Yahoo! JAPAN

犬は『気温』で体調に変化がある?関係性や3つの注意点を解説

わんちゃんホンポ

犬は『気温』で体調に変化が起こるの?

春から夏、夏から秋、秋から冬と、季節の変わり目は気温が大きく変化するため、なかなか体調を管理することが難しいですよね。季節の変わり目になると、頭痛や風邪、怠さを感じるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、こうした気温の変化によって体調に異変が生じるのは、人間だけではありません。犬も同様に気温の変化によって体調を崩すことはあります。

気温や気圧の変化によって自律神経が乱れる

人間も犬も冬眠などはなく、1年中活動し続ける動物です。そのため、体の構造として気温や気圧の変化に対応できるように自律神経が備わっています。

しかし、気温や気圧の変化が急激に起こることで自律神経がうまく追いつかず、頭痛やめまい、怠さといった体調不良を引き起こしてしまうのです。

犬は言葉を話せないので、なかなかこうした小さな変化を察知してあげることが難しいですが、季節の変わり目など気温が急激に変化する時期は、犬も体調を崩しやすいということを理解しておきましょう。

気温が急激に変化する季節の変わり目…注意点は?

では、気温が急激に変化する季節の変わり目に、愛犬がなるべく体調を崩さないよう飼い主ができることはあるのでしょうか。気温で体調に変化をもたらさないよう、注意点を解説していきます。

1.消化の悪い食べ物は避ける

気温が急激に上がったり下がったりする時期は、胃腸の調子も悪くなりがちです。そうした時に消化の悪い食べ物を与えてしまうと、余計に体調不良を悪化させる恐れがあります。

また、普段食べているドライフードであっても、胃腸の働きが低下しているときは消化しにくいと感じることがあります。その場合は軽くふやかしてあげたり、ウェットフードに替えてみるといった工夫をしてあげることも大切です。

2.自分で体温調節できるような環境を整えてあげる

気温が急激に変化する季節の変わり目は、人間よりも体温調節が難しい犬にとって、気温の変化に追いつくのが大変です。暑い日もあれば、肌寒い日もある時期などは、室内の温度に応じてエアコンを稼働させたり切ったりといった作業も必要になります。

また、「寒い」と感じた時には自分で毛布に包まるなど、自ら体温調節できるように毛布を入れておいてあげるのもおすすめです。

3.散歩の時間帯を見直してみて

夏場は暑いため、早朝や陽が落ちた後が推奨されてきましたが、暑さのピークを過ぎると、このような時間帯は「肌寒い」と感じるようになる犬も多いです。

そのため、その日の気温に合わせて散歩の時間帯を見直してあげることも体調を維持してあげるポイントになります。

暑い日は早朝や陽が落ちた後に散歩へ連れて行ったり、少し肌寒い日は、陽が出始めた暖かい時間帯に連れて行ってあげるなど、その日の気温に合わせてあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬は気温の変化が体調に影響を与えることは珍しくありません。そのため、季節の変わり目は、飼い主が愛犬の体調管理に気を使ってあげる必要があります。9月に入り涼しい日が増えてきたので、ぜひ愛犬の過ごす環境の見直しを始めましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「日本最大ディズニーストア」店内の様子をレポート!広々安心&ここだけの買い物体験

    ウレぴあ総研
  2. 「ふた月遅れ」の熱戦 名張で国体ホッケーの代替大会 8チーム競う

    伊賀タウン情報YOU
  3. 「一生散らからない」片付け術! まずは「他人の目線」で家を見直すことから始めよう

    毎日が発見ネット
  4. 将来は10分でお届け!?「ドミノ・ピザ」の宅配が早い4つの秘密

    TBS Topics
  5. 鈴木絢音(乃木坂46)、主演舞台<六番目の小夜子>メインビジュアル公開!

    Pop’n’Roll
  6. 工場地帯の埋立地には、意外にも緑がはみ出していた!【村田あやこの路上園芸探訪・城南島&京浜島編】

    さんたつ by 散歩の達人
  7. 「球磨の恵み」が熊本県代表でサミットに出場!全国1位にしたいからWEB投票よろしくお願いします

    肥後ジャーナル
  8. スーパー玉出「豚足」2種食べ比べレポ 照り照りの醤油味VSちょっとグロい塩味、ウマいのはどっち

    Jタウンネット
  9. 意外と知らないサカナの美味しい可食部 捨てちゃうのはもったいない?

    TSURINEWS
  10. 激かわ【ねこねこ食パン】が“クリスマス仕様”に!イチゴチョコが甘酸っぱい♪

    ウレぴあ総研