークで誘うが反応はない。

そこで引き波を立てて表層をタダ巻きすると、早速25cm級が水面を割った。今ひとつ面白みには欠けるが、このような場面では効果的なパターンだ。

とはいえ、バイトが出るのは数投に1回程度。ミスバイトも多く、思うように数が伸ばせない。

という訳で1gのジグヘッドに変更。ハクの群れの下にストレートワームを通すと一発で食ってきた。明かりのおかげでバイトも丸見え。ここから25~30cmのセイゴが連発するが、それ以上のサイズは姿を見せない。

40cmオーバーのシーバス浮上

そこで明かりの途切れる辺りを狙ってみると、いきなりサオ先が絞り込まれた。メバル用のULタックルなのでスリル満点。上がってきたのは40cm級だが、水温が高くなったこともあって冬とはケタ違いに引きが強い。

初日最大のシーバスは40cmオーバー(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

その後、40~45cmを2匹追加したところでメバル狙いに切り替える。

メバルは安定の釣果

係留船の際にキャストし、水面直下をスローに探ると居食いのようなバイト。重みを感じたところでスイープにアワセを決める。15cm前後とやや小ぶりだが、繊細なメバル釣りはサイズに関係なく面白い。ここから5匹ほど追加し、午後10時すぎに終了とした。

メバルは小ぶりながら安定の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

2日目は根魚狙い良型カサゴ

これに気を良くして翌14日も釣行したが、この日のセイゴはご機嫌斜め。下げ潮が効き始めた午後8時半ごろに45cm級をキャッチしたが、反応は今ひとつだ。

相変わらず水面にはおびただしい数のハク。群れに同化させるのではなく、群れから離脱した魚を演出しながら、絶妙なトレースラインとレンジを模索していく。これで数匹のセイゴを追加したが、数も型も今ひとつだ。

早々に見切り、次は根魚狙い。シャローのブロック際にワームを通すと、いきなり20cm超えの良型カサゴがヒットしてきた。

カサゴは20cm超級(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

その後もメバルやムラソイに遊んでもらい、9時半の終了となった。

ムラソイもヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

3日目はノベザオで岸際狙い

そして15日は霞ケ浦ふ頭で午後8時に開始。セイゴが単発でヒットするものの、潮は動かない。下げ潮が効いてくるころには切り上げる予定なので、ここは手堅くカサゴに遊んでもらおう。

そこで2.7mのノベザオに持ち替え、1gのジグヘッドで岸壁際に狙いを絞る。イトの出し入れがないので手返しは抜群。カーブフォールで探ると、いいペースでヒットが続く。サイズは今ひとつだが、イト鳴りさせながらのダイレクトなファイトは楽しさ満点だ。

いいペースでヒットしたカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

サプライズゲストにキジハタ登場

ここで強烈なヒット。グイグイと潜り込む相手をサオの反発で浮かせると、この日一番の良型だ。ハリを外そうと下アゴを持つと、何かが指に刺さる。ここで改めて魚体を見ると、なんとキジハタではないか。23cmと小ぶりだが、うれしいサプライズだ。

サプライズゲストはまさかのキジハタ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

リリース後、再投入すると再びヒット。急いでサオを起こすが、激しいイト鳴りと同時にカキ殻に擦られてしまった。引きの強さは先ほどの比ではない。ラインを飛ばされてしまったので正体は分からずじまいだが、あの魚は何だったのか。

時間になったのでここで終了としたが、サプライズゲストに満足のはずが、悔しさの募る釣行となってしまった。次はぜひとも、相手の正体を確かめてみたいものだ。

<週刊つりニュース中部版APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【新店・FRENCH TEPPAN 静香庵 別邸 涵養荘】一度は行ってみたい!和牛や魚介などが目前で跳ね躍る高級鉄板料理店|新潟市中央区・フレンチテッパンせいこうあん べってい かんようそう

    日刊にいがたWEBタウン情報
  2. <ダメママ?>【前編】朝起きられず布団からわが子を見送る毎日。朝食も準備できないくらい眠い

    ママスタセレクト
  3. キウイブラザーズのグッズもらえる!コラボパフェ食べてゲットしなきゃ。

    東京バーゲンマニア
  4. 攻撃力で全国初出場 小学生女子ソフトボール・伊賀フェニックス

    伊賀タウン情報YOU
  5. 【小松空港】JAL BLUE SKY<ブルースカイ>お土産スイーツ売れ筋ランキングTOP5

    TABIZINE
  6. 柳田選手が「信」、松田選手が「王騎」に! ホークスが『キングダム』とコラボ

    SPICE
  7. アニメ「範馬刃牙」GRANRODEOが歌う『Treasure Pleasure』のノンクレジットOP映像が解禁!

    WebNewtype
  8. 谷賢一主宰・DULL-COLORED POPの最新作『丘の上、ねむのき産婦人科』が上演 妊娠・出産をとりまく様々なテーマを描く

    SPICE
  9. 【原因を切り分けて対応】スマホのWi-Fiが途切れる・遅い時の対処法は?

    特選街web
  10. BiS、KEMURI「PMA (Positive Mental Attitude)」カバーSGをタワーレコード香椎浜店限定ゲリラリリース!

    Pop’n’Roll